【高校生向け】予備校のオンライン授業とは?選び方のポイントとおすすめも紹介

更新日: (公開日: COLUMN

  • 自分に合った授業内容や予備校の質を確実に判断したい
  • 限られた時間とお金を最大限に活用したい

高校生の皆さん、予備校の授業形式やカリキュラム、講師の質など、様々な要素を比較検討するのは大変ですよね。特にオンライン授業を選ぶ際は、通学型とは違う特徴があるため、しっかりと見極める必要があります。

そこで今回は、オンライン授業の予備校選びのコツと、おすすめの予備校を紹介します。最後まで読んでいただければ、きっと自分に合った予備校が見つかるはずです。一緒に理想の予備校を見つけましょう!

【7項目】予備校のオンライン授業の選び方

【7項目】予備校のオンライン授業の選び方

予備校のオンライン授業の選び方で、押さえたいポイントは以下の7つです。

  1. 講師の質
  2. 授業内容
  3. 授業形式
  4. 受講料金
  5. 学習サポート体制
  6. 授業時間・曜日
  7. デバイス対応

講師の質

オンライン授業を選ぶ際、講師の質は非常に重要なポイントです。優れた講師は、生徒の理解度を高め、学習意欲を引き出します。

講師の質を見極めるには、以下の点に注目しましょう。

  • 教育歴や指導経験
  • 教え方のスキル
  • 生徒からの評判
  • 専門性と知識の深さ

上記の点を丁寧に調べ、自分に合った優れた講師を選ぶことが、学習成果を最大化するポイントとなるでしょう。

授業内容

オンライン授業の内容は、生徒の学習目的や目標に合致していることも大切です。授業内容を見極めるには、以下の点がポイントです。

  • カリキュラムの確認
  • シラバスのチェック
  • 教材の質の確認
  • 授業の難易度の確認
  • 大学入試傾向との整合性の確認

自分の目的や目標、学力レベルに合った授業を選ぶことで、効果的なオンライン学習が可能となります。

授業形式

オンライン授業の形式は、生徒の学習スタイルや好みに合ったものを選ぶことが大切です。授業形式を見極めるには、以下は要チェックです。

  • ライブ授業かオンデマンド授業か
  • 双方向性の有無
  • 個別指導かグループ指導か
  • 授業の長さと頻度
  • 復習用の録画の有無

自分に最適な授業形式を選ぶことで、オンライン学習をより効果的で楽しいものにできるでしょう。

受講料金

オンライン授業の受講料金は、生徒や保護者の予算に見合ったものを選ぶことが賢明です。受講料金を見極めるには、以下の点を確認してみてください。


項目

内容
料金体系 月額制、回数制、一括払いから選択
料金設定 個別指導、グループ指導、ライブ授業、オンデマンド授業の料金
教材費 教材費の有無と金額
割引・キャンペーン 早期申込割引、兄弟割引、期間限定キャンペーン

また、受講料金だけでなく、授業の質や内容、学習サポートの充実度など、総合的な費用対効果を考慮することも大切です。

学習サポート体制

オンライン授業では、学習サポート体制の充実度が生徒の学習効果に大きな影響を与えます。

  • 質問対応の方法と速度
  • 個別面談の有無
  • 学習計画のサポート
  • 添削指導の有無
  • 学習コミュニティの有無

充実した学習サポート体制は、オンライン授業の効果を高め、生徒の学習意欲を維持する上で欠かせません。自分に必要なサポートが得られる体制か、丁寧に見極めることが重要です。

授業時間・曜日

オンライン授業の時間と曜日は、生徒の生活リズムや学習スタイルに合ったものを選ぶことが大切です。授業時間・曜日を見極めるには、以下の点に注目しましょう。


項目

内容
都合の良い時間帯 学校、部活、家庭の予定等、日常生活に合った授業時間
集中力の維持しやすい時間帯 個々の最適な学習時間帯(早朝、深夜等)
曜日の偏り 特定の曜日に授業が集中していないか
振替授業の有無 欠席時の振替授業の提供
時間割の変更柔軟性 学校行事等で時間割の変更が可能か

生徒の学習リズムや生活スタイルに直結するため、自分に合った時間と曜日を選ぶことで、無理なく継続的な学習が可能となります。

デバイス対応

オンライン授業を受講するためのデバイス対応は、生徒の学習環境を大きく左右します。

まず、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、自分が利用可能なデバイスに対応しているかを見極めましょう。まあ、処理速度やメモリ、ディスプレイサイズなど、自分のデバイスが推奨スペックを満たしているかを確認します。

可能であれば、デバイスやソフトウェアの設定、トラブル対応のためのテクニカルサポートがあるかを確認します。専門スタッフによる迅速な対応を得られると、不慣れな時も安心です。

オンライン授業でおすすめの予備校はマナビズム

マナビズムは、難関私大合格を目指す高校生のためのオンライン予備校です。生徒1人ひとりに専属の自習コンサルタントがつき、志望校や学力に合わせたオーダーメイドの学習計画を設計・指導するのが最大の特徴です。

また、マナビズムの映像授業は定額制で、受講し放題です。授業数が増えても追加料金は一切かかりません。現役生や浪人生の中には、当初の予定よりも授業数が増えて、料金が跳ね上がってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

定額制なら、勉強すればするほどお得になります。授業料のことを気にせず、思う存分勉強に打ち込める環境は、受験生にとって何よりも大切です。

自分に合ったオンライン予備校選びで悩んでいる人は、ぜひマナビズムの無料体験授業を受けてみてください。

マナビズムで『無料体験授業』を受けよう

関関同立・MARCH・難関私大を目指しているならマナビズムの『無料体験授業』がおすすめ!

✔︎ 気軽な相談だけでもOK!

✔︎ 無理な勧誘一切なし!

✔︎ 無料でコンサルが受けられる!

合格マル秘合格戦略、成績UP!参考書の使い方、継続できるモチベUP術、部活と両立できる勉強術などを知れて、『何をやれば受かるのか?』志望校合格までのはっきりとした道筋も見えるようになります。

【その他】オンライン授業対応の予備校3選

【その他】オンライン授業対応の予備校3選

ここからは、オンライン授業に対応している予備校の中から厳選した3校を紹介します。

  1. 駿台予備校オンライン
  2. 武田塾オンライン
  3. 四谷学院オンラインコース

駿台予備校オンライン

駿台予備校のオンライン授業は、高1から高3までの主要59講座を、いつでも好きな時間に受講できるのが大きな魅力。さらに、AI教材や質問アプリなどの学習サポートツールや、進路アドバイザーによる手厚いサポートも充実しています。

限られた時間とお金を賢く使って、自分に最適な学習環境を整えたい人におすすめのオンライン予備校です。まずは体験授業で、授業の質やシステムの使いやすさを確かめてみましょう。

武田塾オンライン

武田塾オンラインは、東大・慶應・早稲田など難関大学出身の講師陣による、ビデオ通話を使った個別指導の予備校です。全国どこからでも受講でき、通常の武田塾と同じ料金設定で、高校生、浪人生、社会人まで幅広く対応しています。

自学自習をメインとした予備校ならではの学び方と、リーズナブルな料金で継続のしやすさが特徴です。とにかくすぐに学びたい場合は、チェックしましょう。

四谷学院オンラインコース

四谷学院のオンラインコースは、対面授業と同等の教育効果を実現。映像授業と双方向型授業「55オンライン」のダブル教育で、基礎から実力まで段階的に学べます。

さらに、科目別・習熟度別の授業編成で、自分のペースで無理なく学習を進められるのもメリット。限られた予算と時間を有効活用し、志望校合格を目指すなら、四谷学院のオンラインコースは最適な選択肢といえるでしょう。

オンライン授業の予備校を選ぶ際の注意点

オンライン授業の予備校を選ぶ際の注意点

ここでは、オンライン授業の予備校を選ぶ際に気をつけたい3つの注意点を解説します。

  • 設備の用意が必要
  • 無料期間の有無は要確認
  • 適度に休憩を挟む

設備の用意が必要

オンライン授業を受けるには、PCやタブレット、インターネット環境など、一定の設備が必要不可欠です。自宅の学習環境を見直し、必要な機器をそろえましょう。

Wi-Fi環境が不安定な場合は、有線LANの導入も検討してください。また、集中力を維持するために、静かで落ち着ける学習スペースを確保することも大切です。机や椅子の高さを調整し、姿勢に気を付けることで、長時間の学習でも疲れにくくなります。

無料期間の有無は要確認

多くのオンライン予備校では、無料体験期間を設けています。この機会を活用して、授業の質やシステムの使いやすさを確かめましょう。

実際に授業を受けてみると、教師の教え方や教材の難易度が自分に合っているかどうかがわかります。また、質問のしやすさや、学習進捗の管理方法なども重要なポイントです。無料期間中に、自分に最適な予備校を見つけられるよう、複数の選択肢を比較検討してください。

適度に休憩を挟む

オンライン授業は、自宅で受けられる分、集中力が続きにくいというデメリットもあります。長時間の学習は非効率的で、かえって疲労が蓄積してしまいます。

そこで、50分学習したら10分休憩するなど、メリハリをつけることが大切です。休憩時間には、軽い運動をしたり、外の景色を眺めたりして、気分転換を図りましょう。

また、1日の学習時間が長くなりすぎないよう、スケジュール管理にも気を配ってください。適度な休憩を挟みながら、効率的に学習を進められる予備校を選ぶことが重要です。

そもそも予備校のオンライン授業・教育とは?

そもそも予備校のオンライン授業・教育とは?

予備校のオンライン授業とは、インターネットを通じて行われる授業形態のことを指します。従来の対面式授業とは異なり、自宅や好きな場所からパソコンやタブレット、スマートフォンを使って授業を受けることができるのが特徴です。

予備校のオンライン授業では、ライブ配信形式とオンデマンド形式の2種類が主流となっています。

ライブ配信形式は、決められた時間に講師が生徒とリアルタイムでコミュニケーションを取りながら授業を進める方式です。一方、オンデマンド形式は、あらかじめ録画された授業動画を好きな時間に視聴できる方式で、自分のペースで学習を進められるのが魅力です。

なお、本記事ではオンライン教育もオンライン授業として扱っています。

オンライン授業は拡大中

オンライン授業は、近年急速に拡大しています。矢野経済研究所の調査によると、2023年度の国内eラーニング市場規模は3,690億円に達すると予測されています。

ただし、個人向けのBtoC市場は、前年度比3.8%減の2,550億円と前年割れとなりました。コロナ禍でeラーニングの需要が急増した反動や、学習塾・予備校の生徒数減少などが影響しているようです。

その一方で、生成AIの登場により、eラーニングの新たな活用が広がりつつあります。テスト作成、教材生成、学習支援など、事業者の取り組みが増えることで、より学びやすい環境整備が進むでしょう。

参考:eラーニング市場に関する調査を実施(2024年)市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

何がいいの?予備校でオンライン授業を受けるメリット

何がいいの?予備校でオンライン授業を受けるメリット

オンライン授業を提供する予備校を選ぶメリットは、以下のようにたくさんあります。

  • 通学時間がゼロになり、その分勉強に集中できる
  • 自宅のリラックスした環境で学習できるため、ストレスが少ない
  • 全国の有名講師の授業を受けられる
  • 授業の録画が見られるため、何度も復習できる
  • 24時間いつでも質問できるサポート体制がある
  • 授業料が安くなる傾向にある

自宅で快適に、または任意の場所から自分のペースで学習を進めることができるため、多忙な生徒や特定の科目の専門知識を求める生徒にとって特に有利です。

気になるデメリット

一方で、オンライン授業にはデメリットもあります。主なものは以下のとおりです。

  • 通信環境に左右されるため、安定した受講環境の確保が必要
  • 学習の習慣づけが難しく、自己管理能力が求められる
  • 友人ができにくく、孤独感を感じやすい
  • 実験や実習などの体験型授業が受けられない

以上のようなデメリットもありますが、多くは対策を講じることで克服できます。自分に合ったオンライン予備校を見つけて、メリットを最大限に活用しながら学習を進めていきましょう。

オンライン授業と他の形態との違い

オンライン授業と他の形態との違い

オンライン授業は、インターネットを介して行われる授業形態であり、他の教育形態とは異なる特徴があります。

以下の表は、オンライン授業と他の形態との主な違いを比較したものです。


教育形態

学習方法

教師とのコミュニケーション

学習の柔軟性

学習コンテンツ
オンライン授業 インターネット経由 リアルタイムまたは非同期 高い デジタル教材
通信教育 郵便や電子メール 主に非同期 非常に高い 印刷教材とデジタル教材
遠隔授業 テレビ会議システム リアルタイム 中程度 デジタル教材
学習管理システム インターネット経由 主に非同期 高い デジタル教材
レカレント教育 教室での対面授業 リアルタイム 低い 印刷教材とデジタル教材

通信教育との違い

通信教育は、主に印刷教材を郵便で送付し、学習者が自分のペースで学習を進める形態です。一方、オンライン授業はインターネットを介してデジタル教材を提供し、リアルタイムまたは非同期のコミュニケーションが可能です。

オンライン授業は、通信教育と比べてより双方向性が高く、教師からのフィードバックを得やすいという特徴があります。

遠隔授業との違い

遠隔授業は、テレビ会議システムを使用してリアルタイムに行われる授業形態です。オンライン授業も遠隔授業の一種ですが、より幅広い学習管理システムやツールを活用し、リアルタイムと非同期の両方のコミュニケーションが可能です。

また、オンライン授業は、学習者が自分のペースで学習を進められるという点で、遠隔授業よりも柔軟性が高いといえます。

学習管理システムとの違い

学習管理システム(LMS)は、オンライン学習のためのプラットフォームであり、コースの管理、教材の提供、進捗状況の追跡などの機能を提供します。

オンライン授業は、LMSを活用して行われることが多いですが、LMSはあくまでもツールの1つであり、オンライン授業自体とは異なります。オンライン授業では、LMSに加えて、ビデオ会議ツールや共同編集ツールなども活用されるでしょう。

レカレント教育との違い

レカレント教育は、社会人を対象とした教育プログラムであり、主に教室での対面授業で行われます。一方、オンライン授業は、高校生から社会人まで幅広い層を対象とし、インターネットを介して行われます。

レカレント教育は、仕事と学業の両立に難点がありますが、オンライン授業は時間と場所の制約が少ないため、社会人にとっても学びやすい環境を提供します。

予備校で使われるオンライン授業の6つの種類

予備校で使われるオンライン授業の6つの種類

ここでは、予備校で使われる6つのオンライン授業の種類について、それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説します。

  • ライブ配信型
  • オンデマンド配信型
  • 個別指導型
  • グループ学習型
  • アーカイブ(録画)型
  • ハイブリッド型

ライブ配信型

ライブ配信型のオンライン授業は、リアルタイムで講師の授業を受けることができます。質問や疑問点をその場で解決できるのが大きなメリットです。一方で、決められた時間に受講しなければならないため、スケジュール調整が必要になります。


メリット

デメリット
リアルタイムで質問や疑問点を解決できる 決められた時間に受講しなければならない
講師とのコミュニケーションがとりやすい インターネット環境に左右される
授業の臨場感を味わえる 自分のペースで学習できない

オンデマンド配信型

オンデマンド配信型は、録画された授業を好きな時間に視聴できるタイプのオンライン授業です。自分のペースで学習を進められるのが最大の利点ですが、質問や疑問点をすぐに解決できないのがデメリットです。


メリット

デメリット
自分のペースで学習できる 質問や疑問点をすぐに解決できない
時間や場所の制約がない 講師とのコミュニケーションが取りにくい
繰り返し視聴できる モチベーションの維持が難しい

個別指導型

個別指導型のオンライン授業は、生徒1人ひとりに合わせたきめ細やかな指導が受けられます。自分の苦手分野や弱点を集中的に学習できるのが利点ですが、料金が高くなる傾向にあります。


メリット

デメリット
自分のペースや理解度に合わせた指導が受けられる 料金が高くなる傾向にある
苦手分野や弱点を集中的に学習できる 他の生徒との交流が少ない
講師とのコミュニケーションが密にとれる 予約が取りにくい場合がある

グループ学習型

グループ学習型のオンライン授業は、少人数のグループで学習を進めるタイプです。他の生徒と切磋琢磨しながら学べるのが利点ですが、自分のペースで学習を進めにくい面もあります。


メリット

デメリット
他の生徒と切磋琢磨しながら学習できる 自分のペースで学習を進めにくい
グループワークを通じて理解を深められる 個別の質問がしにくい
仲間と一緒に学ぶことでモチベーションが維持しやすい グループのレベルに合わせた授業になる

アーカイブ(録画)型

アーカイブ型は、過去に行われた授業の録画を視聴するタイプのオンライン授業です。比較的安価で受講できるのが利点ですが、質問や疑問点の解決が難しいです。


メリット

デメリット
比較的安価で受講できる 質問や疑問点を解決するのが難しい
自分のペースで学習できる 最新の情報や内容でない可能性がある
時間や場所の制約がない 講師とのコミュニケーションがとれない

ハイブリッド型

ハイブリッド型は、対面授業とオンライン授業を組み合わせたタイプです。対面授業の臨場感とオンライン授業の利便性を兼ね備えているのが利点ですが、スケジュール調整が複雑になる可能性があります。


メリット

デメリット
対面授業の臨場感とオンライン授業の利便性を兼ね備えている スケジュール調整が複雑になる可能性がある
自分のペースと理解度に合わせた学習が可能 料金が高くなる傾向にある
講師や他の生徒とのコミュニケーションがとりやすい オンラインと対面の切り替えに戸惑いを感じる場合がある

高校生の皆さんが予備校のオンライン授業を選ぶ際は、自分の学習スタイルや目的に合ったタイプを選ぶことが重要です。

各タイプのメリット・デメリットを理解し、自分に最適な授業形態を見つけることで、限られた時間とお金を最大限に活用し、効果的に学習を進めることができるでしょう。

オンライン授業の予備校と選び方に関するFAQ

オンライン授業の予備校と選び方に関するFAQ

最後に、オンライン授業と予備校、選び方に関する質問へ回答します。

  • オンライン授業の予備校は浪人生も通える?
  • オンライン授業の予備校選びで失敗しないコツは?
  • オンライン授業の予備校で模擬試験や添削指導はある?

オンライン授業の予備校は浪人生も通える?

オンライン授業の予備校は、現役高校生だけでなく浪人生も通えます。自宅で好きな時間に受講できるため、アルバイトや家事の合間を縫って効率的に勉強を進められるのが大きな魅力です。

また、受験勉強に集中できる環境を整えやすいというメリットもあります。ただし、浪人生向けの専門コースやカリキュラムを用意している予備校もあれば、現役生と同じ授業を受ける形式の予備校もあるため、自分のニーズに合ったところを選ぶことが重要です。

オンライン授業の予備校選びで失敗しないコツは?

オンライン授業の予備校選びで失敗しないコツは、以下のとおりです。

  • 無料体験授業を受けて、教え方や教材の質をチェックする
  • 講師の経歴や指導実績を確認する
  • カリキュラムや時間割が自分に合っているか見極める
  • 受講環境(PCやネット回線)が整っているか確認する
  • 質問対応やフォローの手厚さを比較する
  • 料金体系や支払い方法を確認し、無理のない範囲で選ぶ
  • 合格実績や口コミ評判をリサーチする

失敗しない予備校選びのポイントは、自分に最適な学習環境かどうかを入念にチェックすることです。各予備校の特徴をよく比較検討し、納得いくまで吟味しましょう。

オンライン授業の予備校で模擬試験や添削指導はある?

多くのオンライン授業の予備校では、定期的な模擬試験や添削指導のサービスを提供しています。自宅で受験本番さながらの環境で模試を受けられるため、客観的に自分の学力を把握し、弱点を発見・克服するのに役立ちます。

また、授業だけでなく課題の添削指導もオンラインで行われます。そのため、つまずきやすいポイントを講師に直接指摘してもらえる点も魅力です。ただし、模試の頻度や内容、添削の質や量は予備校によって異なることから、事前によく確認しておくことが大切です。

まとめ

オンライン授業の予備校選びで、自分に合った授業内容や予備校の質を見極めるためには、講師の経歴や指導実績、カリキュラムの内容、受講生の満足度などを総合的に評価することが大切です。

マナビズムは、生徒1人ひとりに専属の自習コンサルタントがつき、志望校や学力に合わせたオーダーメイドの学習計画を設計・指導します。また、各大学の入試傾向を徹底分析した「大学別」の授業や、定額制の料金プランなど、効果的で効率的な学習環境を提供しています。

ぜひお気軽に、無料授業体験から遊びに来てください!

マナビズムで『無料体験授業』を受けよう

関関同立・MARCH・難関私大を目指しているならマナビズムの『無料体験授業』がおすすめ!

✔︎ 気軽な相談だけでもOK!

✔︎ 無理な勧誘一切なし!

✔︎ 無料でコンサルが受けられる!

合格マル秘合格戦略、成績UP!参考書の使い方、継続できるモチベUP術、部活と両立できる勉強術などを知れて、『何をやれば受かるのか?』志望校合格までのはっきりとした道筋も見えるようになります。

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談・資料請求

    お問合せ内容必須
    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    12345678910
    12345678910
    12345678910
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認の上、
    同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中