入門英語長文問題精講の効果的な使い方

ENGLISH

1.入門英語長文問題精講の概要と使用目的

入門英語長文問題精講
この参考書はセンターレベルの英文が題材として扱われているので、初めて長文問題集をやる人は抵抗なく取り組めるでしょう。
レベルは高校基礎~センターレベル・中堅私大です。
長文を解きながら、英文解釈をはじめから勉強する人でも使えます。
 
 
 

2.入門英語長文問題精講の具体的な内容

 
この問題集は、解答解説に長文の全訳とすべての英文にS・V・O・Cがしっかり振られていて、45個の重要な構文や文/語法のポイント解説がされています。
この問題集で長文の問題に慣れるのはもちろん、それと同時進行で英文解釈の勉強もできるのもいいところです。
長文問題が解けて、正解したらそれだけで終わらせてしまいがちですが、それは非常にもったいないです。
是非他の問題で聞かれていない英文もみて、ちゃんとその部分がわかっているのかどうかも確認してください。
 
 
 

3.入門英語長文問題精講の使い方

 

1.問題を解く。

→長文を読んで、いっていることがよくわからなかった英文にチェックを入れる。
 

2.解答解説を見る。

→問題の答え合わせと解説を読む。
その後、S・V・O・Cの解析や文/語法・語句の解説もよんで、わからない英文がなくなすようにしてください。
 

3.解けなかった問題の解き直しとわからなかった英文にS・V・O・Cを振る。

→出来なかったところが「なぜこれがこうなったのか」と解答の根拠がちゃんと答えられるかを確認してください。
 
演習問題編・実戦問題編合わせて25題すべてやってください。
1日1~2題のペースで速くできたら2週間以内に、ゆっくりやって3週間で完成します。
 
 

4.入門英語長文問題精講の注意点

 
英語が苦手な人はこの問題集に入る前にまず「英文読解入門基本はここだ!改訂版」や「大岩のいちばんはじめの英文法【英語長文編】」をやっておくのもいいでしょう。
これら二つの参考書は英語初心者向けで説明されているので、本書の橋渡しの役割になります。
英語が得意だ、という人でもこの参考書からやるのをお勧めします。
なぜなら、本来、長文を読むレベルが9割以上理解出来る題材を多く読むと長文を読むスピードが上がるからです。
また、簡単なものはサクサクとテンポよく進めやすいので、無理なく勉強できます。
中には、自分の行きたい大学が難関大だからと言って、いきなり難しいものからやる人も恐らくいるでしょう。
その心意気は素晴らしいのですが、自分のレベルに合っていなければ、勉強時間がかかる上に挫折しやすいのです。
なので、自分にとってこれカンタンやん、ってレベルから是非やって見てください。
 

RELATED関連する記事

無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
学年
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
希望校舎
必須
お問合せ内容
必須
ご住所
必須
郵便番号
都道府県
市区町村
それ以降
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中