大学受験に塾は必要!行くべき理由と必要性を具体的に解説【受験生必見】

更新日: (公開日: COLUMN

  • 「大学受験に塾は必要?」
  • 「行くべき理由って何?」
  • 「本当に必要性はあるの?」

大学受験に向かうとき、多くの人が考えるのが、『学習塾や予備校は”本当”に必要なのか』という疑問です。

結論からいうと、難関私大といった難易度の高い大学に受験するなら『塾は必要』です。ただし、塾ならどこでもよいというわけでもありません。

そこでこの記事では、大学受験に塾が必要な理由をわかりやすく解説します。また、塾に通うメリットやデメリット、タイミングにも触れていきます。

この記事を読むとわかること大学受験における塾の必要性・メリット
塾なし・独学で挑むデメリット
塾に通うか迷ったときの判断軸とタイミング

まずは、大学受験に塾が必要な理由からチェックしてみてください。

大学受験に塾は必要!その理由とは?

大学受験に塾は必要!その理由とは?

大学受験に塾が必要な理由は、「学校で得られた知識を定着できて得点力を高められる」からです。キミが志望する大学が難関であるほど、塾の存在はそれだけ大きくなります。

例えば、学校は誰もが同じスピード・内容で授業を受けます。そのため、授業に追いつけなかったり、「理解できたつもり」のまま得点力が思うように伸びなかったりするケースは意外に多いです。

また、学校の授業では『高校で習う範囲と決められた基本と応用』を身につけられますが、大学別の傾向に合わせた内容は「自学自習による復習」が必要となります。

つまり、独学でわからないことや疑問点などが出たときに「自分で解決」しなければなりません。そこで、知識を定着させるために復習する場として『塾』が役立つわけです。

そのため、以下の特徴に当てはまる場合は塾がおすすめできます。

  • 学校の授業についていけなくてサポートしてほしい
  • 定期テストの成績を伸ばしたい
  • 先生に質問するのが苦手
  • いろいろな相談を気軽にしたい

1つでも当てはまったら、大学受験のために塾へ通うことを検討してみてください。

ただし、このタイミングで知っておきたいのは、一般的な塾では『自学自習のサポートまで対応していない』という現実です。

自学自習までサポート!大学受験の対策ならマナビズム

難関私大専門塾マナビズムは、自学自習の時間まで考えた『子別カリキュラム』で無駄なく志望する大学に向かって勉強できる専門塾です。

大学受験で塾に行くべきか悩んでいるキミに、知ってもらいたい特徴が3つあります。

  • 「自学自習」の質が向上する
  • 「勉強計画」と「勉強法」がわかる
  • 「大学別に対策」できて得点力が高まる

塾なし・独学や、一般的な塾と何が違うのかまで解説するので参考にしてください。

自学自習の質が向上する

難関私大専門塾マナビズムでは、自学自習の質を圧倒的に向上できます。

まず、難関私立大学に受験して合格するためには、最低でも1,500時間の勉強が必要といわれています。しかし、1,500時間のうち、学校や一般的な塾で補えるのは『約500時間』。

つまり、残りの1,000時間は、「自学自習」で志望する大学の傾向に合わせた入試対策の時間となるわけです。

しかし、一般的な塾では課題を出しっぱなしだったり、授業を受けっぱなしになったりと『学校の授業』と変わらないことがあります。これでは、わかったつもりになるだけで本当に得点できる力が身についたとはいえないでしょう。

そこでマナビズムでは、生徒一人ひとりに専属の自習コンサルタントをの用意しています。志望する大学に向けて適切な勉強計画を設計して、週に1度は「勉強法」の指導を受けられて自学自習に迷いません

自学自習の質が向上できると、学校で学んだ知識の定着や大学別に合わせた知識のインプットが大きく向上できます。結果として、得点力が高まり志望する大学に合格しやすくなるのです。

記憶の定着に自学自習による『復習』が大切

2015年に公開された論文より、「エビングハウスの忘却曲線」を参考にすると、以下のように時間が経過するにつれて「記憶した内容」を忘れていく傾向があります。

エビングハウスの忘却曲線

画像出典:法政大学リポジトリ

完全に覚えている状態を100%として、時間が経過するほど多くの保持率(%)が低下して、残っている記憶だけが定着していきます。

そのため、難関私大を含む難易度の高い大学に受験する場合、記憶の定着に必要な「自学自習」の時間をどれだけ費やすか

この部分が『受験成功の鍵』を握っているといっても過言ではありません。

学校と一般的な塾の授業で満足しては、学んだことが抜けやすいので、大学受験を成功させることが厳しいです。自学自習で、授業で学んだことを自分のものに吸収し、課題を克服できるかによって学力を本当の意味で向上させられるでしょう。

【参考】
論文:130 年前のエビングハウスの実験データから,エビングハウス自 身が忘却していった,その忘却

「勉強計画」と「勉強法」がわかる

先ほど軽く触れましたが、難関私大専門塾マナビズムではキミに合わせた「勉強計画」と、自学自習の質を向上する「勉強法」を教えています。このマナビゲーションを実現できるのが、自習コンサルティングです。

しかし、それだけでは不明点や疑問が解消できずに成績が伸び悩むはずです。

そこで活躍するのが、マナビズム独自の授業形式である「リーズニングゼミ」。授業や参考書は自学自習の宿題とし、リーズニングゼミで講師が「できる」まで暗記・演習を指導します。

大学受験の塾で得点力を高めて成績を伸ばすためには、「理解→暗記→演習」の流れが必要です。しかし、学校での授業では、「理解」についてがメイン。「暗記→演習」は、塾や自学自習の時間に取り入れる必要があります。

自習コンサルティングでキミだけの勉強計画と勉強法、そしてリーズニングゼミで、学校の授業で足りない部分を補えるとE判定やD判定でも逆転合格を十分に目指せます。

大学別に対策できて得点力が高まる

そして、一般的な塾と大きな相違点なのが「大学別」に対策できる点です。

学校の授業は、クラス全員で受けるため一人ひとりの志望校に備えた対策は難しいです。一般的な塾では、関関同立やMARCHなどの大学群でまとめられた対策講座が多くあります。

マナビズムでは、「〇〇大学対策講座」のように大学別で対策できます。志望する大学の対策だけに絞り込み、徹底的に学べる環境が用意されて効率よく勉強できます。

「でも…実際に通ってみないと雰囲気が合うかわからない」

という声にお答えして、マナビズムは無料授業体験を実施しています。まずは気軽に、独自の合格メソッドと徹底的な対策・サポートを体感してみてください。

 

『無料体験授業』を受けよう関関同立・MARCH・難関私大を目指しているならマナビズムの『無料体験授業』がおすすめ!

・合格するためのマル秘合格戦略
・受験に成功・失敗する受験生の違い
・成績が上がる参考書の上手な使い方
・継続できるモチベーションアップ術
・部活と勉強を両立できる勉強術

『何をやれば受かるのか?』志望校合格までのはっきりとした道筋が見えるようになります。

マナビズムの無料体験授業はここが違う!

・気軽な相談だけでもOK!
・無理な勧誘一切なし!
・無料でプロのコンサルが受けられる!

まずは、気軽にお問い合わせください!

無料体験授業のお問い合わせはこちら

大学受験で塾に行くべきか悩んだときの判断軸

大学受験で塾に行くべきか悩んだときの判断軸

大学受験で塾に行くべきか悩んだとき、判断基準に迷ったら以下の5つで考えてみてください。

  • 悩まずに何をすべきか明確であるか
  • モチベーションが高い状態を維持できるか
  • 参考書選びに迷っていないか
  • 勉強だけに集中できる環境があるか
  • 模試の判定が低くても逆転合格を目指したいか

それでは、順番に解説していきます。

悩まずに何をすべきか明確であるか

1つ目は、自学自習が悩まずに何をすべきか明確になっていて進められるかです。

難関私大といった偏差値の高い大学に受験して合格したいと思っている場合、悩んでいる時間は非常にもったいないので、自学自習で迷わずに対策できるほうがよいです。

塾に通うことで、理解した内容をできるまで徹底的に取り組め、効率よく勉強できます。

もし、あなたが迷っているなら塾で独自のカリキュラムやノウハウを得て質の高い学びのために塾を選びましょう。

モチベーションが高い状態を維持できるか

2つ目は、モチベーションが高い状態を維持できるかという点です。

勉強のモチベーションが低下すると、気が散ってしまい勉強が捗りません。

捗らなければ、できるようになるまでのスピードが遅くなり、受験に失敗する恐れがあります。

特に独学であれば、自分で勉強方法を確率して不明点は自分で解決しなければならないので、モチベーションの維持を保つのが難しいです。

塾なら、講師が自分にあった勉強方法を提案してくれ、課題や不明点なども聞きやすい環境にいるためモチベーションの維持がしやすいです。

モチベーションが保てなくて悩んでいる人は、塾を選んでみると良いでしょう。

参考書選びに迷っていないか

3つ目は、参考書選びに迷っていないかという点です。

参考書は、過去問集も合わせるとさまざまな出版社から出ています。そのため、自分にあった参考書を選ぶのが難しく、どれを使えばいいか迷うことが多いです。

目指す大学に向けて選ぶべき参考書に迷ったときは、塾に通うことをおすすめします。

塾では、大学別の対策授業を行っているため、参考書まで何を使うべきか知っています。そうすると、これまでよりも効率よく勉強できるため成績も伸びやすいです。

参考書選びに迷った人は、塾へ通い塾からアドバイスをもらいながら何度も問題演習するべきでしょう。

勉強だけに集中できる環境があるか

4つ目は、勉強だけに集中できる環境があるかという点です。

自宅や学校では、勉強を妨げる誘惑がたくさん潜んでいます。自宅はテレビや漫画、学校は授業中に話しかけてくる友人など、勉強に集中できない環境に身を置いている人も多いでしょう。

塾では、自習室が用意されているため、勉強だけに集中できます。

集中せざるを得ない環境に身をおくことで、理解や暗記が深まり演習も捗ります。

集中力が高まるので、学力の向上につながるのです。

勉強に集中しづらい環境に身を置いている人は、塾に通って環境を変えてみましょう。

模試の判定が低くても逆転合格を目指したいか

5つ目は、模試の判定が低くても逆転合格を目指したいかという点です。

模試の判定が低い理由には、勉強範囲が間違っていたり、自学自習でうまく復習できていない可能性が考えられます。

もし、模試の判定が悪くても自分の志望する大学に逆転合格したいと強く思っているのであれば、塾に通うべきです。塾では、大学別に対策授業を行ったり最適な勉強方法を教えてくれるので、学力向上が期待できます。

あなたが本気で逆転合格を目指したいのであれば、勉強法のノウハウを持っている塾に通いましょう。

大学受験で塾に行くべきタイミングはココ!

大学受験で塾に行くべきタイミングはココ!

大学受験を成功させるため、塾に行こうと考えている人の中には、通うタイミングに悩んでいる人が多いでしょう。

最も多いタイミングは、高校入学時と高校2年の2月頃です。

高校入学時に通う人が多い理由は、早くから大学受験を意識しているからです。

難関国公立や私立大学を目指すのであれば、科目数も範囲も広いため、早めの対策が必要となります。3年生になってからだと、1年間で受験対策をしなければならないため、気持ち的にも焦りが出てしまいます。

膨大な勉強量をこなすのには、多くの時間を費やす必要があるので、入学時に通う人が多いでしょう。

また、高校2年生の2月ごろに多い理由は、3年生になる前に一足早く対策をしたいからです。高校3年生になると、焦り始めて受験対策する人が一気に増えます。

しかし、3年生になってから対策すると、試験勉強と同時に苦手分野を克服しなければなりません。苦手分野の克服は簡単ではないので、2〜3ヶ月くらいの時間をみておく必要があります。

3年生に上がる頃までに苦手科目を克服しておき、3年の4月ごろから本格的に試験対策へ移るのが効率良いでしょう。

塾へ通う時期に迷っている受験生は、なるべく早めに通うことをおすすめします。

大学受験に塾なし・独学で挑むデメリット

大学受験に塾なし・独学で挑むデメリット

大学受験対策をする際に、塾に行かないとどうなるのでしょうか。参考までによく耳にする3つのデメリットを紹介します。

  • 受験対策で勉強した範囲が出題されない
  • 勉強時間の管理不足で得点力が伸びない
  • 後悔が残ってしまう

それでは、順番に解説していきます。

受験対策で勉強した範囲が出題されない

1つ目は、受験対策で勉強した範囲が出題されないことです。毎年、各大学ごとに出題傾向が予想されます。

独学は塾と違い、試験の出題傾向や各大学ごとの勉強方法などを教えてくれる人がいません。そのため、学んでいたことが出題されずに勉強が活かせなかったケースが意外に多いです。

せっかく学んだ範囲が出題されなければ、自学自習で使ったこれまでの勉強時間が無駄となるケースがあります。

勉強時間の管理不足で得点力が伸びない

2つ目は、勉強時間の管理不足で得点力が伸びないことです。

独学は、家や学校の放課後などで勉強を行うケースがほとんどのため、誘惑が多い環境の中での勉強となります。受験生に必要な勉強時間として、学校の授業以外で1,000時間の「自学学習」です。

塾では、学校の授業で「理解」した内容を徹底的に「暗記」「演習」し、さらに志望校に備えた勉強方法を確立してくれます。

独学だと、自学学習の勉強方法を自分で考えて取り組まないといけないため、効率が悪くなりがちです。迷わず勉強できない、つまり効率よく勉強できない結果、無駄な勉強時間をとってしまい得点力が伸びない可能性が高まります。

後悔が残ってしまう

3つ目は、後悔が残ることです。よく浪人する人が「あの時に勉強しておけばよかっ」といっているのを耳にしたことがないでしょうか。

独学で対策を続けていると、自分の勉強方法が正しいかわからなく、モチベーションの維持が難しいです。やる気がなくなり勉強しなくなったり、勉強時間の管理がわからないため、勉強時間が足りないケースまで考えられます。

結果として、勉強時間の管理不足となり、受験に失敗してしまうのです。受験に失敗してから後悔が残ることにならないように、塾に行くべきか悩んだらまずは行動に移してみましょう。

大学受験で塾に行くべきか悩んだら「無料体験授業」がおすすめ

大学受験で塾に行くべきか悩んだら「無料体験授業」がおすすめ

  • 「何から手をつけていいかわからない」
  • 「一人では勉強計画が立てられない」
  • 「受験まで時間がない」

いずれかに当てはまったら、難関私大専門塾マナビズムの無料体験授業がおすすめです。無料体験授業では、通塾で利用できるサービスをすべて受講できます。

そして、今の成績は関係ありません!

大切なのはキミの本気で合格を目指したいという強い『やる気』だけです!

  • 今やることが明確化される
  • 少ない労力で成績が上がる
  • 志望校合格の道が見える

ちょっとズルい勉強方法から、知っておくと便利な受験情報まで無料体験授業からぜひ学んでみてください!

 

『無料体験授業』を受けよう関関同立・MARCH・難関私大を目指しているならマナビズムの『無料体験授業』がおすすめ!

・合格するためのマル秘合格戦略
・受験に成功・失敗する受験生の違い
・成績が上がる参考書の上手な使い方
・継続できるモチベーションアップ術
・部活と勉強を両立できる勉強術

『何をやれば受かるのか?』志望校合格までのはっきりとした道筋が見えるようになります。

マナビズムの無料体験授業はここが違う!

・気軽な相談だけでもOK!
・無理な勧誘一切なし!
・無料でプロのコンサルが受けられる!

まずは、気軽にお問い合わせください!

無料体験授業のお問い合わせはこちら

まとめ:大学受験を成功させるために塾へ通おう!

まとめ:大学受験を成功させるために塾へ通おう!

大学受験は、科目数が多く試験範囲も膨大なためハードな道のりとなります。しかし、自分にあった勉強方法と継続する力、適正な勉強時間を確保できれば、逆転合格を目指せるのも事実です。

そのために、以下のメリットが得られるマナビズムの利用を検討してみてください。

  • 自学自習の質向上
  • 「勉強計画」と「勉強方法」が確立できる
  • 大学別に対策できる

いきなり無料体験授業が不安な人や、気になることがある人は無料のお問い合わせからいつでもご相談をお待ちしております!

お問い合わせはこちら

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    お問合せ内容必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    123456789
    123456789
    123456789
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認のうえ、同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中