費用を基準にした予備校の選び方|平均や比較、おすすめも紹介

更新日: (公開日: COLUMN

高校生の皆さん、予備校選びで悩んでいませんか?

  • 自分の家計に合った予備校を見つけたい
  • 予備校の費用相場がよくわからない

このような悩みを抱えている高校生は少なくありません。予備校選びは大学合格に直結する重要な選択。費用を抑えつつ、自分に合った最高の予備校を見つけることが大切です。

そこで今回は、費用を基準に予備校を選ぶ方法を詳しく解説します。予備校の平均費用や、費用を抑えつつ質の高い指導が受けられるおすすめの予備校も紹介するため、ぜひ最後までお読みください。

費用の高い予備校が良いとは限らない

 

予備校選びにおいて、費用の高いところが必ずしも良い選択肢とは限りません。なぜなら、授業料や受講料が高額だからといって、自分に合った指導やカリキュラムが提供されるとは限らないからです。

予備校選びで重要なのは、自分の学習スタイルや志望校に合ったコースや講座を選ぶことです。

例えば、個別指導を重視する生徒には、少人数制の塾や予備校がおすすめです。一方、自学自習を好む生徒には、オンライン講座や通信教育などの選択肢もあります。

また、志望校に特化した対策講座を提供している予備校も存在します。医学部受験を目指す生徒なら、医学部専門の予備校を検討するのも1つの方法でしょう。

費用面では、授業料の相場を確認し、自分の予算に見合ったプランを選ぶことが肝心です。この際、自分に合った学習環境や指導方針、サポート体制などを総合的に判断しましょう。

予備校の無料体験や説明会を活用しよう

予備校選びで迷ったら、無料体験授業や説明会に参加してみるのがおすすめです。多くの予備校では、実際の授業を体験できる機会を設けています。

体験や説明会では、講師の教え方や授業の雰囲気を肌で感じることができます。自分に合った学習環境かどうかを判断する良費用の高い予備校が良いとは限らないい機会になるでしょう。

無料体験や説明会に参加する際は、複数の予備校を比較してみましょう。各予備校の特徴や強みを把握することで、自分に最適な選択肢が見えてくるはずです。また、料金体系や割引制度なども確認しておくと良いでしょう。

マナビズムで『無料体験授業』を受けよう

関関同立・MARCH・難関私大を目指しているならマナビズムの『無料体験授業』がおすすめ!

✔︎ 気軽な相談だけでもOK!

✔︎ 無理な勧誘一切なし!

✔︎ 無料でコンサルが受けられる!

合格マル秘合格戦略、成績UP!参考書の使い方、継続できるモチベUP術、部活と両立できる勉強術などを知れて、『何をやれば受かるのか?』志望校合格までのはっきりとした道筋も見えるようになります。

いくら?予備校にかかる費用の平均

いくら?予備校にかかる費用の平均

予備校に通うには、どのくらいの費用が必要なのでしょうか。予備校の費用は、入学金や授業料、講習会費用など、様々な項目があります。

以下の表は、予備校にかかる主な費用の平均値をまとめたものです。


項目

平均値
入学金/入塾金 約30,000円
授業料(月額) 約60,000円〜70,000円
授業料(年間) 約200,000円〜220,000円
夏期講習会 約70,000円〜100,000円
冬期講習会 約13,000円
その他 予備校によって異なる

ここからは、現役生、浪人生、オンラインの場合の費用相場も紹介します。

現役生の場合

現役生が予備校に通う場合、学年によって費用が異なります。

文部科学省の「令和3年度子供の学習費調査」によると、高校生の学習塾費の平均値は、公立で120,397円、私立で171,149円でした。学年別の内訳は以下のとおりです。


学年

公立(円)

私立(円)
第1学年 80,674 110,873
第2学年 107,774 179,923
第3学年 170,790 225,035

この内訳には、入学金・入塾金、授業料、講習費、その他の費用が含まれています。学年が上がるにつれて、受験に向けた対策が本格化するため、費用も増加する傾向にあります。

関連記事:予備校にかかる費用の目安は?抑えるポイントと支払いタイミング【高校・浪人生】

浪人生の場合

浪人生が予備校に通う場合、1年間で約100万円以上の費用がかかります。内訳は以下のとおりです。


内訳

平均費用
入学金 10万円
授業料(年間) 70万円~90万円
季節講習費 20万円~40万円
模試の受験費用 5万円
その他の費用(交通費、教材費など) 10万円
費用合計 115万円~155万円

浪人生は、現役生よりも受験勉強に専念できるため、授業料や講習費などの費用が高くなる傾向にあります。また、模試の受験費用や交通費なども加わるため、トータルの費用は現役生よりも高額になります。

関連記事:予備校費用は浪人生でいくら?相場やお金がない場合の対処法を解説

オンラインの場合

オンラインの予備校は、通学型の予備校と比べて費用が抑えられる傾向にあります。オンライン予備校の費用は、以下のようになっています。


授業形態

費用
個別指導 3〜4万円
映像授業 1万円前後
ライブ授業 5万円〜

費用を抑えるためには、奨学金制度や分割払いなどの支払い方法を活用することも有効です。自分の目標に向かって、最適な予備校選びをしましょう。

【7項目】費用を基準とした予備校の選び方

【7項目】費用を基準とした予備校の選び方

ここからは、費用を基準とした予備校の選び方において、チェックしておきたい7つの項目を紹介します。

  1. 授業料の総額は適正か
  2. 費用内で内容は充実しているか
  3. 追加費用(模擬試験、教材費、面接指導料など)はかかるか
  4. 受講期間はどの程度か(1年コース、2年コースなど)
  5. マンツーマンレッスンはあるか(追加料金が必要か)
  6. 施設や設備は充実しているか
  7. 通学に交通費はかかるか(立地による違い)

授業料の総額は適正か

予備校選びでもっとも重要なポイントの1つが、授業料の総額です。一般的に、大手予備校ほど授業料が高く、個別指導塾やオンライン予備校は比較的安価な傾向にあります。

授業料を比較する際は、単純に金額だけでなく、キャンペーンや割引、独自の制度も確認しましょう。例えば、成績優秀者向けのスカラシップや特待生制度を設けている予備校もあります。

また、入学金や教材費も総額に含まれているかどうかを確認することも必要です。料金プランが複雑な場合は、直接予備校に問い合わせて、詳細を確認すると安心です。

費用内で内容は充実しているか

授業料の総額が適正かどうかを判断する際、費用に見合った内容かも判断します。予備校選びでは、自分の学習スタイルや志望校に合ったカリキュラムが用意されているかどうかがポイントです。

授業形式は、集団指導、少人数制、個別指導など様々です。また、授業以外のサポート体制、つまり学習相談や進路指導、メンタルケアなども見ておきましょう。

追加費用(模擬試験、教材費、面接指導料など)はかかるか

特に注意したいのが、春夏秋冬の講習や模擬試験の受験料です。授業料とは別に費用がかかるケースが多く、年間の予備校費用を大きく左右します。

講習や模擬試験が必須かどうか、また、どの程度の頻度で受ける必要があるのかを確認し、追加費用を把握しておきましょう。

また、面接指導や適性検査、進路相談などのサービスも、追加費用が発生しやすいです。このサービスを利用する予定がある場合は、料金体系を事前に確認しておくことが大切です。

教材費も見落としがちな追加費用の1つです。追加費用については、予備校のホームページや資料で確認できる場合もありますが、不明な点は直接問い合わせるのが確実です。

受講期間はどの程度か(1年コース、2年コースなど)

予備校の受講期間は、1年コースと2年コースが一般的です。

1年コースは、主に現役高校生や浪人1年目の学生が対象です。短期間で集中的に学習できるため、費用を抑えられるメリットがあります。学習期間が限られているため、基礎力が不足している場合は、追いつくのが難しいかもしれません。

一方、2年コースは、高校2年生から始めるのが一般的です。長期的に学習できるため、基礎から着実に学力を伸ばすことができます。受講期間が長い分、費用は高くなる傾向にあります。

受講期間については、予備校の説明会やカウンセリングで相談するのが効果的です。自分の状況を伝えた上で、アドバイスを受けることで、最適な受講期間を選べるはずです。

マンツーマンレッスンはあるか(追加料金が必要か)

予備校によっては、マンツーマンレッスンが別料金となります。料金体系は予備校によって異なりますが、1回あたり数千円から1万円以上かかるケースもあります。

マンツーマンレッスンを受ける場合は、追加料金を含めた年間の予備校費用を計算し、予算内に収まるかどうかを確認することが大切です。自分の学習ニーズとマンツーマンレッスンの内容を照らし合わせ、費用対効果を考えて選びましょう。

施設や設備は充実しているか

施設や設備が充実している予備校は、学習に集中しやすい環境が整っていると言えます。ただし、充実した施設や設備は、費用に反映される傾向にあります。

施設や設備の充実度を確認する際は、以下のような点に注目しましょう。

  • 自習室やラウンジのスペースは十分にあるか
  • 教室の設備(机、椅子、ホワイトボードなど)は整っているか
  • Wi-Fiや電源、コピー機などの設備は利用できるか
  • 食堂や売店、休憩スペースは充実しているか

ただし、過度に施設や設備にこだわると、費用も高くなりすぎてしまう恐れがあります。見学の際は、自習室や教室、休憩スペースなどを隅々まで確認し、在校生の声を聞くのも参考になります。

通学に交通費はかかるか(立地による違い)

予備校の立地は、通学時間や交通費に大きく影響します。自宅から遠い予備校を選ぶと、交通費がかさむだけでなく、通学時間も長くなってしまいます。

予備校の立地を確認する際は、以下のような点に着目しましょう。

  • 自宅から予備校までの距離
  • 最寄り駅からの徒歩時間
  • 公共交通機関の利便性
  • 自転車や車での通学の可否

また、予備校の周辺に飲食店や娯楽施設が少ない場合、食事や息抜きの選択肢が限られてしまいます。ホームページや資料で確認できる場合もありますが、実際に現地を訪れて確認するのがもっとも確実です。

下見の際は、実際に利用する交通機関で通学ルートを確認し、所要時間と交通費を把握しましょう。

費用で選ぶならおすすめはマナビズム

マナビズムの月額費用は、授業料と指導関連費を合わせて68,200円〜88,000円程度。定額制で受講し放題の映像授業を採用しているため、勉強すればするほどお得になるのが大きな魅力です。

また、マナビズムでは生徒1人ひとりに専属の「自習コンサルタント」が付き、志望校や学力に合わせたオーダーメイドの学習プランを設計します。週1回の勉強法指導もあるため、効率的で無駄のない受験対策が可能です。

もちろん、授業は志望大学ごとに特化したカリキュラムを用意。自分に必要な科目だけを集中的に学べるのも、コストを抑えるポイントと言えるでしょう。

マナビズムなら無駄を省き、合理的な学習で確実に力を伸ばせる環境が整っています。志望校合格のために、賢く予備校を活用したいならぜひ検討してください。

マナビズムの費用を比較してみた

予備校の料金体系は複雑で、一概に比較するのは難しいもの。そこで、マナビズムと他の有名予備校の年間費用を、おおまかに算出して比べてみました。


予備校

入学関連費用

授業料

講習費用

総額(概算)
マナビズム 入塾金 33,000円 3科目週1コマ、613,800円(68,200円×9か月) 夏期・冬期、約50,000円 約70万円
A塾 入塾金 約10万円 648,000円(27,000円×3教科×8か月) 約10万円~20万円 70万円~90万円
B塾 入塾金 約3万円 480,000円(20,000円×3教科×8か月) 約10万円~20万円 60万円~75万円
C塾 入学費 33,000円、担任指導費 33,000円 1講座77,000円×受講数 約10万円~20万円 60万円~90万円

この表を見ると、マナビズムの総額は他の予備校とほぼ同等か、やや安めの設定だとわかります。

ただ、授業料に関しては定額制のため、たくさん受講すればするほど1コマあたりの単価は下がっていく計算に。つまり、「やる気のある受験生ほどお得」というわけです。

上記の比較を参考に、ご家庭の予算と照らし合わせてみてください。きっとマナビズムのコストパフォーマンスの高さを実感していただけるはずです。

マナビズムで『無料体験授業』を受けよう

関関同立・MARCH・難関私大を目指しているならマナビズムの『無料体験授業』がおすすめ!

✔︎ 気軽な相談だけでもOK!

✔︎ 無理な勧誘一切なし!

✔︎ 無料でコンサルが受けられる!

合格マル秘合格戦略、成績UP!参考書の使い方、継続できるモチベUP術、部活と両立できる勉強術などを知れて、『何をやれば受かるのか?』志望校合格までのはっきりとした道筋も見えるようになります。

【その他】費用で選ぶおすすめ予備校ランキング3選

【その他】費用で選ぶおすすめ予備校ランキング3選

ここでは、その他にもある費用で選ぶおすすめの予備校を3つ紹介します。

  • 河合塾
  • 駿台予備校
  • 代々木ゼミナール

河合塾


項目

内容
入塾金 33,000円
塾生サポート料(高3生) 6,600円/月
レベル講座授業料(1講座) 4,900円~6,700円
セレクト講座授業料(1講座) 7,200円~35,800円
共通テスト対策講座授業料 24,500円~117,600円
冬期講習会(90分×5講) 18,700円
直前講習会(90分×4講) 15,000円

河合塾は、大手予備校の中でも費用面で選ぶ際におすすめの予備校です。入塾金は33,000円、高校3年生向けの塾生サポート料は月額6,600円と比較的リーズナブルな料金設定となっています。

共通テスト対策講座は24,500円〜117,600円、冬期講習会は90分×5講で18,700円、直前講習会は90分×4講で15,000円と、必要な講座を選択して受講できるのが魅力です。受験生の学力や志望校に合わせて、費用を抑えながら効果的な学習プランを組むことができるでしょう。

駿台予備校


項目

内容
入学金 30,000円
授業料(月額) 20,500円~25,000円
年間授業料目安 200,000円~225,500円
講習会費(3講座) 65,700円
講習会費(9講座) 197,100円
講習会1講座追加費用 21,900円

駿台予備校は、大学受験対策に定評のある大手予備校の1つです。入学金は30,000円、月額授業料は20,500円〜25,000円、年間授業料の目安は200,000円〜225,500円となっています。

講習会費は3講座で65,700円、9講座で197,100円、1講座追加ごとに21,900円かかります。授業料や講習会費は他の予備校と比べてやや高めですが、質の高い指導と充実したカリキュラムが受けられると評判です。

代々木ゼミナール


項目

内容
入学金(代ゼミ高校メイト会員費) 16,500円
単科ゼミ授業料(週1回90分) 42,000円
単科ゼミ授業料(週2回90分) 68,400円
単科ゼミ授業料(週3回60分) 28,200円
学期・講習パック(1講座) 131,000円
学期・講習パック(5講座) 540,000円
夏期講習会 14,000円
冬期直前講習会Ⅰ期 10,400円
ハイレベル理科・地理公民オプション 25,000円

代々木ゼミナールは、個別指導に力を入れている予備校です。入学金を兼ねた代ゼミ高校メイト会員費は16,500円で、単科ゼミ授業料は週1回90分で42,000円、週2回90分で68,400円、週3回60分で28,200円と、受講頻度に応じた料金体系になっています。

夏期講習会は14,000円、冬期直前講習会Ⅰ期は10,400円、ハイレベル理科・地理公民オプションは25,000円と、追加の講習も比較的リーズナブルな価格設定です。少人数制の指導で、生徒1人ひとりに合わせたきめ細やかなサポートを受けたいならチェックしましょう。

費用をかけてでも高校生が予備校に通うメリット

費用をかけてでも高校生が予備校に通うメリット

予備校に通うには費用がかかりますが、そのメリットは非常に大きいと言えます。

質の高い授業を受けられ、志望校対策に特化でき、勉強環境を確保できるなど、予備校ならではの利点があります。ここでは、費用をかけてでも予備校に通うべきメリットから理由を詳しく見ていきましょう。

  • 質の高い授業を受けられる
  • 志望校対策に特化できる
  • 勉強環境を確保できる
  • 勉強を癖づけられる
  • 進路指導を受けられる

質の高い授業を受けられる

予備校の最大のメリットは、大学受験のプロである講師陣から質の高い授業を受けられることです。予備校の講師は、受験指導のエキスパートであり、受験生の弱点を的確に分析し、効果的な学習方法を提案してくれます。

また、予備校の授業は、受験に必要な知識やテクニックを効率的に学べるようにカリキュラムが組まれています。学校の授業とは異なり、受験に特化した内容を深く掘り下げて学ぶことができるのです。

志望校対策に特化できる

予備校のもう1つの大きなメリットは、志望校対策に特化できることです。

例えば、医学部を目指す生徒であれば、医学部専門の予備校や、その領域に強い講師の授業を選ぶことができます。また、有名大学を狙う生徒なら、その大学の過去問を徹底的に分析した授業を受けることができます。

一方、塾や学校の授業では、様々なレベルの生徒がいるため、どうしても志望校対策が手薄になりやすいです。予備校なら、志望校に合格するという明確な目標に向かって、効率的に学習を進められるでしょう。

勉強環境を確保できる

予備校に通うメリットとして見逃せないのが、自習室や図書室などを活用して勉強環境を確保できることです。家では誘惑が多くてなかなか勉強に集中できない、という人も、予備校なら周りの生徒も必死に勉強しているため、自然と勉強モードに入ることができます。

また、予備校は朝から晩まで開いており、自分の生活リズムに合わせて通うことができます。朝型の人は朝一番に行って勉強し、夜型の人は夜遅くまで残って勉強する、といった具合に、自分に合ったペースで学習を進められるのです。

勉強を癖づけられる

予備校に通うことで、勉強を習慣化できるというメリットもあります。

予備校に通い始めると、毎日一定の時間を勉強に充てます。授業を受け、宿題をこなし、自習をする。そうした一連の流れが日常になることで、勉強が習慣になっていくのです。

予備校は、授業だけでなく、宿題や課題も出してくれます。それをこなしていくうちに、知らず知らずのうちに勉強が日課になっていきます。

「今日は予備校だから」と思って勉強を始めるうちに、いつしか「勉強しないと気が済まない」という習慣が身についているはずです。

進路指導を受けられる

予備校のメリットとして忘れてはならないのが、進路指導です。経験を活かして、一人一人の生徒に合った進路アドバイスをしてくれます。

例えば、「この成績なら、この大学を狙うのが良いでしょう」「この科目が伸び悩んでいるようですね。この教材を使って克服しましょう」など、具体的なアドバイスをしてくれます。時には、「もう少し頑張れば、もっと上の大学も狙えますよ」と、背中を押してくれることもあるでしょう。

進路選択は、受験生にとって人生の岐路とも言えます。そのような時、予備校の先生方から的確なアドバイスをもらえるのは、非常に心強いはずです。

もちろん、予備校の費用は安くありません。しかし、それ以上の価値を得られる費用対効果を考えると、予備校に通うことは非常に合理的な選択だと言えるでしょう。

マナビズムで『無料体験授業』を受けよう

関関同立・MARCH・難関私大を目指しているならマナビズムの『無料体験授業』がおすすめ!

✔︎ 気軽な相談だけでもOK!

✔︎ 無理な勧誘一切なし!

✔︎ 無料でコンサルが受けられる!

合格マル秘合格戦略、成績UP!参考書の使い方、継続できるモチベUP術、部活と両立できる勉強術などを知れて、『何をやれば受かるのか?』志望校合格までのはっきりとした道筋も見えるようになります。

費用と予備校の選び方に関するFAQ

費用と予備校の選び方に関するFAQ

費用と予備校の選び方に関する質問へ回答します。

  • 予備校の授業は週に何回くらいありますか?
  • 1年浪人するといくら費用がかかる?
  • 予備校は何年生から通うべきですか?
  • 予備校費用は免除になる?

予備校の授業は週に何回くらいありますか?

予備校の授業回数は、選択するコースや講座によって異なります。一般的な予備校の授業は、週に3〜6回程度が相場です。

予備校の授業は、科目ごとに設定されているため、自分の苦手科目や重点的に学習したい科目の授業回数を確認することも大切です。志望校や目標に合わせて、最適な授業回数と内容の予備校を選ぶことが合格への近道といえるでしょう。

1年浪人するといくら費用がかかる?

1年間の浪人生活には、予備校の授業料を中心に、かなりの費用がかかります。大手予備校の場合、1年間の授業料は約100万円〜150万円が相場です。

また、授業料以外にも、教材費、模試代、交通費など、様々な費用が発生します。教材費は科目数によって異なりますが、年間で数万円〜10万円程度が一般的です。

予備校は何年活から通うべきですか?

予備校に通い始める時期は、個人の目標や学力レベルによって異なります。一般的には、高校3年生の夏休み前後から本格的に予備校に通い始める生徒が多いです。

高校1年生や2年生から予備校に通う場合は、学校の授業だけでは物足りないと感じる生徒や、早めに受験勉強を始めたい生徒がほとんど。また、早い段階から予備校に通うことで、学習習慣が身につき、基礎力を固めることができます。

予備校費用は免除になる?

予備校費用の免除制度は、予備校ごとに異なりますが、主に成績優秀者を対象としています。もちろん、免除の基準は予備校ごとに異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

また、成績が下がった場合には、免除が打ち切られる可能性もあり、継続的な学習も必要です。

まとめ

まとめ

予備校選びにおける費用は大きな要因ですが、それだけでなく、自分の学習スタイルや目標に合った予備校を選ぶことが何より大切です。授業料の総額や内容の充実度、追加費用の有無など、様々な観点から予備校を比較検討することが賢明です。

また、予備校の無料体験や説明会に参加して、実際の雰囲気や講師の指導スタイルを確かめることも有効でしょう。

もし、費用を抑えつつ効果的な学習を望むなら、マナビズムは非常におすすめです。定額制の授業料、志望校別カリキュラム、学習計画の個別設計など、無駄を省いた合理的なシステムが特徴です。

受験は人生の大きな分岐点。マナビズムで可能性を最大限に引き出し、一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。

マナビズムで『無料体験授業』を受けよう

関関同立・MARCH・難関私大を目指しているならマナビズムの『無料体験授業』がおすすめ!

✔︎ 気軽な相談だけでもOK!

✔︎ 無理な勧誘一切なし!

✔︎ 無料でコンサルが受けられる!

合格マル秘合格戦略、成績UP!参考書の使い方、継続できるモチベUP術、部活と両立できる勉強術などを知れて、『何をやれば受かるのか?』志望校合格までのはっきりとした道筋も見えるようになります。

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談・資料請求

    お問合せ内容必須
    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    12345678910
    12345678910
    12345678910
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認の上、
    同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中