産近甲龍の序列・難易度は?それぞれの大学の特徴と偏差値・就職事情を解説

更新日: (公開日: COLUMN

関西にお住まいの方は、「産近甲龍」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。産近甲龍は、近畿地方に本部を置く中堅私立大学4校の略称です。
今回は以下の項目について詳しく説明します。

・産近甲龍とはどの大学のこと?
・産近甲龍それぞれの大学の特徴や偏差値
・他の有名私立大学群との比較
・産近甲龍の就職状況

ぜひ、志望校選びにお役立ていただければと思います。

産近甲龍の序列は?

産近甲龍と呼ばれる大学群の序列は「近畿大学>京都産業大学=甲南大学=龍谷大学」の順番となります。偏差値の面で、近畿大学が頭一つ抜けているものの、京都産業大学・甲南大学・龍谷大学はほぼ同レベルです。

産近甲龍とは?各大学の特徴

産近甲龍は、「京都産業大学」「近畿大学」「甲南大学」「龍谷大学」の4つの大学をまとめた略称です。関西地方を代表する、中堅私立大学4校として知られています。まずは、産近甲龍それぞれの大学の特徴について知っていきましょう。

有名人を多数輩出「京都産業大学」

京都産業大学は、京都府京都市にある大学です。「産業大学」というだけあり、産業界への就職力に強みを持っています。
また、スポーツ選手、お笑い芸人、タレントなど有名人を多く輩出していることも特徴です。偏差値は産近甲龍の中では低めですが、就職には強いのでお買い得な大学と言えます。

国内有数のマンモス校「近畿大学」

近畿大学は国内有数のマンモス校。3万人以上の学生が在籍していて、受験者数は15万人以上にもなる人気の大学です。本部は大阪府東大阪市ですが、奈良・和歌山の他、広島県や福岡県にもキャンパスを置いています。

様々な研究がとても盛んなことでも有名で、学内にマグロ養殖施設があったり、産近甲龍の中で唯一医学部があったりと特徴的な大学でもあります。
注意点としては、近畿大学は産近甲龍の中では学費が高めな大学であるところです。特に薬学部は、6年間で1,300万円以上の学費が必要となります。

歴史ある伝統校「甲南大学」

甲南大学は大正12年に設立された「旧制甲南高等学校」を前身とする、歴史の古い大学です。キャンパスを神戸に置いているため、神戸市周辺の裕福な家庭出身の学生が多いというイメージあることも特徴です。

学生数は約9,000人と、産近甲龍の中では規模が小さく、さらに教員が一人ひとりの生徒の顔がわかる少人数教育を導入しています。

仏教界の東大「龍谷大学」

龍谷大学は京都市と滋賀県大津市にキャンパスがある、西本願寺が設立した学寮が起源の仏教系の大学です。そのため、文学部仏教学科は「仏教界の東大」と言われるほどの名門で、お寺の後継や、将来僧侶を目指す学生も多く通っています。

また、龍谷大学には約200万冊の貯書量を誇る日本最大級の図書館があり、学生から高い評判を集めています。

産近甲龍の偏差値

それでは、産近甲龍それぞれの大学の偏差値を、文系・理系に分けて比較していきます。

文系

産近甲龍の文系学部の偏差値をランキングにすると、以下のようになります。

1位:近畿大学 50.0~57.5
2位:甲南大学 52.5~55.0
3位:京都産業大学 50.0~55.0
4位:龍谷大学 42.5~55.0

産近甲龍のなかで、もっとも文系学部のレベルが高いのは近畿大学です。
また、甲南大学も学部・学科ごとのばらつきが少なく、平均的にレベルが高めになっています。

理系

1位:近畿大学 45.0~67.5
2位:京都産業大学 47.5~52.5
3位:甲南大学 47.5~50.0
4位:龍谷大学 45.0~47.5

理系学部の比較でも、もっとも偏差値が高いのは近畿大学です。これは近畿大学に医学部があるためですが、医学部を除いた場合も、薬学部(57.5)理工学部(55.0)と、全体的に近畿大学は他の大学より理系の偏差値が高いです。

龍谷大学・甲南大学は、理系学部自体がそれぞれ2学部ずつと少なく、偏差値の面でも弱めになっています。

産近甲龍は「レベルが低い」?

主にネット上の評判などで、産近甲龍は「レベルが低い」「Fラン」と言われていることを目にしたことのある方もおられるかもしれません。しかし、産近甲龍は決してFラン大学ではありません。合格するにはそれなりの努力が必要となります。

合格は簡単ではない

産近甲龍はネット上で「Fラン」と揶揄されることもありますが、決してレベルが低い大学ではありません。偏差値を見れば50以上の学部が大半で、これはつまり全大学受験生の上位50%に入らないと合格できないということです。

もちろん、「早慶上理」や「MARCH」「関関同立」といったさらにレベルの高い大学群はありますが、産近甲龍に合格するのも簡単ではないということは認識しておきましょう。イメージだけで、「産近甲龍はFランだから勉強しなくても入れる」と考えてしまうのは危険です。

他大学群と比較すると?

他の大学群と偏差値を比較すると、産近甲龍は「中堅~やや難関」というレベルです。
関西では「関関同立の下」、関東も含めると「日東駒専と同ランクかやや下」というイメージになります。繰り返しになりますが、決してFラン大学ではないので、産近甲龍を志望している受験生は心して受験勉強に取り組みましょう。

関関同立

関関同立は、関西の難関私大「関西大学」「関西学院大学」「同志社大学」「立命館大学」の略称です。偏差値は50.0~65.0くらいとなっています。
レベルとしては関東のMARCHと同じか少し低めくらいで、関西地方では産近甲龍より1ランク上。関東や他の地域の大学も含めると、産近甲龍より2ランクくらい上と言えます。

入試日程の兼ね合いで、関関同立が第一志望の受験生は産近甲龍の後期日程を滑り止めとして受験することが多いです。

日東駒専

日東駒専は、関東の中堅~難関大学「日本大学」「東洋大学」「駒澤大学」「専修大学」の略称です。偏差値は45.0~60.0くらいで、文系・理系共に産近甲龍よりやや高ランクとなっています。イメージとしては「日東駒専≧産近甲龍」です。

摂神追桃

摂神追桃は同じく関西の私立大学群の略称で、「摂南大学」「神戸学院大学」「追手門学院大学」「桃山学院大学」の略。偏差値はどの大学・学部も45.0前後で、偏差値・知名度ともに産近甲龍よりは低いです。Fランとまではいかないですが、産近甲龍よりも1~2ランク下の大学群と言えるでしょう。

産近甲龍は就職に不利?

産近甲龍は、ごく一部による「レベルが低い」というイメージから、就職にも不利と思われがちです。しかし、産近甲龍それぞれの大学の就職率はほぼ100%。卒業後、正社員として就職できないことはほぼ無いと言っていいでしょう。

しかし、就職先は大手ばかりというわけではなく、中小企業や飲食・サービス・製造など一般的に低賃金な職種に進む学生も多いです。大手企業や高収入な仕事への就職を狙うなら、早めに就活を始めて対策したり、資格を取得したりする必要があります。

まとめ

産近甲龍は関西地方の中堅私立大学4校です。
ネット上で「Fラン大学」と言われることもありますが、実際の偏差値はほとんどの学部が50以上で、受験生の中で上位半数に入らないと合格することはできません。
また、就職率もかなり高く、大手ばかりではありませんが就職には強いです。今回ご紹介した内容を、ぜひ志望校選びの参考にしてみてくださいね。

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!
その他、どんな相談でも一度気軽に連絡してください!

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名

12345
12345
12345
itof@mates-edu.co.jp,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comitof@mates-system.com,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comschool@shojihiromu.com

プライバシーポリシーをご確認のうえ、同意してお問い合わせください

無料受験相談申込受付中