【青山学院大学の英語】入試傾向・対策・勉強法・合格法

AOYAMA-GAKUIN

「青山学院大学に合格したい!」「憧れのキャンパスで大学生活を送りたい!」そんな人のために、本記事では青山学院大学の全学部日程の英語の傾向と対策、勉強法について説明します。

青山学院大学は首都圏の難関大学群「MARCH」の「A」の部分を担っている大学です。

東京都渋谷区に主に文系学部から成る青山キャンパスを、神奈川県に主に理系から成る相模原キャンパスを構えています。

学部数は11で、学生数は約18000人(2019年5月1日時点)となっています。

偏差値としては55〜67.5と、学部、入試方式によって非常に幅が広く、就職率については95.6%(2018年度)となっています。

青山学院大学の偏差値・合格最低点の詳細についてはコチラ!

MARCHの偏差値・学部別ランキングについてはコチラ!

はじめに

「よっしゃ!青山学院大学の英語を攻略していくぞ!」と意気込むその前に。

実は、青山学院大学の英語とひとくくりに言っても、入試方式によって難易度や出題形式が変わってきます。

具体的には、全学部日程では文系・理系を問わず全学部同じ問題が出題されますが、学部個別日程では、法学部で自由英作文が出題されるなど、学部ごとに難易度や形式に大きな違いがあります。

なので、青山学院大学の英語の対策では、各入試方式、各学部での違いを頭に入れて、それぞれ異なった勉強をしていく必要があります。
今回の記事では、全学部日程の英語について詳しく説明します。           

概要

  • 試験時間:80分
  • 配  点:150点満点
  • 目標点 :文系 130点 理系 120点
  • 問題数 :40問
  • 形  式:マーク形式
  • 構  成:大問5題

大問[1] 読解(内容説明・主題)
大問[2] 読解(空所補充)
大問[3] 文法・整序作文(語句整序)
大問[4] 文法(空所補充)
大問[5] 会話文(内容説明)

「青山学院大学の英語ってどんな問題?パパッと知りたい!」という人のために、簡単に概要を書きました。

大問5題、問題数40問に対して試験時間は80分と時間的にタイトな試験となっています。

目標点としては、文系130点、理系120点としました。

この理由は以下のの3点が挙げられます。

  1. 文系では英語の配点が高い学部・学科がほとんどであること
  2. 3科目合計の合格最低点が文系7.5〜8割、理系7〜7.5割であること
  3. 文系・理系の選択科目が、合格者平均点でさえそれぞれ6割前後となっていて、英語で十分に得点する必要があること

「英語の青山」と呼ばれるだけあって、難易度・分量共にハイレベルとなっていますが、目標点を取れるように勉強していきましょう。

傾向と対策

それでは、青山学院大学の全学部日程の英語について、大問ごとに傾向と対策を詳しく説明していきます。

傾向と対策を考える際に、「出題者はどのような意図で問題を作成しているのか」

すなわち、「受験生のどのような力を試したいと考えているのか」という点に注目して見ていきます。

大問[1]について

大問1では英文読解問題が出題されます。

分量としては1000語を超える長文が出題されており、様々なテーマから問題文が出題されています。

問題形式としては全ての小問が4択となっており、内容説明問題が中心です。

本文の内容についての説明を選ぶ内容説明問題について細分化すると

  • 指示語の内容
  • 筆者の主張
  • 因果関係
  • 語句

について説明させる問題が出題されています。

これらについては、本文の読解を的確に行い、内容を正確に理解することが大切です。

また、本文のタイトルとして適切なものを選ばせる問題が出題されることがあります。

この問題に対しては、本文全体を俯瞰して、冷静に論理の流れを見極める力が必要になります。

大問1を通して受験生が試されている力は、まとまった量の長文を素早く処理し、解答の根拠となる箇所を的確に探し当てる力です。

大問[2]について

大問2では英文読解問題が空所補充形式で出題されます。

分量としては500〜700語程度の長文が扱われています。

問題形式としては、空欄に当てはまる選択肢を4択の中から選ぶという方式になっています。

単なる語句に関する問題が出題されることもありますが、文法や論理の流れという側面から答えを導く問題が多いのが特徴です。

大問2を通して、長文の中で文法知識を活かせるか、論理展開を理解できているかが問われています。

大問[3]について

大問3では語句整序問題が10問出題されます。

難易度としては標準レベルであり、確実に点数を稼ぎたいポイントになります。

大問3は、英作文力の基礎となる文法事項がきちんと習得できているかを試す出題となっています。

大問[4]について

大問4では文法問題が空所補充形式で出題されます。

これまでの大問でも形を変え問われてきた文法の知識が、典型的な形式で問われておりレベルも標準的なので、落とすことはできない大問となっています。

この大問4は、文法事項の基礎を確認するための問題になっています。

大問[5]について

大問5では会話文を用いた内容説明問題が出題されています。

具体的に言うと、二人の会話文が示され、その会話文に関する内容説明を4択の中から選ぶと言う形式になっています。

一つの会話文に対して2問程度の小問が出題され、大問5の中で2〜3個の会話文が扱われています。

特徴的なのは、本文中に答えが直接書いていない小問が出題されることがある点です。

この場合は、登場人物の会話や状況から十分な根拠を持って推測することが必要になるので、他の問題よりも推察力が問われる大問となっています。

勉強法

ここまで青山学院大学の全学部日程の英語について、傾向と対策を、出題者の意図に着目して確認してきました。

では、いよいよ皆さんお待ちかねの勉強法について説明していきます。

青山学院大学に合格するためには、「土台づくり」→「大問別の対策」という流れで勉強を進めていく必要があります。

「土台づくりって何?」「最初から大問別の対策をしちゃダメなの?」こういった疑問に答えるため、一つ一つ丁寧に説明していきます。

土台づくりのオススメ参考書・勉強法

はい。というわけで、「土台づくりとは何なのか」ということについて説明します。

英語の文章を読むにあたって、欠かす事ができない「語彙」「文法」「英文解釈」この3つの要素を身につける事が「土台づくり」です。

語彙がわからなければ、英文はアルファベットの羅列になってしまいます。

文法がわからなければ、英文は英単語の羅列になってしまいます。

「じゃあ語彙と文法が土台なのか。この2つを頑張ろう!」と思う人、ちょっと待ってください。

文法の知識を覚えるだけでは英文を読むときに活かす事ができません。

文法の知識を使って英文を紐解いていく方法、それが「英文解釈」です。

なので、どんな形式の問題であれ、「語彙」「文法」「英文解釈」と言う基礎を用いて、あるいは思考の背景として解いていくことになります。

ではそれぞれどのように勉強すれば良いのでしょうか。

①語彙

語彙とは、主に「英単語」と「英熟語」という2つの要素から成ります。

語彙力をつけるためにオススメの参考書は「システム英単語」と「速読英熟語」です。


「システム英単語」の使い方についてはコチラ!

<特徴>
2、3語から成るミニマルフレーズを用いて、実際の英文の中で出る形で単語を覚える事ができる点が一番の特徴です。

この参考書を一冊覚えきる事で青山学院大学の全学部日程の英語に対応できるので、レベルの面でも最適な単語帳となっています。

<使用方法>

一度にたくさんの単語に触れるようにしましょう。

一日10語ずつ進むよりも、一週間に100語ずつを繰り返す方が単語に触れる回数が多く成るので効率的に暗記する事ができます。

見る、声に出す、書く、聞く、など様々なアプローチで取り組むことがオススメです。

<使用時期>
受験勉強開始〜入試本番まで

何度も繰り返していきましょう。

ペースとしては一週間に100語というのが1つの目安になります。

自分の状況に合わせて、夏休みが終わるまでに仕上げていることが理想的です。


「速読英熟語」の使い方についてはコチラ!

<特徴>

熟語の暗記と多読を同時に行える優れた熟語帳。それが速読英熟語です。

文章の中で生きた形で存在する英熟語を学べるので、混同しやすい英熟語も無理なく暗記していく事ができます。

<使用方法>
大まかにいうと、

  1. 見出し語と訳語に目を通す。
  2. 長文を繰り返し読む。

という方法で進めていきましょう。

この方法で英熟語を学ぶ事で、暗記×速読というこの参考書のメリットを一番活かす事ができます。

<使用時期>

春頃〜秋頃

長文を繰り返し読む。という勉強法になるので、単語と文法を学びはじめ、ある程度長文が読めるようになってからスタートするようにしましょう。

演習の際に熟語の知識を用いることが理想なので、秋頃までに熟語を押さえることが理想です。

②文法

文法の知識は、英文の構造を分析する上で欠かせません。

また、文法問題として単独で出題されることもあり、まさに英語の土台というべきものです。
文法を学ぶためのオススメ参考書は「Next Stage」です。


Next Stage ネクステージの使い方についてはコチラ!

<特徴>
典型的な文法問題とその解説がコンパクトにまとまっており、この一冊をやりきることで入試に必要な文法知識を網羅する事ができます。

<使用方法>

  1. 問題を解く。
  2. 解説を読む。
  3. 間違えた問題を繰り返す。

という流れで進めていきましょう。

「なぜその選択肢が答えなのか」「この問題から学べる文法事項は何か」ということを常に考え、単なる暗記にならないようにしましょう。

<使用時期>

受験勉強開始後〜入試本番まで

受験勉強開始後から夏休みが終わるまでは、文法事項のインプットとして何度も繰り返していきましょう。

夏休み後〜入試本番までは、文法問題でつまずいた時に戻ったり、模試の前などに振り返ったり、復習用として使うと良いです。

1週目にかける期間としては、2〜3ヶ月が目安となります。

③英文解釈

英文の構造を文法の知識を用いながら明らかにしていく、そんな大切な作業が英文解釈です。

英文解釈の方法を身につけることで、長文が読めるようになることはもちろん、長文読解にかかるスピードも格段に上がります。

英文解釈を学ぶなら、「基礎英文解釈の技術100」がオススメです。


「基礎英文解釈の技術100」の使い方についてはコチラ!

<特徴>
英文の構造を分析するための知識がすべて詰まっている点が、この参考書の特徴です。

SVOCもきちんと示されており、徐々にレベルアップしていくという構成なので無理なく入試本番レベルまで英文解釈力を上げる事ができます。

<使用方法>

  1. 例題を解く。
  2. 解説を見る。
  3. 演習問題を解く。

というステップを踏んでいきましょう。

英文解釈に関わる文法などの知識を身につけることも大事ですが、「なぜそのように解釈するのか」、という考え方の面に注目して勉強しましょう。

<使用時期>

5月頃〜夏休みが終わるまで

語彙と文法がある程度固まってからはじめましょう。

1周目にかかる期間は2〜3ヶ月程度が想定されます。

何回も繰り返して、この参考書の考え方を自分のものにしましょう。

この参考書の内容についていけないと感じたり、少しレベルを落としたところから始めたいと思う人は、「入門英文解釈70」から始めるようにしましょう。

大問別の対策・勉強法

「土台づくりが終わった!」そんな人は、次のステップ、大問別の対策へと進みましょう。

大問1〜英文読解(内容説明型)〜

 

英語の長文問題を素早く解くためには演習量が必要です。

大問1で出題される長文は1000語を超えるものがほとんどなので、スピードを得るための演習をしていきましょう。

ここでは「英語長文ハイパートレーニングレベル2・3」をオススメします。


「英語長文ハイパートレーニング」の使い方についてはコチラ!

<特徴>
文構造の解説が詳しく、音声もついている点が特徴の参考書です。

レベル2、そしてレベル3とステップアップしていくことで、過去問演習へとスムーズに繋げることができます。

<使用方法>

  1. 問題演習をする。
  2. 答え合わせをする。
  3. 文構造の確認をする。
  4. 音読をする。

長文をスラスラ読むためには、④のステップが大切です。

<使用時期>
11月〜12月

各レベルに12題の長文が収録されているので、1日1題のペースで、2冊を約1〜2ヶ月で終わらせることが1つの目安となります。

大問2〜英文読解(空所補充型)〜

大問2では、論理の流れを読み取る必要があります。
なので、論理展開に注目した読み方を学べる「パラグラフリーディングのストラテジー①」を使いましょう。


「パラグラフリーディングのストラテジー①読み方・解き方編」の使い方についてはコチラ!

<特徴>
ディスコースマーカー、論理展開などについて詳しく解説されている参考書です。

「論理の流れ」とは何かを学べ、英語長文の全体像を理解することが可能になります。

<使用方法>
最初からどんどん進めていきましょう。

読んでいく中で、自分の知らない論理マーカーなどがあればその都度チェックするようにしましょう。

<使用時期>

夏休み後〜10月

問題演習に入る前に使うことでより効果的になります。

期間としては1〜2ヶ月を目処に進めていきましょう。

大問3〜語句整序〜

語句整序問題も、解き方を知れば何も怖くありません。

文法、語法の知識を組み合わせて解く、その考え方を身につけましょう。

オススメの参考書は、「英語整序問題600」です。


「英語整序問題精選600」

<特徴>
整序問題だけに絞った問題集で、効率よく勉強することができます。

また、単元・レベルごとに分けられているので、「どの観点に注目して解くべきか」ということを学べる。

<使用方法>
まずは易しいレベルから、徐々にレベルを上げていきましょう。

自分の苦手な単元に絞って勉強しても構いません。

<使用時期>

文法の復習にもなるので、文法を一通り学習し終えた夏休み以降に始めましょう。

1〜2ヶ月程度でサクッと終わらせるようにしましょう。

大問4〜文法問題〜

「Next Stageを完成させたから文法はもう大丈夫!」と安心してしまう人がいます。

実は、Next Stageでは単元ごとに問題が並んでいるため、ランダムに出題される入試本番には、Next Stageだけでは対応できないのです。

こんなときこそ、「英文法ファイナル問題集」の出番です。


英文法ファイナル問題集標準編の使い方についてはコチラ!

<特徴>
文法問題がランダムに並んでいるため、入試前の最後のチェックとして最適な参考書です。

自分の知識に抜けがないか確認することができ、効率よく復習を行うことができます。

<使用方法>

  1. 問題を解く。
  2. 解説を読む。
  3. 間違えた場合、Next Stageで復習する。

<使用時期>

11月〜12月

年末の1ヶ月で一気に終わらせるようにしましょう。

最後の文法チェックを年末までに済ませて、年明けからは過去問だけに専念するという流れがオススメです。

大問5〜会話文〜

会話文の読解のためには、会話文ならではの表現に慣れる必要があります。

「でも、どうやって勉強すればいいの?」という人には「会話問題のストラテジー」がオススメです。


「会話問題のストラテジー」の使い方についてはコチラ!

<特徴>

会話文の定型表現が豊富に取り上げられているだけではなく、練習問題も充実しています。

<使用方法>

定型表現は繰り返して覚えるのがオススメです。

本文中から推測させる問題への対策として、会話文の状況を常にイメージしながら学習していきましょう。

<使用時期>

11月〜12月

過去問演習に入る前に始めると良いです。

まとめ

1年間の勉強のスケジュールを表にすると、上記のようになります。

まずは、「語彙」「文法」「英文解釈」の三本柱から確実に力にしていきましょう。

それが終わり次第、各大問ごとの対策へと移っていきましょう。

英語の勉強においては、正しい勉強法で順番を守って進めれば確実に力を伸ばすことができます。

青山学院大学の全学部日程の英語は、難易度が高いですが、傾向と対策を頭に入れて勉強していきましょう。

合格するために重要なことは志望校の特徴にあった勉強を迷いなくすることです!

マナビズムでは、自学自習で「何を勉強すればいいのか」「どうやって勉強すればいいのか」を教える「無料受験相談」を実施しています。

「青山学院大学に受かるために何からすればいいか不安!」「受験勉強を始めてみたものの成績が伸びずに不安!」といった人は、ぜひ無料受験相談をお申し込み下さい。

RELATED関連する記事

無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
学年
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
希望校舎
必須
お問合せ内容
必須
ご住所
必須
郵便番号
都道府県
市区町村
それ以降
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中