【中央大学志望者必見】中央大学にオススメの模試5選!

更新日: (公開日: COLUMN

模試は受験生なら一度は受けるものですが、種類も多く、どれを受けたらいいか迷ってしまいます。
今回は、中央大学志望の受験生に向けて、特におすすめの模試を5つご紹介。模試の判定の受け止め方や、中央大学の科目ごとの入試対策についてもお伝えします。

模試の判定からみる時期別合格ライン

模試の判定は、A〜Eの5段階評価。
それぞれの合格可能性は、以下のようになっています。

  • A判定:合格可能性が80%以上
  • B判定:合格可能性が60%
  • C判定:合格可能性が50%
  • D判定:合格可能性が30%
  • E判定:合格可能性が20%以下

良い判定が出るのが一番ですが、もちろん模試の判定=本番の結果ではありません。早い時期に良い判定が出たからといって、気を抜いて残念な結果になることもあり得ます。

また、科目間のバランスが悪いのであれば、苦手科目・分野を補っていかなければいけません。
逆に、春頃にC〜Eの悪い結果だったとしても、夏以降に成績を伸ばして合格できる可能性は十分あります。夏時点では、模試で5割以上取れていれば合格可能性はあると考えて良いでしょう。

中央大学にオススメの模試5選!

それでは、中央大学を目指す生徒におすすめの模試と、その概要についてお伝えしていきます。

全統記述模試

・主催:河合塾
・日程:10月25日(日)※2020年度は終了済
・受験料:6,000円
・試験科目:英・国・数・理・地/歴/公
・会場:自宅(2020年度のみ。他年度は公開会場)

「全統記述模試」は全問が記述・論述式なので、記述式解答が多い中央大学の出題形式に比較的あった模試です。

全国で約30万人が受験し、極端に偏差値が低い人・高い人が少ないので、自分の実力を正確に図りやすいことも特徴です。年間3回実施され、後の回ほど難易度が高くなるため、3回とも受けるのもおすすめです。

大学入学共通テスト入試プレ

・主催:代々木ゼミナール
・日程:11月15日(日)
・受験料:6,700円
・試験科目:英・国・数・理・地/歴/公
・会場:代々木ゼミナール 札幌校・本部校・新潟校・名古屋校・福岡校、Y-SAPIX 仙台広瀬通校・大船校、駿台予備学校 お茶の水校1号館・3号館

「大学入学共通テスト入試プレ」は、共通テストを意識した全問マーク式の模試です。
合格判定は志望学部・学科の実際の配点に合わせた換算得点で行われるため、精度の高い結果が得られることがポイントです。共通テスト利用で、中央大学はじめいくつかの大学の受験を考えている方におすすめです。

駿台全国模試

・主催:駿台予備校
・日程:10月11日(日)※2020年度は終了済
・受験料:5,900円
・試験科目:英・数・国・理・地歴・公
・会場:駿台主要校舎(全国25校)

「駿台全国模試」は、受験者数が非常に多いことが特徴。
中央大学に特化した模試ではありませんが、全国の受験生の中での自分の立ち位置を確認するにはうってつけの模試です。

志望校を中央大学のみに絞りきらず、幅広い大学・学部を視野に入れている方におすすめです。

全国有名国公私大模試

・主催:東進ハイスクール
・日程:11月23日(月)
・受験料:5,830円
・試験科目:英・国・数・理・地/歴/公
・会場:東進ハイスクール各校舎・東進衛星予備校各校舎・早稲田塾各校舎

「全国有名国公私大模試」は、MARCHをはじめ関関同立や日東駒専、産近甲龍など難関私立大学と、その併願校を意識した模試です。年5回実施されるので、段階的に成績の伸び方や合格可能性を確認していくことができます。

また、受験者の学力レベルがある程度統一されてるので、判定の精度が高いこともポイントです。

早大・慶大オープン

・主催:河合塾
・日程:10月25日(日)※2020年度は終了済
・受験料:6,800円
・試験科目:(文1)英・国・社・小論文 (文2)英/数・小論文 (理3)英・数・理科2科目 (理4)英・数・理科2科目・空間表現
・会場:自宅(2020年度のみ・他の年度は公開会場)

「早大・慶大オープン」は、河合塾が主催する早稲田大学・慶應大学に特化した模試です。
中央大学は対象には入っていませんが、早大・慶大と中央大学は法曹分野に力を入れていることから「早慶中」とまとめられることもあるので、特に法学部志望の方は受けておいても良いでしょう。

MARCHレベルよりも上を視野に入れている受験生におすすめです。

そもそも模試って受ける意味ある?

模試は実力の確認や本番の予行練習に活用できますが、受けること自体が重要だというわけではありません。ここでは、模試を受ける本当の意味や、結果の活かし方について解説していきます。

むやみに受ける必要はない

模試を受けるメリットは、大勢の受験生の中での自分の位置を知れることと、問題や試験の雰囲気に慣れることができること。しかし、問題形式が本番と違う模試では、判定にあまり意味はありません。

判定が悪いと、自信を失くしてモチベーションが下がる可能性もあります。
むやみに模試を受けても時間と受験料のロスになりますので、本番の形式に近い模試を厳選して受けるのが大切です。

模試の判定=本番の結果ではないので、結果自体に一喜一憂するのではなく、結果を利用してどのように成績を伸ばすかを考えていきましょう。

重要なのは欠点の分析

模試は、受けて結果を見て終わりにしないのが重要。
結果を分析して、苦手科目や、解けなかった問題、その原因など、自分に足りない部分を把握するようにしましょう。

模試の結果をしっかり分析することで、本番までの勉強計画を立て直して効率的に成績を伸ばすことができます。

合格可能性を測るなら過去問でもOK!

合格可能性を知りたいのであれば、模試ではなく過去問でチェックすることもできます。志望校・志望学部の過去問を解いて、何割取れたか、合格最低点を上回ったかを確認しましょう。

使用する過去問は、第一志望の大学・学部のものはもちろん、同じ大学の他学部や、同レベルの大学で似た傾向の学部のものが役立ちます。

【科目別】中央大学の受験対策

最後に、中央大学の科目別の受験対策についてお伝えします。

・英語:一言で言うと「知識重視」。語彙・文法・語法・構文の知識系問題が多く出題されるので、教科書レベルの知識をしっかりインプットしておくのが重要。

・国語:難易度は基礎〜標準レベル。現代文は選択式問題が中心だが、紛らわしい選択肢も出題されるので過去問や演習系の参考書で対策を。

・日本史:まず基礎語句と基本的な流れを覚えることが重要。記述問題では用語を正しく書けるかどうかが重要なので、問題集での演習がおすすめ。

・世界史:論述問題で、制度の内容や出来事が起こった経緯を説明させる出題が多い。一つ一つの用語だけではなく、歴史の流れ全体を覚えておくのが重要。

・政経:正誤や記述の問題がしっかり解けるか、書けるかが合否のポイント。教科書レベルの知識をベースに、一問一答形式の問題集で演習がおすすめ。

・数学:問題のレベルは標準的。法学部では証明問題、理工学部では数Ⅲの範囲が頻出など学部ごとに傾向が違うので、志望学部の過去問で対策を。

・化学:大問1は必ず小問集合が出題されるため、幅広い分野の知識が必要。芳香族に関する出題が頻出なので、重点的に対策して得意分野に。

中央大学の入試対策について詳しくは、「中央大学 入試傾向と受験対策」もご覧ください。

まとめ

中央大学の入試問題は、難易度は標準的。
ただし記述問題が多めなので、模試も記述式の出題を選んで受けるのがおすすめです。

マナビズムでは、受験勉強の進め方や成績の伸ばし方をアドバイスする「受験コンサル」を実施しています。勉強のことや、受ける模試の選び方で迷ったら、ぜひマナビズムにご相談ください。

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    お問合せ内容必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    123456789
    123456789
    123456789
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認のうえ、同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中