【合格者は知っている!】失敗しない参考書の選び方・使い方

COLUMN

はじめに

Woman Wearing Blue Jacket Sitting on Chair Near Table Reading Books

「参考書学習を進めているけど学力が伸びない」

「どの参考書を選べば良いかわからない」

「どのペースでやれば良いかわからない」

あなたはこのように考えたことがありませんか?

受験勉強ばかりをしているのに成績が伸びないのってつらいですよね。

自分にあった参考書が選べ正しい使い方も分かりながら成績が伸びたら自信が持てますよね。

本記事を読むことで

  • 自分の参考書の選び方が正しいのか?
  • 失敗しない参考書の選び方
  • 成績が伸びる参考書の使い方

について分かります。

ぜひ、この記事を参考にして参考書の選び方・使い方において他の受験生と差をつけて下さい。

失敗する参考書の選び方

Silhouette of Man

多くの受験生が間違った参考書の選び方をしています。
その選び方は①友達が使っているから②Amazonのレビューが高いからといった判断軸で選んでいます。

この選び方の問題点は何でしょうか?

そう、答えは他人軸で選んでいる点です。大学受験は志望校が求めているものに対して自分が不足しているものを補うゲームです。

つまり、自分が足りていないものを補うために参考書を選ぶのが失敗しない参考書の選び方です。

他人と自分の課題は異なって当然です。それを「A君がオススメしていたから」「周りがたくさん使っているから」や「Amazonのレビューが高いから」などで決めてしまっては目的を履き違えています。

このような選び方ではなく自分の課題・目的にあった参考書選びを心がけるようにしましょう。

失敗しない参考書の選び方

では、正しい参考書の選び方とは何なのでしょうか?

ここでは、大学受験を知り尽くした受験のプロであるマナビズムがオススメする参考書選びのポイントを紹介します。

参考書・問題集の選び方のポイントは次の3つです。

  1. 志望校の傾向・対策を知る
  2. 現状の課題・使用目的を決める
  3. 解説量にこだわる

どういうことなのか、具体的に説明します。

志望校の傾向・対策を知る

最短ルートで逆転合格するためにも、重要なのはまず志望校の傾向と対策を知ることです。

英単語は何語レベルまで必要なのか?英文法・英作文は出題されるのか?漢字・語彙問題は出題されるのか?

といった大学別で異なる出題形式に対してどのチカラが必要かを知りましょう。

このような敵(志望校)の全体像を知らなければ無駄足を踏むことになります。必ず赤本などを参考にして調べるようにしましょう。

マナビズムの大学別傾向と対策記事を参考にして頂いても構いません。

現状の課題・使用目的を決める

志望校の出題傾向・対策がわかった上で重要なのは自分の現状の課題・使用目的を見極めることです。

このポイントが参考書選びにおける最も重要要素であると言えます。

志望校から逆算して自分の課題が何かを把握しながら勉強できている受験生は目的意識を持った勉強を行う傾向にあるため、成績が伸びやすいです。

あなたは出来ているでしょうか?

全受験生に当てはまる英語を例に出します。

英語が苦手といっても英文法・会話文・英語長文・英作文などと伸ばすべきチカラは異なります。

また、英語長文においても単語力・精読力(SVOC)・論理的読解力・速読力といったように必要な能力は細分化出来ます。

まず、英語においてもコレだけ細かく分けて自分の課題・使用目的を分析できていたでしょうか?

多くの受験生がココまで自分の課題を客観的に把握できていないのが受験の世界です。

そのため、このように自分の課題と解決策をわかった上で勉強を行うだけで、他の受験生と差をつけることが可能です。

また、成績が伸びることが確約されているので、イヤイヤ勉強せずに住みます。

自分の課題にあった参考書を選ぶようにしましょう。

また、買って終わりにならないように志望校合格から逆算した学習ペースも決めるようにしましょう。

解説量にこだわる

参考書学習の欠点としては自己解決しなければならない点です。そのため、解説量がカギになってきます。

例えば、英文法1つをとっても解答に対する解説が書かれている参考書と解答だけでなく、不正解の選択肢においても解説が施されている参考書もあります。

後者は情報量が多いですが自己解決するのには最適な参考書であると言えます。このように自分の課題・使用目的にあった参考書を選ぶようにしましょう。

また、自分のレベルにあった参考書を選ぶのはもちろん、復習の際に自分が読みやすい解説であるかが重要になります。

読みやすさは人それぞれ異なりますが、図表やイラストが多いもの、とにかく文字での情報量が多いものなど解説1つをとっても多種多様です。

自分が読みやすいと思った参考書を選ぶように是非参考書を買う前に実際にどのような解説が行われているのかを確認するようにしましょう。

参考書の正しい使い方

まず、多くの受験生が参考書を何冊も行おうとしています。

このような浮気の勉強は「質」ではなく「量」を目的としているため伸び悩みがちです。

人よりも参考書を進めているけど、テストの得点が変わらないといった受験生は是非これから説明することを参考にして下さい。

参考書学習を進めていく上で重要なポイントは3つあります。

①自分で解説できるまで反復する
②インプットとアウトプットを並行して行う
③修了後レベルの高い参考書を行う

上記3つが参考書の正しい使い方における重要ポイントとなっています。

各ポイントについて具体的に説明してきます。

自分で解説できるまで反復する

本題に入る前に、受験勉強において先生と自分との違いは何でしょうか?

そうです!
答えは「解説出来るまで知識が定着しているかどうか」です。

多くの受験生が参考書を何冊も行ったり勉強「量」に依存した勉強を行ってしまいます。

「量」だけではなく「質」も担保されて始めて成績は向上します。

そのため、参考書を何冊も行うのではなく1冊を自分で解説できるまで反復するようにしましょう。

英文法を例に紹介します。

何周も行えば問題の答えは覚えてしまいます。その際に解答は分かっていいので、「なぜ、他の選択肢が切れるのか?」「正解になる理由は何なのか?」といった理由説明まで出来るのかを確認しましょう。

このように社会も正誤問題であれば
「正解になる理由」と「不正解の選択肢ダメな理由」まで意識的に勉強することで「質」も担保され成績向上に繋がります。

慣れるまでは抵抗もあり時間がかかりますが是非、今日から行うようにしましょう。

ポイントは先生になったつもりで声に出して説明するようにしましょう。

インプットとアウトプットを並行する

受験勉強のゴールはインプットではなくインプットした知識をどれだけアウトプット出来るかどうかです。

また、インプットだけの勉強は「自己満足の勉強」に陥りやすいです。

自己満足の勉強とは主観で判断する勉強です。

例えば、自分は英単語に毎日1時間やっているから大丈夫。毎日10時間勉強行っているから大丈夫。

といったテストの得点などの客観的数値ではなく主観によって判断する勉強です。

これでは受験本番の得点だけで判断される大学受験に合格することは難しいです。

普段から英単語の勉強の後にはランダム形式のテストで確認する。

社会を行ったのであれば該当範囲のワークで演習するなどの確認テストを自分から行い「自己満足の勉強」に陥らないようにしましょう。

アウトプットを並行して行うことで、自分の苦手範囲が分かり勉強量・勉強法の修正を他の受験生よりも早く気づくことが出来ます。

インプットとアウトプットを並行して行い「量」と「質」が伴った勉強を行うようにしましょう。

修了後レベルの高い参考書を行う

あなたがその参考書を「完璧に解説できるようになった」と感じたら、よりレベルの高い参考書を行うようにしましょう。

次の参考書を選ぶ際も先ほど説明した、正しい参考書の選び方にそった選定をするようにしましょう。

 

この記事を読んで失敗する参考書選びをしていたと感じたあなた!

この記事を読んで、

「そうなんだ!」

「現状の勉強が自分のレベルに合っているか不安」

「参考書学習をしているけど成績が伸びない!」

となってしまったあなた!

あなたは大学受験をする上で大変
危険な状態にあります。

なぜなら、
効率の良い過去問の使い方志望校合格へのやるべき勉強などは成功する受験生なら知っていて当然だからです。

受験において必要なのは勉強「量」だけではなく「質」も担保する勉強法です。

それを知らずして合格率20%とも言われる大学受験を乗り超えていくことは無謀と言っても過言ではありません。

わからないことや悩みがあったらすぐに相談して解決することが合格への一番の近道です。


そうは言ってもこんなふうに考えたことはありませんか?

・相談する相手がいない・・・
・実際に合格した受験生の基準が知りたい・・・
・相談しても人によって回答が異なる・・・


上記の3つに1つでも当てはまるあなたに最適なのが、

自習コンサルティングです。

自習コンサルティングとは

自習コンサルティングは、生徒ひとりひとりに専属で、受験勉強のプロであるコンサルタントがつくマナビズム独自のサービスです。

受験勉強の8割を占める自習を徹底的に管理して成績を伸ばすことをモットーにしています。

このコンサルティングでは、生徒個人の志望校や現状の学力に合わせて最適の学習ルートを提示し、

常に正しく間違った勉強をさせないことで、最短の道での志望校合格を実現させます。

もちろん、生徒の自習をただ管理するためのシステムではありません。

彼らのやる気に火をつけ、自主的に勉強して志望校に合格してもらうためのプログラムです。

自習コンサル3つのメリット

①今やることが明確になる

「何から始めればいいかわからない…。」

実は、この悩みが受験初期に一番多い悩みです。
好きでもない勉強のことで悩んでいるのに、 志望校には全く近づいていない無駄な時間。

まずはこれを綺麗サッパリ取り去ります。

②少ない勉強時間で成績が上がる

マナビズムのコンサルを受ければ、自分の合格した姿をイメージすることができ、モチベーションがグンと上がります。

これまでの模試や学校の成績は本当に気にしないでください。

やり方を変えれば、必ずうまくいきます。

③志望校合格が見える

1の労力で10の結果、10の労力で10の結果、どちらを選びますか?

マナビズムの生徒たちは正しい勉強法を知っているから、英単語を1日で2000個もやってのけます。

自習コンサルでは、この正しい勉強法を惜しみなく伝えます。

そんな自習コンサルを無料で体験いただけます。
最寄の校舎、またはオンラインでもテレビ電話を使ってご受講いただけますので、全国どこからでも可能です。

ページ下部のフォームより「無料体験コンサル」をお申し込みいただいた後、担当の者より日程を調整させて頂くためにご連絡させていただきます。またマナビズムの特徴をより詳しくまとめた資料もお送りさせていただきます。

相談しなければ、最短で志望校に逆転合格できる機会を逃してしまいます。

参考書の選び方に関する悩みだけではなく、受験に関する悩み全てを受験勉強のプロであるマナビズムが1時間で解決しますので「無料体験コンサル」にお申し込みください!

RELATED関連する記事

無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中