【関学志望者必見!】関西学院大学にオススメの模試3選!

更新日: (公開日: COLUMN

関西学院大学の入試問題は、日本史・世界史の難易度が高めに設定されていたり、理科で思考力を問う問題が出題されたりと、出題傾向にクセがあります。そのため、関西学院大学志望の方が模試を受けるなら、関西学院大学や関関同立の出題形式に沿った模試を厳選して受けるのがおすすめ。

今回は、関西学院大学志望の受験生におすすめの模試と、教科別の受験対策をお伝えします。

模試の判定からみる時期別合格ライン

模試の判定は、A〜Eの5段階評価。
それぞれの合格可能性は、以下のようになっています。

  • A判定:合格可能性が80%以上
  • B判定:合格可能性が60%
  • C判定:合格可能性が50%
  • D判定:合格可能性が30%
  • E判定:合格可能性が20%以下

良い判定結果であればもちろんいいですが、実際の入試問題は模試とは違います。本番では、C判定の受験生が受かることも、A判定だった受験生が残念な結果になることもあり得ます。

春にA〜Bの良い結果が出たとしても、そこから勉強を怠って夏以降の成績が下がると危険です。総合判定が良くても得点できる科目に偏りがあれば、苦手科目を克服していかなければなりません。

逆に春にC以下だったとしても、夏以降に段階的に成績を伸ばしていくことができれば合格可能性は十分にあるでしょう。

関西学院大学にオススメの模試3選!

それでは、関西学院大学合格を目指す受験生におすすめの模試と、その概要についてお伝えしていきます。

関関同立模試

・主催:エール学園
・日程:11/8(日)〜11/22(日)
・受験料:2,000円
・試験科目:(Ⅰ型)英・国・日/世/文数、(Ⅲ型)英・数・物/化
・会場:どこでも(自宅受験可)

「関関同立模試」は、その名の通り関関同立の入試問題に沿った模試です。

大学・学部の傾向に合わせて点数の傾斜をかけているので、「科目配点」に合わせる通常の模試よりも判定結果の精度が高いことがポイント。関関同立各大学の判定ができるので、関西学院大学以外の合格可能性を知りたい受験生におすすめです。

また、日本全国どこからでも好きなタイミングで受験できるのがメリット。自宅受験・Web受験が選べて、新型コロナ対策をしながら自分の実力を測ることができます。

関関同立プレ模試

・主催:夕陽丘予備校
・日程:12/6(日)
・受験料:4,500円
・試験科目:(文系)英・国・地歴/公/文数 (理系)英・理・数
・会場:自宅

「関関同立プレ模試」も関関同立の傾向に合わせて出題される模試なので、関西学院大学専願ではなく、関関同立を幅広く視野に入れている受験生におすすめです。

なお、こちらも自宅で受験ができます。自宅で解答し、提出や結果の受け取りは郵送でできるので、人との接触をなるべく避けることができます。

関関同立大入試プレステージ

・主催:河合塾
・日程:10/31(土)※2020年度は終了済
・受験料:5,400円
・試験科目:英・国・日/世/地/公
・会場:河合塾 大阪校 他4校舎

「関関同立大入試プレステージ」は、試験を受けて終わりではなく、結果が出た後に「必勝講義」が受けられるのが特徴。

問題の狙いや出題ポイントを解説してもらうことで、より精度の高い分析や対策をすることができます。2020年度の実施はすでに終了していますが、2021年度以降の受験生はぜひ注目したい模試です。

そもそも模試って受ける意味ある?

模試は、実力の確認や本番の予行練習に利用することができますが、受けること自体が重要だというわけではありません。
ここでは、模試を受けるメリット・デメリットについて見ていきましょう。

むやみに受ける必要はない

結論から言うと、模試は手当たり次第にむやみに受ける必要はありません。
本番と違う問題形式の模試を受けても判定結果にあまり意味はありませんので、志望校にあった出題形式の模試に絞って受験すると良いでしょう。

ただし、模試は大勢の受験生の中で自分の位置を確認したり、試験の雰囲気に慣れることにも繋がるので、本番までに2〜4回くらいは受けておくのがおすすめです。

しかし、当然ながら模試の判定=本番の結果というわけではありません。模試の結果自体に一喜一憂するのではなく、各回の結果を利用してどのように成績を伸ばすかを考えていきましょう。

重要なのは欠点の分析

模試は、受けて結果を見て終わりにせず、成績の向上に生かすのが重要です。
模試の結果が返却されたら、自分の苦手科目や点数が取れなかった単元などを見直して、自分に足りない部分を把握するようにしましょう。

弱点を補いながら勉強を進めていくことで、基礎的な問題で点を落とすことがなくなり、常にバランスよく高得点を狙うことができます。

合格可能性を測るなら過去問でもOK!

志望校への合格可能性を測りたいのであれば、過去問でチェックすることもできます。過去問なら科目を絞って解くことができますし、自分の好きなタイミングで実力を確認することができます。

また、過去問は模試よりも自分の志望校に特化した対策が可能です。時間を測りながら過去問を解き、何割取れたか、合格最低点を上回ったかを確認しましょう。この場合も、解いて結果を確認して終わりではなく、自分の弱点を分析して把握するのが大切です。

【科目別】関西学院大学の受験対策

最後に、関西学院大学の科目別の受験対策についてお伝えします。

・英語:難易度は標準的で、難しい語彙や表現も前後の文章の流れから推測可能。制限時間90分に対して問題量が多いため、手早く解き進める力が必要。

・国語:全てマーク形式での出題。ただし文章量が長く、設問数も多いため難易度は高め。現代文40分・古文35分を目安に、時間配分の対策を。

・日本史:正誤問題の出題割合が高く、正確な知識が求められるため難易度は高い。教科書レベルの内容をうろ覚えにせず、過去問や正誤問題の参考書でアウトプットを積むのがおすすめ。

・世界史:正誤問題の出題割合が高く、難易度は高め。用語集以上の詳細な知識が求められる出題も。頻出分野を中心に、7.5割以上を目指して対策を。

・地理:難易度は標準レベル。資料問題や正誤問題で、誤文を選ばせる問題が多いのが特徴。過去問演習を積み、演習慣れする必要がある。

・数学:文系理系を問わず、基本~標準レベルの出題。小問集合は範囲が広いが、丁寧に誘導されているので1つ1つ誘導に乗っていけば解答できる。

・物理:難易度は標準的だが、思考力が求められる問題や論述・描画問題が出題される。過去問演習を積み、出題形式に慣れておく対策がおすすめ。

・化学:難易度は基本~標準レベル。ただし、計算過程が複雑な問題が含まれるため、時間配分には注意が必要。1題25分を目安に過去問で対策を。

・生物:難易度は標準的。国公立大学二次試験レベルの内容なので、過去問のみでは物足りない受験生はそちらも活用できる。

関西学院大学の入試対策については、「関西学院大学 入試傾向と受験対策」にて詳しくご紹介しております。

まとめ

模試は、受験すること自体ではなく、自分の実力や弱点を把握して本番までに成績を伸ばす助けにするの重要です。

マナビズムでは、勉強の進め方や成績の効率的な伸ばし方を指導する「受験コンサル」を実施しています。受験対策に何をしていいかわからない、頑張っても成績がなかなか伸びないという方は、ぜひマナビズムにご相談ください。

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    お問合せ内容必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    123456789
    123456789
    123456789
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認のうえ、同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中