関関同立に落ちた人の選択肢は?|自分にとって最適を見つけて前を向くために

更新日: (公開日: COLUMN

関関同立に落ちた人の中で「諦める」を選択しようとしている人もいるでしょう。

しかし、関関同立に落ちたことによる絶望感しかない状態の中で、「諦める」と決めてしまうのは勿体ないです。少し落ち着いてから、どうするかを考えることで、いい結果をもたらすことがあります。

入試で落ちたあとどうするのかの選択肢はたくさんありますが、自分にとって最適な選択肢でなくては、なにをするにしても無駄な時間を過ごしていることと変わりません。

落ちたという事実にとらわれて挑戦をやめるのではなく、別の戦い方で再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

このページでは、大学入試に落ちてしまいこの先のことを考えて絶望している人に、自分にとって最適な選択肢を紹介しています。

関関同立に落ちた人は自分だけじゃない!実際に落ちた人は?

関関同立に落ちた人は自分だけじゃない!実際に落ちた人は?

関関同立に落ちた人は「自分だけ落ちて、ほかの人は華々しい大学生活を送るなんて…」と周りを妬ましく思う気持ちや、落ちてしまった恥ずかしさ、悔しさなどが渦巻いている状態だと思います。

自分だけが落ちたように感じられ、この世の終わりにいるような気持ちになることもあると思いますが、そうではありません。

実際に関関同立に落ちる人は毎年たくさんいます

以下、実際に落ちた人や、その後努力して別の大学に合格した人の声です。

浪人という選択肢でもう一度関関同立にチャレンジする人もいれば、諦めて滑り止めの大学に通う人もいます。

落ち込んでいる今の気持ちのまま、投げやりになって「もうどうでもいい」「諦めて就職しよう」「滑り止めの大学でいいや」というように決めてしまうこともあるかもしれません。

しかし、落ちた後に自分がどのような選択をするかによって、将来が大きく変わると考えると、少し怖い気持ちになる人もいるのではないでしょうか。

「関関同立に落ちた」という事実は消せませんが、結果を変えることはできます

何年か経ち、ふと思い返したときに、自分が納得できる結果になるようにしましょう。

関関同立に落ちた後の選択肢|3つのパターンを解説

関関同立に落ちた後の選択肢|3つのパターンを解説

関関同立に落ちた後の選択肢として、以下の3つのパターンが挙げられます。

  • 入試は諦めて就職する
  • 仮面浪人として滑り止めの大学に通う
  • 浪人して再チャレンジする

完全に入試を諦めてしまう人もいれば、滑り止めの大学に通う人もいます。

いろいろな考え方がありますので、どの選択肢が正しいということではありませんが、自分が将来どうなりたいのかという点を考えてみると、自分に合った選択肢が見つかりやすくなるでしょう。

入試は諦めて就職する

入試は諦めて就職するという選択肢があります。

メリットとして、余計な費用がかからないことや、勉強に時間を割かずに別のことに集中できるという点があります。

デメリットとしては、関関同立入学への夢は叶わなくなってしまうことや、これまでの努力が報われなくなってしまうことなどがあるでしょう。

他にやりたいことが見つかったり、就職して方向転換したいと感じたりしたときには有効な選択肢といえます。

ただ、入試自体が嫌になってしまったからといって投げやりで選択すると、将来的に何も残らず、努力も無駄になりやすいため注意が必要です。

仮面浪人として滑り止めの大学に通う

仮面浪人として滑り止めの大学に通いつつ勉強して、もう一度次の年に関関同立の入試にチャレンジするという選択肢があります。

滑り止めの大学に通いつつ受験勉強をするメリットとしては、大学生というステータスを維持しながら関関同立の合格が狙えるという点です。

また、実際に大学に通ってみて、高校生の頃とは違う視点で大学を見ることができるようになっているかもしれません。

果たして関関同立は本当に行きたい大学なのか、という点も見直すことができます。

デメリットとしては、お金と時間がかかることです。

学費を支払いつつ受験勉強をする必要があるため、時間にもお金にも余裕がなくなる可能性があります。

時間とお金に余裕があり、実際に大学に通ってみてもなお関関同立に通いたいと感じられた場合には、有効な選択肢となるでしょう。

浪人して再チャレンジする

浪人して再チャレンジするという方法は、滑り止めの大学に通わない分、学費がかからず、たくさんの時間を勉強に費やすことができます

メリットとしては、高校生の頃よりも多くの時間を使って勉強することができ、予備校にも通いやすいという点です。

また、精神的に辛い状況に自分を追い込むことで、内面的に成長できることもメリットとして挙げられます。

辛い状況を乗り越えることができれば、成功体験として自分の人生の糧にしていくこともできるでしょう。

デメリットとしては、受験勉強漬けの日々になってしまうこと、滑り止めの大学に通っているわけではないことから、合格に向けてのプレッシャーが大きいという点が挙げられます。

ただ、次で紹介するように、浪人して再チャレンジをする学生は多くいるため、自分がやりたいことを諦めたくない、関関同立に合格したいという強い気持ちがある人にとっては、とても有効な方法です。

関関同立の浪人率をチェック!どのくらいの割合で浪人しているの?

関関同立の浪人率をチェック!どのくらいの割合で浪人しているの?

浪人して関関同立に合格している人が多いと説明しましたが、具体的にどのくらいの割合で浪人して合格しているのかということを見ていきましょう。

  • 関西大学の浪人率は最大43.0%
  • 関西学院大学の浪人率は最大32.6%
  • 同志社大学の浪人率は最大28.6%
  • 立命館大学の浪人率は最大35.9%

学部の浪人率も踏まえて解説するので、気になる大學を確認してみてください。

関西大学

関西大学に合格している人の中で、浪人して合格している人は14%~43.0%です。

以下、一番浪人生が少ない学部と一番浪人生が多い学部で、浪人生の割合を確認してみます。

学部 浪人率
外国語学部 14.0%
環境都市工学部 43.0%

参考:関西大学入試ガイド2020

2020年の時点では、全体的な数字を見ると理系のほうが浪人率が高く、文系のほうが浪人率が低い傾向にあります。

理系の場合、大体3人に1人は浪人生ということになりますので、実際に合格して通うことになったとしても恥ずかしさを感じる必要はありません。

浪人してでも合格したい場合には、就職の際に困らないようにするためにも、知名度があり、自分のやりたいことができる学部に入ることが大切です。

関西学院大学

関西学院大学の浪人生の割合は、現在公式で公開しているデータがありません。

少し古いデータになりますが、2008年に公式サイトで公開されていた数値は、以下のとおりです。

文系学部 32.6%
理工学部 30.4%

文系学部、理工学部ともに、30%前半の浪人率となっています。

関西大学と同じく、3人に1人は浪人を経験している学生ということになるため、実際に通うことになっても恥ずかしい思いはしないでしょう。

また、浪人生が多いということは、それだけ魅力的な大学であり、将来を考えても就職面で不利益を被らない大学であると考えることができます。

同志社大学

同志社大学の浪人率は、以下のとおりです。

以下のデータは、2010年同志社大学の社会学部の学科別に、浪人生の割合を算出したものです。

学科 一浪 二浪以上
社会学 25.0% 1.1%
社会福祉学 19.1% 0%
メディア学 24.7% 1.2%
産業関係学 41.3% 3.2%
教育文化学 38.4% 5.5%

参考:同志社大学

2010年のデータでは、一浪の割合が最大41.3%、二浪以上が5.5%となっていました。

同志社大学といえば関関同立の中でも最難関と言われる大学であるため、二浪してでも入りたいという受験生がいることがわかります。

立命館大学

立命館大学の浪人率は、立命館大学の入試ガイドにて確認することができます。

2018年のデータでは、全体で35.9%の浪人率となっていました。

立命館大学は、関関同立で唯一「薬学部」がある大学です。

薬学部と医学部はもともと浪人して合格しようと努力する人の比率が高いため、立命館大学でも約半数の人が浪人生となっています。

現役合格を目指すことはもちろんですが、浪人という段階を踏むことを前提に、ある程度の覚悟を決めて受験する人もいます。

関関同立に落ちても諦めなくていい!浪人をして再受験しよう

関関同立に落ちても諦めなくていい!浪人をして再受験しよう

ここまでは、関関同立の浪人生の割合が以外と高いことを解説しました。

「浪人することは恥ずかしい」「落ちたことだけでも絶望感が大きいのに、浪人するなんて無理」と考えている人も、少しは考え方が変わったかもしれません。

関関同立に合格したい気持ちがまだある人は、諦める必要はありません。

大学別データで浪人生が3人に1人くらいはいると分かったように、浪人をして再受験することは、自分が行きたい大学ややりたいことに向き合うために有効です。

浪人して関関同立受験をすることがおすすめ

関関同立に落ちた後、どのような選択肢をとるのかは自分次第ではありますが、おすすめは浪人をして再受験することです。

関関同立の浪人率は30%前後が平均と高くなっており、同志社のように二浪以上して合格を目指す人もいます。

浪人生活は精神的に辛く感じるかもしれません。

しかし、学生の頃よりも受験勉強に使える時間が多く、もう一度自分がやりたいことや行きたい大学と向き合えるメリットがあります。

自分のまわりが現役合格だからといって、自分だけ浪人生で恥ずかしいという気持ちをもつ必要はありません。

関関同立にどうしてもやりたいことがある、または、就職で不利にならない大学を選びたいといった場合には、諦める必要はないといえるでしょう。

同じ浪人でも仮面浪人はおすすめできない

同じ浪人であっても、仮面浪人はあまりおすすめはできません。

なぜなら、滑り止めの大学に行きながら予備校にも通って受験勉強をするとなると、費用の負担が大きいためです。

費用に対してなにも問題がないという人もいるでしょうが、あまり現実的とはいえないでしょう。

一般的に、大学に通うためにかかる学費は、以下のとおりです。

大学 学費目安(4年間)
国立大学 242万円
公立大学 254万円
私立大学文系 397万円
私立大学理系 541万円
私立大学医歯系 2356万円

参考:マイナビ

初年度の学費だけでも、100万円程度はかかってくるため、予備校にかかる費用も考えると、大きな負担です。

一浪で合格しなくては生活が立ち行かなくなるケースも考えられるため、費用面でも精神的なプレッシャーが大きくなってしまいます。

仮面浪人をした場合には、大学のテストや課題などもクリアしていかなくてはならず、受験勉強との両立が難しくなる点も注意が必要です。

浪人生向けのコースがある予備校なら違った戦い方ができる

浪人生向けのコースがある予備校に通うことで、浪人して一人で勉強することとは異なる戦い方が可能です。

浪人生がより効率よく学習し、合格へと近づくことができるようにカリキュラムが組まれていることが多いため、いざ浪人してから何をすればいいのかわからない場合でも安心できます。

現役の頃とは違う視点から受験勉強に取り組めることから、より確実に合格を目指して学習することができるでしょう。

浪人生で関関同立を目指すならマナビズム!

マナビズム

浪人生になってもう一度関関同立を目指してチャレンジしたいという人には、マナビズムがおすすめです。

マナビズムは関関同立の受験対策に強く、関関同立群としての対策ではなく志望校別に対策することができます。

マナビズムなら浪人生キャンペーンがある

マナビズムには、予備校に通いたい浪人生向けのキャンペーンがあります。

例えば、以下のような場合には、全額返金が可能です。

  • 後期で合格できた
  • マナビズムのカリキュラムが自分には合わなかった

1ヶ月だけでなく継続して授業を受けたい人でも、継続後の授業料からキャンペーン料金分を全額割引が可能です。

1ヶ月間の授業料が実質無料になることから、マナビズムに通いながら、 他の塾と比較することもできます。

浪人生ということで塾選びに慎重になりがちですが、塾選びに時間をかけすぎてしまっては肝心の勉強ができません。

受験に対しての熱意が途切れてしまう前に、自分に合った塾を見つけ、もう一度関関同立にチャレンジする意欲を継続させましょう。

マナビズムで受けられるサービスは?

では具体的に、マナビズムではどういったサービスが受けられるのかを見ていきましょう。

  • 自習コンサルティング
  • 映像授業
  • 志望校受験から逆算した勉強計画
  • リーズニングゼミ

上記のサービスを順番に解説します。

自習コンサルティング

マナビズムの強みとして、自習コンサルティングが挙げられます。

自習のコンサルティングとは、何をどのくらい、どうやって勉強すればいいのか分からない人に対して、以下の内容を実現するものです。

  • 適切な勉強計画
  • 適切な勉強方法
  • 適切な期間

生徒一人ひとりに対して、専属の自習コンサルタントがつき、志望校や現状の学力にあわせて、オーダーメイドの計画を設計。

そして週に一度、暗記方法や復習方法などの指導もあるため、余計なことを考えずに勉強することだけに集中できます。

映像授業

マナビズムでは、映像授業も提供しています。

マナビズムのトップ講師が撮影した、難関私大合格のための授業を視聴可能です。

いつでも何度でも見返すことができるため、自分のペースで学習できます。

また、中学復習レベルの映像授業もあるため、基礎的な部分が固まっていない人も、安心して勉強できる点がポイントです。

大量の講座数が用意されているわけではありません。

最小限の講座数に抑えられていることから、無駄な映像授業がなく、どれも志望校に合格するために役立つものとなっています。

志望校受験から逆算した勉強計画

マナビズムでは、志望校受験から逆算した勉強計画をたてることが可能です。

大学別に、そして一人ひとりの現状にあわせて計画が用意されるため、自分に合ったカリキュラムで学習できます。

塾で設定された無駄なカリキュラムを受けないことから、効率よく学習可能です。

志望校合格に向けて、着実に一歩ずつ進んでいけるような受験対策ができます。

リーズニングゼミ

マナビズムにはリーズニングゼミという指導方法があります。

塾の授業を受けたり、参考書で自習したりしても、受けっぱなしになることや、分かったつもりになることもあるでしょう。

その状態で学習を進めても、問題の解き方が分からずに詰まりやすく、考え方自体を身に付けることもできません。

リーズニングゼミでは、分かったつもりをなくして完全に理解できるようにするため、理解度を正確に把握して指導をおこないます。

生徒ができるようになるまで、暗記と演習を指導するため、応用問題にも対応しやすくなるでしょう。

効率よく、そして問題の解き方・考え方をしっかり理解して勉強できれば、関関同立への再チャレンジの結果が自然とついてきます。

塾選びで迷っている人は、一度マナビズムの無料相談をご活用ください。

浪人してもう一度チャレンジしたいというあなたの気持ちに寄り添い、適切に学習を進められるようにご提案いたします。

マナビズムの無料受験相談はこちら

関関同立に落ちた人のよくある質問

関関同立に落ちた人のよくある質問

関関同立に落ちた人のよくある質問をまとめました。気になる点を解消して、再チャレンジできるように準備を整えておきましょう

立命館大学のC判定は絶対落ちるの?

「立命館大学C判定」となった場合でも、必ず落ちるということではありません

その後の努力と学習の仕方次第で、合格に近づけることが可能です。

以下、一般的な判定の基準です。

A判定 合格可能性80%以上
B判定 合格可能性60%以上80%未満
C判定 合格可能性40%以上60%未満
D判定 合格可能性20%以上40%未満
E判定 合格可能性20%未満

C判定というと、合格の可能性が40~60%と低く感じられるかもしれません。

しかし、受験に「絶対」はなく、当日の体調や緊張感、雰囲気などによっても受験へのパフォーマンスに違いがでることがあります。

必ず落ちるということではないため、C判定であっても過度に肩を落とす必要はないといえるでしょう。

大切なことは、模試の判定を受けて、その後どのように勉強をするのかという点です。

龍谷大学に落ちて立命館大学に合格することは可能なの?

龍谷大学に落ちて立命館大学に合格することは、不可能ではありません

かといって現実的ともいえませんが、ネット上には同志社大学や龍谷大学に落ちて立命館大学に合格した人も複数名います。

「絶対に無理」と決めつけて勉強をしても、受験勉強が思うように進まず目標が定まらないまま終わってしまうことも。

目標を設定し、目標に向かって進学塾の浪人生向けのコースでじっくり学習していくことで、合格を目指すことができます。

龍谷大学のC判定で関関同立を目指すことは無謀なの?

龍谷大学がC判定の状態で、関関同立を目指すことについては、少し厳しいというところが実情です。

以下は、龍谷大学と関関同立の偏差値を比較したものです。

龍谷大学 40.0~57.5
関西大学 50.0~65.0
関西学院大学 47.5~67.5
同志社大学 55.0~65.0
立命館大学 50.0~65.0

参考:パスナビ

龍谷大学は、57.5の偏差値が最大ですが、関関同立はすべて65を超える偏差値となっています。

関関同立の判定がCであれば別ですが、龍谷大学の判定がCで関関同立を目指すとなると、より効率よく、そして短期間でグッと偏差値があげられるような取り組みが必要といえるでしょう。

もちろん可能性はゼロではありませんので、自分がやりたいことや行きたい大学をよく考えて検討してみてください。

まとめ

関関同立に落ちてしまい、「この先どうすればいいのか分からない」「恥ずかしい」「絶望しかない」という人に、その後の選択肢や浪人生として再チャレンジすることについて紹介しました。

それぞれの大学の浪人生の割合は30%前後と高くなっていることから、浪人をして入学する価値がある大学群だということが分かります。

浪人することで、自分がやりたいことや行きたい大学をもう一度考え直すことができますし、仮面浪人ではない状態で受験勉強をすることで、無駄な費用も抑えることができます。

自分に合った選択ができるように、自分の考えや志望校と向き合う時間を設けて、今後の進路を決めていきましょう

関関同立とは?意味や偏差値・序列など知っておきたい特徴を一気にまとめてみた

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    お問合せ内容必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    123456789
    123456789
    123456789
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認のうえ、同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中