関西大学総合情報学部合格!池田高校「【受験生が語る】受験で感じた2つの大事なこと」

更新日: (公開日: PASSED

プロフィール

名前:金子 健人
校舎名:豊中校舎
出身高校:池田高校
部活:アメリカンフットボール部
合格大学:関西大学 総合情報学部、摂南大学 法学部

合格者の声

マナビズムで受験生活を送ったうえでの感想について金子 健人さんに聞きました。

不安だったけど…

僕がマナビズムに入塾したのは高校2年生の3月でした。
塾探しにとても悩んでいたところを友達に誘われ、入塾しました。それまで全然勉強しておらず、高校1年生の時に通っていた塾は集団授業でついていくことができなかったため、とても不安でした。でも、マナビズムでは自習コンサルで自分専用の勉強計画を立ててもらえるので、各教科ごとに何から始めればよいのかが的確にわかるので、安心してスムーズに受験勉強に取り組むことができました。

受験で大事なことは…

僕が受験を通して大事だと感じたことは自分を信じるということです。勉強をすることはもちろんですが、自分に対する気持ちも大事です。過去問で思うように点数を取れず自信がなくなってきた時も、帰り道に友達と喋ってみんなも頑張っているから自分も頑張ろうと思えたり、自分の夏休みの頑張りを思い出すことで頑張れたり、コンサルや両親も僕のことを信じて応援し続けてくれました。なのに、僕が自分自身を信じなくてどうするんだと気持ちを切り替えて、くじけそうな時も自分を奮起して乗り越えることができました。

また、僕は全く勉強してこなかったため学校の成績も悪く、先生には名の知れた大学に受かることは厳しいと言われたり、関関同立を目指すと言うと周りの友達に馬鹿にされることもありました。しかし、このまま終わってたまるものかと思い、自分の可能性を信じて、その人達を見返してやろうという気持ちで最後までやり切りました。

入試本番には模試や普段の過去問演習とは全く違った緊張感があります。その緊張感に押し潰されないためにも、日頃から緊張感を持って問題を解く習慣をつけることが大事だと思います。

本番は…

僕が合格したのは初日でした。その日はとても緊張していました。でも、関西大学に応援に来てくれていたマナビズムのスタッフやコンサルの顔を見て、そして今井さんにハグをしてもらって緊張をほぐすことができました。
試験が始まる前には、この1年間の頑張りを思い出し、自分を褒めて、自信を持って問題を解くことができました。僕は最後の最後まで過去問の点数が出ておらず不安な気持ちもあったけれど、入試本番の気持ちでは誰にも負けていなかったと思います。

最後に

今回僕が無事合格することができたのは自分だけの力ではなく、支えてくれた両親やコンサルをはじめとする塾のスタッフの方々のおかげです。僕を最後まで信じて応援し続けてくれて、本当にありがとうございました。
合格という形で期待に応えることができて本当に良かったです。来年受験する皆さんにも自分を信じる気持ちを大事にして頑張って欲しいと思います。

金子建人くんの合格対談はコチラ!

関関同立専門塾マナビズム 豊中校舎 無料受験相談

    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    お問合せ内容必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    12345678910
    12345678910
    12345678910
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認の上、
    同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中