「MARCH(マーチ)」の偏差値と序列、就職事情を解説

更新日: (公開日: COLUMN

「MARCH」とは、東京の難関私立大学5校の頭文字を取ったものです。

今回は「そもそもMARCHにはどんな大学が含まれるのか」「他の大学と比べた場合はどのくらいのランクなのか」などを詳しく解説していきます。
それぞれの大学の偏差値や特徴もご紹介しますので、受験生の方はぜひ志望校選びに役立ててみてください。

MARCHとは

MARCHの意味は、東京都内にキャンパスを置く難関私立大学6校の頭文字を取ったものです。
具体的にどこの大学を指すかはこの様になっています。

  • M:明治大学
  • A:青山学院大学
  • R:立教大学
  • C:中央大学
  • H:法政大学

近年は学習院大学を入れて「GMARCH(ジーマーチ)」という呼称もあります。

MARCHの偏差値とレベル

MARCHと呼ばれる大学群の序列は、「明治大学>青山学院大学>立教大学>中央大学>法政大学」となっています。また、学習院大学を入れたGMARCHの場合では「明治大学>青山学院大学>立教大学>中央大学>法政大学>学習院大学」といった序列になります。
では、GMARCHの偏差値とレベルについて理系と文系で分けてそれぞれ見ていきましょう。

理系

MARCHそれぞれの大学の、理系学部の偏差値は以下の通りです。

  • 明治大学:55.0~62.5
  • 青山学院大学:55.0~57.5
  • 立教大学:55.0~57.5
  • 中央大学:55.0~57.5
  • 法政大学:55.0~57.5

MARCHの理系学部の偏差値は、55.0~57.5くらいに集中しています。

文系

MARCHそれぞれの大学の、理系学部の偏差値は以下の通りです。

  • 明治大学:60.0~65.0
  • 青山学院大学:55.0~65.0
  • 立教大学:57.5~67.5
  • 中央大学:55.0~65.0
  • 法政大学:55.5~65.0

MARCHの文系学部の偏差値の中央帯は、57.5~65.0くらい。全体的にMARCHは、理系よりも文系の方が偏差値は高いです。

大学全体ではどの位置?

大学全体でいうと、MARCHのレベルは「早慶上智より下、日東駒専より上」というイメージです。私立大学の中でトップレベルではないものの、難関校とされています。

国立大学

MARCHと国立大学を比べると、俗に「駅弁大学」と呼ばれる地方大学の中位レベルと同じくらいのランクです。「東京一工>その他旧帝大>駅弁上位>駅弁中位=MARCH」というイメージですね。

具体的には以下の大学となっています。

  • 弘前大学
  • 信州大学
  • 宇都宮大学
  • 静岡大学
  • 香川大学
  • 鹿児島大学

など、偏差値55.0~65.0くらいの国立大学と近いレベルです。

日東駒専

日東駒専は、「日本大学」「東洋大学」「駒澤大学」「専修大学」の略。
日東駒専の偏差値は、学部にもよりますが45.0~60.0くらいなので、東京の私立大学の中ではMARCHよりワンランク下です。MARCHを第一志望とする方は、滑り止めとして日東駒専を併願することも多いです。

関関同立

関関同立は、「関西大学」「関西学院大学」「同志社大学」「立命館大学」の略で、関西地方の難関私立大学を指します。

偏差値は50.0~65.0くらいで、MARCHと同レベルか、MARCHの方が少し上です。ただし、関東には早慶上智などよりレベルの高い私立大学がありますが、関西の私立大学では関関同立がトップなので、関西での知名度や就職の強みは関関同立の方があります。

SMART

SMARTとは、「上智大学(ソフィア)」「明治大学」「青山学院大学」「立教大学」「東京理科大学」の頭文字をとった略称です。
以前は、「早慶上理」と「MARCH」で区別されることが多くなっていました。しかし早慶が別格に高レベルであることから、早慶上理の下位グループとMARCHの上位グループをつなぎ合わせた「SMART」という呼称も使われています。

「M」「A」「R」はMARCHと被っているためほぼ同レベルですが、MARCHよりはSMARTの方がややレベルは上と言えるでしょう。

JAW

JAWとは、「上智大学」「青山学院大学」「早稲田大学」の頭文字を取ったもの。これは大学のレベル分けというより、「入試改革に積極的」という共通点をもつ3大学です。
上智大学は、2021年度の入試から国際教養学部を除く全学部で大学入学共通テストを活用し、各学部でも独自の試験を実施することを発表しています。

青山学院大は経済学部を除く全学部で、早稲田大では政治経済学部・国際教養学部で大学入学共通テストの活用を2021年度から始めます。
JAWは大学入学共通テストに出題されるような知識を応用する問題や、英語のリスニングが得意な方にとっては、目指しやすい大学になるかもしれません。

MARCHそれぞれの特徴

次に、MARCHそれぞれの大学の特徴について解説していきます。

「M」明治大学

明治大学は、もともと「明治法律大学」として法律教育を行うために創立された大学です。
現在は、「商学部」「政治経済学部」「理工学部」など全10学部があります。学業だけではなく、部活やサークル活動が活発なことでも有名で、特に毎年開催される「六大学野球」は大変な盛り上がりを見せます。女優・俳優・アナウンサーなど、華やかな卒業生が多数いることも明治大学の特徴です。

「A」青山学院大学

青山学院大学は、「青学」という略称で親しまれています。ミッション系のキリスト教の大学で、「英語の青山」と呼ばれるほど英語教育に力を入れているのが青山学院大学の特徴です。
留学プログラムや研修制度が充実しているので、将来グローバルな活躍を夢見ている方から人気の高い大学です。

「R」立教大学

立教大学も、青山学院大学と同じくキリスト教系の大学です。
国際的に活躍できる人材の育成を目指していて、外国人教員により英語で授業が行われているなど、実践的に語学力を身につけることができます。
また、卒業までに学生全員が海外経験をすることを目指していて、留学などの制度も充実しています。

「C」中央大学

中央大学は、明治時代に「英吉利(イギリス)法律学校」として創立しました。その名の通りもともと法律を学ぶための学校で、現在も「法の中央」と呼ばれるほど法学部が強く、司法試験の合格者も多数輩出しています。
学校全体でFLPという制度を採用していて、学部に捉われず様々な授業を履修できるのも中央大学の特徴です。資格取得を目指したい方、幅広い学問を吸収したい方におすすめです。

「H」法政大学

法政大学は30,000人の学生が在籍している、GMARCHの中で最大の規模を誇る大学です。
2017年・2018年と、大学志願者数ランキングで第2位(東日本では1位)を獲得したほどの人気となっています。留学生の受け入れや、海外留学する学生の割合も高く、学内外問わずたくさんの人と出会い、交流することができます。大学時代に広いコネクションを作りたい方、多様な価値観に触れてみたい方におすすめの大学です。

MARCHで就職に有利なのは?

就活は個人の努力次第という面もあり、大学・学部ごとにコネクションの強い業界も違いますので、GMARCHの就職力を比べるのは難しいです。しかし、一つの基準として、卒業後に大手企業(日本の有名企業400社)に入社した学生の割合を比べると、以下のようになります。(2018年のデータを掲載)

1位:青山学院大学 30.9%
2位:明治大学 28.4%
3位:立教大学 25.8%
4位:中央大学 23.2%
5位:法政大学 21.8%

2018年のデータだと、MARCHの中では青山学院大学が一番就職に強いと言えます。しかし、MARCHはどの大学も4~5人に1人は誰もが名前を知っている大企業に入社しているということなので、全体的に就職に有利だと言えるでしょう。

まとめ

MARCHは、「学習院大学」「明治大学」「青山学院大学」「立教大学」「中央大学」「法政大学」の6つの私立大学の略称です。
一般的な序列は「明治大>青山学院大>立教大>中央大>法政大」となっています。
上には上がいるのでトップレベルというわけではありませんが、合格できれば十分胸を張れる難関大学です。
今回ご紹介した大学ごとの特徴や偏差値を、ぜひ志望校選びに役立ててみてください。

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!
その他、どんな相談でも一度気軽に連絡してください!

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名

12345
12345
12345
itof@mates-edu.co.jp,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comitof@mates-system.com,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comschool@shojihiromu.com

プライバシーポリシーをご確認のうえ、同意してお問い合わせください

無料受験相談申込受付中