マドンナ古文で難関大古文を突破する為の勉強法と使い方

CLASSICAL

[マドンナ古文の概要と使用目的]
41sUQVYDyqL._SY344_BO1,204,203,200_
マドンナ古文は累計発行部数380万冊以上の実績を持つ荻野文子先生の著書で志望校が産近甲龍や日東駒専以上の人ならレベル関係なくぜひ使用してほしい参考書です。
この本は古典初学者を対象に作っていますが、演習問題に早稲田大学の問題を使っていることからもわかる通り難関大学を意識した内容になっています。
この古文初学者を対象とした参考書を産近甲龍レベルから難関大学志望の受験生に読んでほしいのは理由があります。
それはたくさんある古文の参考書な中でマドンナ古文が文法と読解の関係に焦点を当てた唯一の参考書だからです。
大多数の受験生は文法が大事と言われて文法を覚えます。
確かに文法はとても重要なので覚えないといけません。
ここで問題なのは文法を覚えれば読解ができたり、ある程度点数が伸びたりすると勘違いしている受験生が多くいます。
しかしそんなことはありません!
実際、入試問題で文法が単独で問われている問題は全体の2割ほどです。
そして後のほとんどの問題が文章を読解できているかを問うものです。
だから読解問題を解くために文章の中で暗記した文法の使い方を学ばなければなりません。
そこでマドンナ古文は文法を使って読解していく方法に焦点をあてているのです。
このように受験生が常識だと思い込んでいる勉強法やプロセスにはたくさんの間違いがあります。(たとえば古文は全文訳できるようにならないといけない。と思っている受験生が多いことなど)どれだけたくさん勉強しても勉強法やプロセスが間違っていたらその努
力は全く報われないといっても過言ではありません。
古文を勉強するにあたってどういうプロセスで勉強すれば効率的なのかがわからないという人はこちらをクリックして早い段階で勉強法を確認しておくことをお勧めします。
 
[マドンナ古文の具体的な構成と内容]
マドンナ古文は前述した通り第1章から第15章の15章で構成されていて(第15章は演習問題のみ)各章14~20ページに統一されています。
そこに構成上のメリットがあります。
1日○章という計画を受験生はよく立てます。
しかし、章ごとのページ数がバラバラな参考書がたくさんあります。
そのような参考書では内容はとてもいいのに毎日の労力がまばらになってやる気が起きなくなったということがあるかと思います。
しかし、この参考書ならそのようなことが起こらないので毎日同じ労力で読み進めることができます。
どれくらいのペースで読み進めていけばいいですか?
非常にとっつきやすい内容になっているので毎日古文の勉強に時間がさける人は1日1章のペースをお勧めします。
そうでない人も最低でも2日に1章のペースで読んで1か月のうちには読破しましょう。
内容は文法と読解の橋渡し的な役割をしている参考書でサブタイトル(すらすら読むための文法講座!!)にもあるようにこの本を読むと文法の知識が読解で生かされるようになりまこの本の進め方は入試によく出てくる文法を古典の文章の中にちりばめ講義型で解説していく形です。
だから実際の問題を解いている中でどこに大事な文法があるのかを発見する力が付きます。
また、もちろんその項メインテーマの文法事項は細かく解説しているので関関同立全大学に共通して出題される文法問題はもちろんのこと文法事項が入った文を日本語訳する問題が毎年出題される関西大学の問題を解くためのヒントがたくさん載っている参考書です。
[マドンナ古文の使用時期]
この参考書の特徴は文法を使って読解をできるようにするところにフォーカスを置いているところです。よって、勉強する順番も読解のことを考えた順番になってほかの文法の参考書のように品詞ごとの順番にはなっていません。
したがって、この参考書を文法を勉強する上での最初の参考書には絶対にしないでくださいまず最初に品詞ごとに並んでいる文法書でしっかり学習して内容が頭に入った状況でこの参考書を使用してください。
マナビズムでは6時間古典文法という独自の参考書を使用して古典文法を暗記した後にこの参考書を使用するようにしています。
塾生以外の方は6時間古典文法の代わりにステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)を使用することをお勧めします。
一度学習したことを受験が終わるまで忘れない自信はありますか?
おそらくほとんどの人がそんなことはないと思います。
そこで使用してほしいのが改訂版になって増えた別冊です。
この手の講義型の参考書は非常に読みやすい反面復習がやりにくいのが難点です。
そんな難点をこの参考書は各章の要点だけをまとめた別冊をつけて復習しやすくしています。
具体的な復習の方法としては1か月に1回程度別冊を見直して要点を復習するようにするといいでしょう。また、文章を読んでいてこの参考書で学んだのに思い出せないという場合
にも別冊を利用すると素早く要点だけ復習することができるでしょう。

RELATED関連する記事

無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
学年
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
希望校舎
必須
お問合せ内容
必須
ご住所
必須
郵便番号
都道府県
市区町村
それ以降
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中