関関同立のスポーツ推薦は難しい?条件や求められる学力など総まとめ

更新日: (公開日: COLUMN

「勉強は苦手だから、スポーツで入れる大学を探している」

「関関同立のような難関大学に、得意なスポーツで入学できたらいいな」

上記のように考えてスポーツ推薦を検討している場合には、この記事で紹介している出願条件や割合などを把握しておくことをおすすめします

スポーツ推薦(公募推薦)で入学している人がどのくらいいるのかという点も知っておくと、のちのち自分の志望校を選ぶ際にも比較しやすくなるため役立ちます。

関関同立のスポーツ推薦を検討している人が後悔しない選択ができるよう、このページを参考にしてみてください。

スポーツ推薦とは?

スポーツ推薦とは?

スポーツ推薦は「公募推薦」の種類の1つです。

高校生の間に主にスポーツにおいて実績を残した人が、推薦状をもらって進学できる推薦のことを指します。

「スポーツで推薦してもらえるなんてラッキー」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、推薦で大学に入ったあとのことも考えておかなくては、勉強自体についていけずに途中で挫折してしまう可能性があります。

もし、単位が取れずに中退したり、推薦を受けて所属することになった部活を辞めてしまったりした場合には、翌年から卒業した母校の推薦枠が縮小される可能性も。

スポーツによる推薦にはメリットだけでなくデメリットもあることを理解しておかなくてはなりません。

公募推薦の2つの種類

公募推薦には、以下の2つの種類があります。

  • 一般公募
  • 特別公募

スポーツでの推薦は、後者の「特別公募」にあたります。

どのような違いがあるのか、表で確認してみましょう。

一般公募 特別公募
受験で判断される項目 高校の成績 文化活動や地域の活動、スポーツなどの取り組み
推薦方法 学校から推薦してもらう 学校もしくは自己推薦

スポーツ推薦は、部活動での成績が重視されるというように考えると分かりやすいです。

また、ただ単に部活動に所属していたというだけでなく、

  • 主将を務めた
  • 全国大会で上位の成績をおさめた
  • 大学入学後も同じ競技を続ける など

といった条件があります。

競技で突出した能力を持ち、大学でも活躍することが求められやすいです。

スポーツ推薦でもある程度の学力が求められますが、成績を条件にしていない大学もあるため、探してみるとよいでしょう。

関関同立では、いずれも一定の学力が求められます

次は、具体的にどのような条件が求められるのか、関関同立のスポーツ推薦の出願条件についてまとめました。

【関関同立別】スポーツ推薦の有無と出願条件

【関関同立別】スポーツ推薦の有無と出願条件

関関同立にもスポーツによる推薦がある大学があります。

ただし「部活を毎日頑張っていました」というレベルでは推薦してもらうことはできません。

以下、具体的にどのような出願条件となっているのか見ていきましょう。

  • 関西大学の出願条件
  • 関西学院大学の出願条件
  • 同志社大学の出願条件
  • 立命館大学の出願条件

関西大学の出願条件

関西大学では、スポーツ推薦としての募集はありません。

別途、SF入試(スポーツフロンティア入学試験)というものが用意されています。

具体的には、以下のようなスポーツに関する実績が必要です。

名称 スポーツ実績の条件
スポーツフロンティア入学試験 ・〇位以内の成績を収めたもの
といった条件が学部ごとに定められている
※例
・都道府県大会で4位以内
・全国大会8位以内 など

参考:関西大学入試ガイド2022

部活で取り組んでいたスポーツにおいて、大会で特定の順位に達しているかどうかという点が基準になっています。

日本代表や強化選手になっていたり、全国大会に出ていたりする必要があります。

募集人数は学部によって異なり、9月入試では3~30人と幅広く募集がありますが、12月入試では若干名と人数が収縮してしまうため、準備は早めがよいでしょう。

関西学院大学の出願条件

関西学院大学でも、スポーツ推薦としての募集はありません。

ただし、「スポーツ能力に優れた者を対象とした入学試験」という名称で実施されているスポーツ関連の入試があります。

具体的な条件は以下のとおりです。

 

名称 スポーツ実績の条件
スポーツ能力に優れた者を対象とした入学試験 ・都道府県選抜チーム(代表)に選ばれた者
・近畿大会、九州大会、北信越大会などの大会に出場した者
・都道府県レベルの大会においてベスト8以上の選手
などの条件が定められている

参考:関西学院大学2022年度 入学試験要項

競技基準としての上記のような条件が設けられており、その他、英語資格・検定試験(4技能)の正規スコアを提出なども含まれています。

例年の志願倍率は1.0~2.5程度です。

それぞれの学部で異なるため、事前にホームページで確認しておくようにしましょう。

同志社大学の出願条件

同志社大学には公募推薦があり、学部ごとに条件が指定されています。

例えば、社会学部のスポーツ推薦入試では、全国大会の試合に実際に出場したり、日本代表選手に選ばれたりといった実績が求められます。

名称 スポーツ実績の条件
公募推薦 ・全国大会出場やそれに準ずる大会の試合に出場した者
・オリンピック、世界選手権大会、およびそれらに準ずる大会の試合に出場した者など
の条件が定められている

参考:同志社大学2022年度 社会学部自己推薦(スポーツ)入学試験要項

同志社大学は社会学部でスポーツ推薦入試が行われていますが、募集人数はそれぞれの学科で3~5名と少なくなっています。

同志社大学は、スポーツ活動と学びに対しての高い意欲や「思考力・判断力・表現力」の評価に重点を置いている大学です。

小論文や口頭試問も実施されており、書類審査とあわせての総合判断が行われます。

立命館大学の出願条件

立命館大学は、「スポーツ能力に優れた者の特別選抜入学試験」として実施されています。

競技成績の条件については、以下のとおりです。

名称 スポーツ実績の条件
スポーツ能力に優れた者の特別選抜入学試験 都道府県選抜チームに選ばれた、全国大会に出場したなどの条件が定められている

参考:立命館大学2022 年度(総合型選抜)スポーツ能力に優れた者の特別選抜入学試験

スポーツの条件としては、都道府県選抜チームや全国大会出場など。

選考方法は2段階になっており、一次選考は書類選考、二次選考は小論文および個人面接・口頭試問が行われます。

当然ながら二次選考には一次選考を通過しなくてはなりませんので、まずは書類選考で合格できるよう、高校時代の競技成績をしっかりと記載しましょう。

関関同立のスポーツ推薦って簡単?学力も必要になるの?

関関同立のスポーツ推薦って簡単?学力も必要になるの?

スポーツ推薦に出願する際は、全国大会出場のようにスポーツに関する条件は多々ありますが、関関同立のスポーツを使っての推薦は簡単なのでしょうか。

実はスポーツの条件だけでなく、一定の学力も求められます。

加えて、スポーツの実力も高くなければ出願すら叶いません。

簡単だと思わず、自分の競技実績や成績としっかり向き合い考える必要があるのです。

以下の項目に分けて解説します。

  • スポーツ推薦の出願資格を満たすことは容易ではない
  • スポーツの実績だけで出願できる大学は少ない
  • スポーツ推薦でも落ちることはある

それぞれ詳しい内容を確認していきましょう。

スポーツ推薦の出願資格を満たすことは容易ではない

スポーツ推薦は、スポーツが少し得意だからといって簡単に利用できるものではありません

スポーツ推薦で求められるレベルは、全国大会出場以上相当の実績であるため、簡単だとは思わないほうがよいでしょう。

特に、関西大学や関西学院大学の場合、具体的に何位の成績を納めたのかという条件も決まっています。

部活を熱心にやってきた人で、競技成績も伴っている人が受験できるものだということを覚えておきましょう。

スポーツの実績だけで出願できる大学は少ない

イメージとして、「競技ができれば勉強が苦手でも大丈夫」という考えの人もいるかもしれません。

しかし、スポーツ推薦では学力についての条件も設けられている点に注意が必要です。

 

大学 条件
関西大学 法学部は評定3.6以上、それ以外の全学部は評定3.4以上
関西学院大学 全体の学習成績の状況が3.3~3.8以上
同志社大学 入学時より第3学年第1学期末(卒業者については高等学校第3学年第3学期末)までの全体の学習成績の状況が3.0以上の者
立命館大学 5段階評価で3.2~3.5以上

例えば、関西大学で言えば、法学部は評定3.6以上、それ以外の全学部は評定3.4以上が求められます。

それぞれの大学で学習面での条件が設けられている中、一番基準が低くなっている大学が同志社大学です。

ただし、募集人数はそれぞれの学科で3~5名と少ないことから、簡単に通過できるということではないため注意しましょう。

スポーツ推薦でも落ちることはある

「スポーツでの推薦=通りやすい」というイメージがある人もいると思いますが、入試で落ちることは当然ながらあり得ます。

ただ、口約束で事前に決まっているというケースも多く、実際には落ちてしまうことは少ないです。

面接でよほど失礼な態度をとったり、関関同立ではなく別の大学に行くかもしれないとほのめかしたりすることがあれば、不合格となることもあります。

書類選考でいくら優秀であっても、面接で不合格にならぬよう面接の対策もおこなっておきましょう。

関関同立のスポーツ推薦が気になる人のよくある質問

関関同立のスポーツ推薦が気になる人のよくある質問

関関同立のスポーツ推薦について調べている人が気になっている、よくある質問についてまとめました。

  • 関学のスポーツ推薦の倍率はどれくらい?
  • 関西学院大学のスポーツ推薦では学費はどれくらいになる?
  • 関関同立の指定校推薦について知りたい!
  • 関関同立の公募推薦の評定はどのくらい?

疑問点を解消して、スッキリとした状態でスポーツ推薦を受けられるように準備していきましょう。

関学のスポーツ推薦の倍率はどのくらい?

2020年の関学のスポーツにおける推薦の倍率は、以下のとおりです。

文系と理系で分けて、倍率だけ見ていきましょう。

文系
神学部 1.0
社会学部 1.2
法学部 1.1
経済学部 1.0
商学部 1.2
国際学部 1.1
教育学部 1.2
総合政策学部 0.6
理系
人間福祉学部 1.3
理工学部 1.0

参考:【2021年度スポーツ能力に優れた者を対象とした入学試験結果】|関西学院大学

大体の人が合格できる倍率になっています。

倍率があまり高くないと感じる背景には、事前にある程度入学する生徒が決められているという点が関係していると言えるでしょう。

高校の部活の顧問から「〇〇大学のスポーツ推薦を受けてみないか?」と言われる時点で、ある程度の話がついていることが多いです。

関西学院大学のスポーツ推薦では学費はどのくらいになる?

関西学院大学のスポーツ推薦では、学費は以下のようになります

※以下は神学部の場合です

入学検定料 35,000円
初年度納入金額 1,136,000円
入学時最小限納入金額 677,000円
入学金 728,000円
施設費 182,000円
諸会費 26,000円

参考:2021年度入学生対象 大学の検定料・学費

年額30万円や、年間学費相当額を限度とする、スポーツ推薦で入学した人が使える奨学金が用意されています。

複数種類あり、スポーツ推薦の場合に利用できるものといった条件が決まっているため、公式ホームページで確認してみてください。

関関同立の指定校推薦について知りたい!

指定校推薦は、それぞれの大学と高校との間にある信頼関係で成り立っている入試方式です。

関関同立にも指定校推薦があり、専願のみで受験することが可能です。

関関同立では、志望理由書と面接、小論文によって試験を行っていますが、指定校推薦ではほぼ100%合格することができます。

一番コスパのよい関関同立へのルートだと言えるでしょう。

関関同立の指定校推薦枠を狙いたい人は、出願する時期や日程、指定校推薦枠の条件や基準を理解しておく必要があります。

詳細は以下のページで説明していますので、指定校推薦が気になる人はチェックしてみてくださいね。

関関同立の公募推薦の評定はどのくらい?

関関同立の公募推薦の評定が気になる、という人もいると思います。

関関同立の公募推薦の評定は、関西大学商学部公募制推薦入学試験 入学試験要項によれば、評定平均値4.0以上です。

また、同志社大学英文学科の出願資格は評定平均4.0以上、英語の評定平均は4.1以上となっており、こちらも高めになっています。

スポーツ推薦で求められる評定よりも高い数値となっているため、同じ公募推薦だからといって評定の確認を怠らないようにしましょう。

関関同立の公募推薦については、評定も含めて以下のページで詳しく説明しています。

気になる人は、ぜひ確認してみてください。

学力を上げたいと思ったら「マナビズム」

マナビズム

関関同立のスポーツ推薦について、条件や評定などを紹介しました。

具体的にどのようなことが求められているのかを知り「スポーツ推薦を受けようと思っていたけれど、やっぱりやめて一般で受けよう」と思った人もいると思います。

関関同立に一般入試で合格するための対策を行うなら、関関同立に強い「マナビズム」がおすすめです。

学力をあげてスポーツを使った推薦に臨みたいという人はもちろん、一から勉強して一般入試で入学したい人まで、マナビズムなら志望校別に受験対策を行うことができます。

勉強があまり得意ではないという人に対しても、自習の仕方や勉強方法、スケジュールまで徹底サポートするため、勉強の仕方で迷ってしまうこともありません

授業を受けっぱなしにならないよう、分かるまで指導が受けられる環境があるため、安心して学ぶことが可能です。

関関同立への合格を目指している人は、ぜひ一度マナビズムにご相談ください。

マナビズムの『無料体験授業』関関同立・MARCH・難関私大を目指しているならマナビズムの『無料体験授業』がおすすめ!

・合格するためのマル秘合格戦略
・受験に成功・失敗する受験生の違い
・成績が上がる参考書の上手な使い方
・継続できるモチベーションアップ術
・部活と勉強を両立できる勉強術

『何をやれば受かるのか?』志望校合格までのはっきりとした道筋が見えるようになります。

マナビズムの無料体験授業はここが違う!

・気軽な相談だけでもOK!
・無理な勧誘一切なし!
・無料でプロのコンサルが受けられる!

まずは、気軽にお問い合わせください!

無料体験授業のお問い合わせはこちら

まとめ

今回は、関関同立のスポーツ推薦について、条件や評定、倍率を紹介しました。

「推薦は楽なイメージがある」という人もいますが、実際には人並みならぬ努力をして全国大会やそれに準ずる大会に出場したり、競技成績をきちんと残したりしている人が受験できる入試です。

ある程度の学力も求められますが、将来アスリートになりたい人や、スポーツから離れずに大学にも通いたい人は、スポーツ推薦を検討してみてください。

理想的な大学生活を送るためにも、早めに準備を始めておきましょう。

関関同立とは?意味や偏差値・序列など知っておきたい特徴を一気にまとめてみた

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    お問合せ内容必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    123456789
    123456789
    123456789
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認のうえ、同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中