MARCHとは?偏差値や入試対策・併願校まで紹介

更新日: (公開日: COLUMN

MARCHは東京に本部を置く5つの難関大学の略称です。どの大学もカリキュラムが充実していて、世間的な知名度や就職力もあり、受験生から非常に高い人気を誇っています。
今回は、MARCHの偏差値や併願校、入試を突破するポイントを解説。入りやすい穴場な学部も紹介するので、MARCHを志望している方はぜひ最後までお読みください。

MARCHとは?

MARCHとは、東京に本部を置く難関大学5校の略称です。

  • M:明治大学
  • A:青山学院大学
  • R:立教大学
  • C:中央大学
  • H:法政大学

それぞれの頭文字をとって、MARCH(マーチ)と呼ばれています。学校ごとの特色はありますが、どの大学も歴史が古く、カリキュラムが充実していて、特に文系の学生から人気が高いです。

MARCHの偏差値はどのくらい?

それでは、MARCHのそれぞれの大学の偏差値を、文系・理系に分けて見ていきましょう。

【文系】偏差値ランキング

MARCHの大学を、文系学部の偏差値が高い順に並べると、以下のようになります。

1.立教大学:60.0~67.5
2.明治大学:60.0~65.0
3.青山学院大学:57.5~65.0
3.法政大学:57.5~65.0
5.中央大学:57.5~62.5

年度にもよりますが、2020年度に文系学部のレベルがもっとも高かったのは立教大学です。ちなみに、もっとも偏差値が高いのは立教大学の「異文化コミュニケーション学部」です。

【理系】偏差値ランキング

MARCHの大学を理系学部の偏差値が高い順に並べると、以下のようになります。

1.明治大学:55.0~60.0
1.青山学院大学:55.0~60.0
1.法政大学:55.0~60.0
4.立教大学:55.0~57.5
4.中央大学:55.0~57.5

文系と理系の偏差値を単純に比較することはできませんが、MARCHは全体的に理系より文系の方が偏差値は高いです。MARCHの理系学部は55.0~60.0の偏差値に集中していて、大学ごとの差はほとんどありません。

MARCHと併願するならどの大学?

MARCHが第一志望の学生が併願するのは、同じ東京都内にあってワンランク下の「日東駒専」や、関西でMARCHと同レベルの「関関同立」が多いです。

日東駒専

日東駒専は、「日本大学」「東洋大学」「駒澤大学」「専修大学」の略。学部にもよりますが、偏差値は45.0~60.0くらいなので、MARCHよりワンランク下の大学群です。MARCHと立地的にも近いため、MARCH志望の学生が滑り止めとして併願することが多くなっています。ただし、決してレベルが低い大学というわけではないので、日東駒専に合格するにも十分な準備が必要です。

関関同立

関関同立は「関西大学」「関西学院大学」「同志社大学」「立命館大学」の略です。関西地方の難関私立大学4校を指します。偏差値は50.0~65.0くらいで、MARCHと同じか、やや下というレベルです。ただし、関東には早慶上智などMARCHよりレベルの高い私立大学がありますが、関西では関関同立がトップ。関西での知名度や就職に関しては、関関同立の方が強いです。

MARCHの入試を突破するには

MARCHは難関大学かつ、人気で倍率が高いので、入試を突破するには十分な準備が必要です。

MARCHの入試の特徴

学部にもよりますが、MARCHの文系科目の難易度には以下のような傾向があります。
英語:難易度高 明治>青学≧立教>法政≧中央 難易度低
社会:難易度高 明治>法政≧中央>青学≧立教 難易度低

英語が得意なら青学や立教、社会が得意なら法政や中央が目指しやすいでしょう。明治大学は、どの科目も難易度が高い問題が出る傾向があります。しかし、明治大学は合格点が他の大学に比べて低いので、難しい問題が出ても諦めず、わかる部分から解いていく粘り強さが重要になります。

合格へのポイント

MARCHの受験準備をするなら、やみくもに勉強するより、情報を整理して的を絞った方が効率的です。勉強の計画を立てる前に、志望する大学や学部、強化するべき科目を決めておきましょう。

①希望大学・学部の情報収集
大学・学部の情報収集は、「とにかくMARCHに入れればどこでもいい」なのか、「学びたい分野があって、MARCHのその学部に入りたい」なのかで事情が変わってきます。とにかくMARCHに滑り込めれば学部は選ばないという方の場合、偏差値や倍率が比較的低い、穴場な学部を見つけましょう。

文系なら英語以外の外国語専攻、理系ならニッチな研究分野の学部、また、アクセスが悪いキャンパスにある学部も穴場になっていることが多いです。MARCHのなかで比較的入りやすいのは、例えば以下のような学部です。

・明治大学 文学部文学科フランス文学
・明治大学 文学部文学科ドイツ文学
・明治大学 農学部農芸化学科
・明治大学 理工学部電気電子生命学科 電気電子工学専攻
・明治大学 理工学部物理学科
・青山学院大学 文学部フランス文学
・青山学院大学 文学部史学
・立教大学 文学部文学科ドイツ文学
・中央大学 文学部人文社会学科英語文学文化専攻
・中央大学 文学部人文社会学科フランス語文学文化専攻
・中央大学 文学部人文社会学科東洋史学専攻
・法政大学 社会学部社会政策学科
・法政大学 生命科学部環境応用学科

入りたい学部が決まっている場合、MARCHのなかでその学部の偏差値が低めの大学や、倍率が低い日程を探しましょう。例えば経済学科なら、各大学の偏差値と最低倍率は以下のようになっています。

・明治大学 政治経済学部経済学科:60.0 センター前期7科目 1.6倍
・青山学院大学 経済学部経済学科:62.5 センター試験利用 4.0倍
・立教大学 経済学部経済学科:62.5 センター試験6科目 2.0倍
・中央大学 経済学部経済学科:60.0 センター単独前期4教科 4.0倍
・法政大学 経済学部経済学科:60.0 センターC方式 3.6倍

上記の情報からすると、MARCHの経済学科にもっとも入りやすい方法は「明治大学 政治経済学部経済学科」を「センター前期7科目」で受験することと言えます。このように、入りやすい大学や日程を調べることで、同じ学部を目指すにしても、準備の効率がよくなります。

②最重要科目は英語!

MARCHの入試は、どの大学も英語がポイントになってきます。なぜなら、MARCHのほとんどの大学・学部で、英語の配点が他の科目の1.5~2倍になっているので、英語の点数が総合得点に大きく影響するためです。
また、MARCHの英語は長文読解が7割を占めます。MARCHを第一志望とする学生は、英語の中でも長文読解に力を入れましょう。過去問や演習問題をなんども繰り返し解き、速読力を鍛えるのがおすすめです。

③各科目の基礎力固めは早めに

MARCHほどの難関大学を突破するには、高3の秋以降は過去問に集中し、実践的な問題を解く時間に費やしたいところです。基礎固めは遅くとも高3の夏休みまでに終えられるようにしましょう。
単語の暗記や用語の意味、数学の公式などのインプットは早めに済ませ、あとは問題文とそれらを素早く繋ぎ合わせる練習をしていきます。そのためには、高2の冬ごろから受験を意識して勉強を進めていきましょう。

MARCHはもう古い?「GMARCH」とは

MARCHは文系上位大学グループの略称として長年使われてきましたが、近年はMARCHに学習院大学を加えて「GMARCH」と呼ぶことも多くなっています。この呼称は、2005年ごろから一般的になってきました。それ以前から学習院大学はMARCHと近い偏差値だったので、なぜ分けて考えられてきたか、なぜまとめられるようになったかについては諸説あります。

GMARCHの偏差値や序列などについてもっと詳しく知りたい方は、「人気の「GMARCH」の偏差値と序列、就職事情を解説」をお読みください。

まとめ

MARCHは、世間的な知名度も、受験生からの人気も非常に高い難関大学です。特に文系学部が人気で、MARCHの入試を突破するためには英語がポイントになります。基礎固めを早めに始めておくほか、志望する学部や受験日程を分析して、効率的に準備を進めましょう。

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!
その他、どんな相談でも一度気軽に連絡してください!

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名

12345
12345
12345
itof@mates-edu.co.jp,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comitof@mates-system.com,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comschool@shojihiromu.com

プライバシーポリシーをご確認のうえ、同意してお問い合わせください

無料受験相談申込受付中