【政治・経済編】立教大学の入試対策・オススメ参考書

更新日: (公開日: RIKKYO

はじめに

本記事では【立教大学の政治経済】入試傾向、対策、勉強法について紹介します!
本記事では、

  • 立教大学の政治経済の難易度は?
  • 立教大学の政治経済の頻出項目は?
  • どういった勉強すればいいの?
  • どんな参考書を使用すればいいの?

など政治経済を勉強する受験生、立教大学を受験する受験生は是非参考にしてください!
まず立教大学の概要を紹介します!立教大学はMARCHの「R」の部分を成す関東の難関私大です。
また立教大学の偏差値は約55〜65となっています。
【立教大学】偏差値ランキングはコチラ!

立教大学の政治経済の概要

・試験時間:60分
・配点  :100点
・目標点 :75点
・出題形式:マーク式+記述式
・問題構成:大問2題

立教大学の政治経済は文学部と異文化コミュニケーション学部以外の全学部日程だけの出題となっているため注意が必要です。
以上が立教大学の政治経済の概要となっています。

入試対策・出題傾向

それでは立教大学の政治経済の入試傾向と対策についてより詳しく紹介していきます。

全学部日程

・配点:100点
・問題数:大問2題

目標得点率 総合難易度 語句難易度 正誤難易度 その他 記述式問題 正誤問題 語句問題 その他
全学部 75% ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆

×:1割未満 △:1〜3割 ◯:3〜5割 ◎:5割以上
※その他は計算・グラフ問題

<出題傾向>
立教大学の政治経済の出題傾向は例年政治分野と経済分野が1題ずつ出題される傾向にあったが、2019年度は経済分野から2題の出題があったため注意が必要です。

出題される問題レベルは、標準からやや発展レベルの問題が出題される傾向にあります。大問が2題ということもあり、細かい知識が要求されます。特に経済分野の問題は時事問題などの発展的な知識が問われる場合があります。

<対策>
法律は制定年とセットで暗記!その他、数値表現も必ず覚える!
立教大学の問題は「法律の制定年を選択肢から問う問題」や「並び替え問題」「年号をもとに法律名を選択肢から選ぶ問題」などが出題される傾向にあるため、法律と年号は必ずセットで覚えるようにしましょう!

似た語句の違いを説明できるように!
立教大学の問題では、「四大公害のうち亜硫酸ガスが原因の公害は何か」や「『経済発展の理論』を書いた人は誰か」などの受験生が迷いやすい語句に関する問題が出題される傾向にあります。そのため、人物を覚える際はその人が行った事などとセットで覚えるようにするなど一つの用語で様々な関連語句や違いなどを説明できるくらいまで覚えるようにしましょう!

2周目以降は問題演習を行い実践で使える知識にする!
当然のことではありますが、インプットが完璧でもアウトプット出来なければ得点につながりません。特に立教大学の政治経済は出題形式が複雑なためインプットが出来ていても答えにくい問題が多少あります。

それに対応していくために様々な形式の問題に慣れる必要があります。そのためにオススメな参考書として「実力をつける政治・経済80題」が挙げられます。本書は記述、論述、選択など様々な出題形式の問題が収録されており、解説も詳しい参考書なため、演習参考書として受験生にオススメな一冊です!

政治経済オススメ参考書


政経の点数が面白いほどとれる本」の使い方!
<特徴>
本書の特徴としては教科書よりわかりやすく、口語調で記載されているため政治経済入門者でも理解しやすいレイアウトになっています。また、主にセンター試験対策用となっていますが、私立対策でも十分使用できる参考書です。

<使用方法>
使用時期としては、入試初期から入試本番までとなっています。
使用方法としては、1講/週(1周目)のペースで使用していきましょう。使用する際はただ用語覚えるだけでなく、用語の因果関係なども理解していくようにしましょう。

NEW COM.-PASS ノート政治・経済(表紙)
「ニューコンパスノート政治・経済」
<特徴>
本書の特徴としては、政治経済の基礎知識を記述形式で演習できることです。問題数もあまり多くなく、レベルもそこまで高くないため、政治経済の演習参考書の初めの一冊としてオススメな問題集です。

<使用方法>
使用時期としては、入試初期から入試中期までとなっています。
使用方法としては、インプット系の参考書を2周以降行ってから使用するようにしましょう。目標習熟期間は2〜3ヶ月で完成させるようにしましょう。


「実力をつける政治・経済80題」
<特徴>
実力をつける政治・経済80題の特徴は様々な形式の問題が収録されており、解説も詳しい問題集です。

<使用方法>
使用時期としては、入試中期から入試本番となっています。
使用方法としては、「ニューコンパスノート政治経済」修了後に使用し始めてください。基本的にはインプットした範囲を本書でアウトプットしましょう。
そして間違えた問題は必ずチェックを入れ、インプット参考書に戻り、次に解く際は必ず解ける状態にしておきましょう。

まとめ

本記事では立教大学の政治経済の傾向と対策、勉強法について紹介してきました!
立教大学の政治経済は問題レベルもやや高く様々な形式の問題が出題される傾向にあります。そのため、各対策をしっかり行い、細かい知識まで覚え、過去問を徹底的に演習しましょう。以上

【立教大学の政治経済】入試傾向、対策、勉強法になります!是非、参考にして立教大学の合格を勝ち取りましょう!
関連:【立教大学の英語】入試対策・オススメ参考書

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    お問合せ内容必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    12345678910
    12345678910
    12345678910
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認の上、
    同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中