【化学編】青山学院大学の入試対策・オススメ参考書

更新日: (公開日: AOYAMA-GAKUIN

はじめに

本記事では青山学院大学の化学の傾向と対策、合格するための勉強法について紹介します。青山学院大学は東京都渋谷区渋谷に本部を置く日本の私立大学です。キャンパスは青山キャンパス (東京都渋谷区渋谷)、相模原キャンパス(神奈川県相模原市中央区淵野辺)の2つで、16学部25学科が設置されており、2万人近くの学生が学ぶマンモス校となっています。

首都圏の主な難関私立大学を指すMARCHの『A』の部分を占めている大学です。偏差値としては55.0~67.5で、就職・進路決定率は92.8%(2018年度)となっています。
青山学院大学の入試の中で化学を採用している学部は理工学部の一部の入試方式のみです。過去問演習の際はさまざまな古い年度のものも使用し、演習慣れをすることをオススメします。

入試形式

  • 試験時間:80分
  • 配  点:100,150,200点(入試形式による)
  • 目標点 :7割
  • 問題数 :約30問(空欄数)
  • 形  式:マークシート方式、記述式
  • 構  成:大問3題

入試傾向と対策 

それではこれから青山学院大学の化学の傾向と対策について紹介していきます。解答形式については全てマークシート方式と記述式の併用で変わりないものの、出題される分野や範囲が大問ごとに固定されているわけではないため、傾向に沿って具体的な対策を説明していきます。まずは、青山学院大学化学にみられる大きな3つの特徴は以下のようになっています。

①あらゆる分野からまんべんなく出題される
②化学反応式や構造式を書かせる問題が出題される
③芳香族については毎年出題されている
それでは、1つずつ詳しく説明していきます。

①あらゆる分野からまんべんなく出題される
青山学院大学の化学の特徴として、特定の分野に偏ることなくあらゆる分野からまんべんなく出題されることが挙げられます。問題レベルとしては標準レベルまでのものが多くなっているため、焦らず確実に基礎を固めていくようにしましょう。そのために使う参考書としてここでは「橋爪のゼロから劇的!に分かる」シリーズをおすすめします。


<特徴>
この参考書は、学校の教科書レベルの知識の理解をより正確にしていくためのものです。
化学をこれから初めて勉強する人や化学に苦手意識をもっている人、試験で点が伸び悩んでいる人に最適のシリーズです。予備校の超人気講師の橋爪健作先生が、まるで授業と同じように、ゼロからていねいに説明しているため無理なく学習でき、基礎力がしっかり身につきます。2冊共に取り組むことで、全範囲を網羅することができます。

しかし、これは問題集ではなくあくまでも解説書・参考書であるため演習のためには別の問題集を使用するようにしましょう。

<使用時期>
化学初学者や化学に苦手意識を持っている人は、受験勉強開始と同時にこの参考書に取り組み始めましょう。具体的な使用時期として、2月に無機・有機化学、3月に理論化学に取り組むことが望ましいです。

②化学反応式や構造式を書かせる問題が出題される
マークシート方式と記述式が併用されていることが大きな特徴ではありますが、さらに記述式解答問題の特徴として化学反応式や構造式を「書く」ことを求められる問題が出題されます。ここでは、自分で実際に手を動かして式を書く演習が大切になるため「全レベル問題集」シリーズに取り組み、演習を通して自分の弱点を発見したり今まで確実に理解できていなかったところを発見したりし、改善につなげるようにしましょう。


「全レベル問題集化学」
<特徴>
全レベル問題集という名の通り、シリーズ全体で教科書レベルの基礎~難関大学入試レベルまでをカバーした問題集シリーズとなっています。「化学基礎」と「化学」で学習する重要事項・考え方のポイントを,ステップアップしながら無理なく学習できるように作られています。また、理論・無機・有機化学が1冊の問題集にまとまっていることも大きな特徴の1つです。ここでは、「1.基礎レベル」と「2.共通テストレベル」をおすすめ参考書として提示しておきます。

<使用時期>
教科書や前出の「ゼロから劇的にわかる!」シリーズを一通り終え、インプットは済んだ状態でこの参考書に取り組み、アウトプットの機会となるようにしましょう。また、少しでも分からないところ、理解が不十分だと感じるところがある場合は教科書や参考書に戻り、理解の穴をそのままにしないことが重要です。具体的な使用時期としては、4月に1,基礎レベル、5月に2.共通テストレベルまでを終えておくことが理想的です。

これらの参考書を終えた後は、「化学頻出!スタンダード問題230選」に取り組み、入試基礎から標準へのレベルアップをはかりましょう。


「化学頻出!スタンダード問題230」
<特徴>
頻出かつ重要なテーマのみを厳選して作られた問題集です。各設問には小問題ごとに何度が表記されているため、自分がどこまで理解できているのかといった理解度チェックをすることができます。解説が丁寧であることも大きな特徴の1つです。

<使用時期>
教科書レベルの知識と演習を終えた6月から、入試基礎レベルを標準レベルに引き上げるために取り組みましょう。2カ月程度で1冊を完璧に仕上げることが理想的です。

③芳香族については毎年出題されている
青山学院大学の化学では、芳香族についての出題が毎年あります。この問題の難易度はさほど高くないものの、さまざまな知識を組み合わせる力が必要となります。その力を養成するためにおすすめの問題集が「重要問題集」です。


「化学重要問題集」
<特徴>
標準レベル~最難関レベルで構成された問題集です。A問題は入試で頻出で落としてはいけない問題、B問題には思考力が必要とされる問題が多いです。化学の教科書を土台とし、化学基礎と化学を一貫して、総合的に学習できるように構成されていることも大きな特徴の1つです。各項目は、「要項」「問題」の2つから構成され、さらに問題はレベルごとに「A」「B」の2段階に分類されています。解答編は、左段の解答・解説、右段の傍注(解答・解説の補足)で構成されているため非常に分かりやすくなっています。

<使用時期>
青山学院大学の化学に対応するためには、A問題を確実に押さえておくことで十分であるといえます。そのため8月~10月の3カ月をかけてA問題は完璧にするようにしましょう。その後、時間配分を意識した演習をするために「赤本」に取り組み、より入試本番を意識した勉強をしていきましょう。


「青山学院大学の赤本」
<特徴>
実際に青山学院大学理工学部の一般入試で出題された問題が3年分掲載されています。合格者の最低点などの入試情報が掲載されていることも大きな特徴の一つです。また青山学院大学の一般入試の場合、学部ごとに分かれて出版されているためより細かい情報を入手することができます。

<使用時期>
今までに紹介した参考書や問題集などで十分な演習を積み、11月ころから入試本番に向けて取り組みはじめるのが理想的ですが、まだ解法のパターンが身についていない・問題を見たときに即座に開放が浮かばない受験生は今までに使った参考書や教科書に戻って基本事項の理解に穴がないか確認するようにしましょう。

まとめ


※2月から受験勉強を始めた際の年間スケジュール
大問ごとの傾向と対策について紹介してきましたが、1年間の勉強の流れとしては上記の流れになります。

まず始めるべきは無機・有機・理論化学の基本的な知識や公式などのインプットです。いずれも1度で終わらせず、何度も復習するようにしましょう。その後、それぞれの演習系の参考書を用いて何度も繰り返し演習をすることで入試基礎学力および青山学院大学理工学部に対応できる応用力を養いましょう。そして、11月以降は赤本の演習に取り組める状態を作れるようにがんばりましょう。

また、先の参考書で疑問点などが生じた場合は解説を読んで「分かった気」にならず、前の講義系の参考書や教科書などに戻って基本知識の再理解をすることが大切です。そして、冬にかけて本番前まで青山学院大学の理工学部の赤本を用いて時間配分を意識し、より実践的な演習を積むようにしましょう。

ぜひ参考にして青山学院大学の理工学部数学の目標点である7割以上を取れるようにしましょう。

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    お問合せ内容必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    12345678910
    12345678910
    12345678910
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認の上、
    同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中