ステップアップノート30古典文法基礎ドリルの効果的な使い方

CLASSICAL

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル

 
51ZHbpNx1wL._SY344_BO1,204,203,200_
 

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリルの概要と使用目的

 
この1冊が完璧に出来るようになるだけで、大学受験に必要な文法項目のほとんどが習熟出来る様になりますが、少し解説よりも演習によっているのが特徴です。
古文が得意な場合はこの1冊のみで文法は問題ないですが、苦手な場合は「富井の古典文法をはじめからていねいに」を使用してまずは理解し、その該当箇所をこの参考書で演習するという形がいいでしょう。
上記の2冊を並行させて、古典文法のインプットに関しては、受験勉強開始から一か月で3周くらいは最低でもこなして完璧にしておきたいところです。
インプットに関して古典文法の問題も解きたいという人は「ステップアップノート30古典文法トレーニング」を使用するのもオススメです。
 
 

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリルの具体的な内容

 
簡単な問題なので、全く古典文法を勉強してこなかったという受験生でもとっつきやすい内容になっていますが、どこに力を入れて覚えればいいのかという点に関しては分かりにくい部分もあります。
 
 

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリルの使い方

 

1.右上のポイントの重要な部分に線を引く

 

2.問題を解く

富井の古典文法をはじめからていねいにを理解してから問題演習に入ると尚良い。
※富井の古典文法との対応箇所
1~5 ⇒ 第一章
6~18 ⇒ 第二章
19~23 ⇒ 第三章
24~25 ⇒ 第六章
26~30 ⇒ 第五章
3.助動詞の項目が終わり次第、助動詞の表の接続・活用・意味は完全再現出来る様に。
敬語の項目が終わり次第、敬語の種類・意味が完全に頭に入っているようにして下さい。
 
 

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリルの注意点

 
古典文法の勉強は、受験学年の春の段階で完璧にしておきのが理想です。
古文嫌いの受験生が多いと思いますが、古文は適切な勉強法・計画で進めていけば高得点が狙える科目です。
ここでは、関関同立やMARCHなどの難関私大で合格点が取れる為の古文の勉強法の全体像を簡単にご紹介しておきます。
古文の最終的なゴールは初見の文章をスラスラ読解出来る様になることです。
読解(アウトプット)が出来る様になる為には、まず、古文単語・古典文法(インプット)の勉強をしたうえで、
読解に必要な古文常識や頻出出典作品(インプット⇒アウトプット)に対する理解を深める必要があります。
そして、自分の目標レベルに合わせて、徐々に演習のレベル上げていく必要があります。
最終的に読解出来る様になる為にはこの参考書に書かれてある内容に関しては完璧にしておく必要があります。
 

RELATED関連する記事

無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中