やっておきたい英語長文シリーズの効果的な使い方

ENGLISH

[やっておきたい英語長文の概要と使用目的]
4777201546
やっておきたい英語長文は「英語長文ハイパートレーニング」などと比べると解説も非常に少なく、特に特徴のない参考書です。
使用目的は純粋に長文読解の演習という事になり、基礎が出来ていない受験生にとっては非常に使いにくい参考書だと思われます。
長文読解が出来る様になる為には、単語・熟語・文法の勉強をしたうえで、一文一文の構造を把握して正確に約せるようになる英文解釈の基礎的な勉強をしてから長文読解の勉強に取り掛かるのが望ましい流れです。
この参考書では解説で一文一文にS、V、O、Cが付いていないので、英文解釈の勉強を「英語長文ハイパートレーニング」などで完璧にしてから取り組んでください。
問題量は他の参考書と比べての多いので、受験後期、アウトプット段階での勉強で使う参考書としては効果的です。
 
 
[やっておきたい英語長文の具体的な内容]
やっておきたい英語長文は300,500,700,1000の4つのレベルの問題集があります。
数字は一つの文章における語数を表しています。
また、語数はレベルにも比例しています。
「300」はセンターレベルより少し難しいレベル。
「500」は産近甲龍・関関同立のやさしめの英文レベル。
「700」は関関同立の難しめのレベル。
「1000」は早慶レベルで関関同立を目指す受験生はやらなくても問題ありません。
 
いずれの設問も非常にバランスが良い問題が並んでいます。
いずれのレベルも解説に要約が載ってあるので、本文を読みながら要約をするようにして下さい。
 
 
[やっておきたい英語長文の使い方]
1.制限時間を意識して問題を解く
英語長文の設問は、何故その答えを導き出したのか?自分の中で明確な答えを用意して解答するようにして下さい。
2.文章のタイトルを考える
その文章が何について書かれている文章か一番核になる部分を抽出して文章のタイトルを付けてください。
問題集の冊子の方には、タイトルが書かれていないですが、解説の方には、タイトルが書かれてあるので、問題を解くまでは見ないようにして下さい。
本文で書かれている重要なテーマを意識する事で、英文の読解力を高める事が狙いです。
3.段落ごとに要約する
長文読解において、各段落(パラグラフ)でどういう事を言っているのかを読み解くパラグラフリーディングは極めて重要です。
そのパラグラフリーディングのスキルを高める為に、各段落の要約をしてください。
パラグラフリーディングを勉強したことのない受験生は「スピード英語長文」を使って読解の勉強をしてからこの参考書の勉強をすると良いです。
 
4.本文全体の要約をする
3.と同様、本文全体の要約をしてください。
5.設問の答え合わせ、設問の解説を読む
自分が考えていた解答の根拠と照らし合わせて、何故そうなるか?しっかり理解しながら答え合わせをしてください。
6.自分の要約と日本語訳を見比べ、きちんと要約できているか確認する。
段落・全体の要約をする事で、内容把握の力が付いてきます。
最初は要約が全然的外れでも構いませんので、とにかく書くようにして下さい。
7.解説の日本語訳を見ながら、問題文にS、V、O、C、[名詞]、〈形容詞〉、(副詞)を付けていく
解説には英文解釈が付いていないので、自力での作業になります。
ある程度慣れが必要なので、この参考書をやる前に「ハイパートレーニングのレベル1・2」までを終わらせておくと効率がいいと考えられます。
8.最低10回音読する
音読をする際には、文章を前から拾っていける様に意識しながら読むことが大切です。
スムーズに英文を読みながら同時に役が拾っていける様になるまで何度も何度も音読しましょう。
 
 
[やっておきたい英語長文の注意点]
英語長文を勉強する際に、単語や文法を覚えれば読める様になると思っている受験生は非常に多いですが、実際はそうはいきません。
日本語に訳せたとしても、設問が難しく、ひっかけが用意されていることも少なくありません。
そういった問題を解答する為には、なんとなく答えるのではなく、本文中の根拠を使って考える必要があります。
何故その回答を導き出したのか?を明確にしたうえで、どこが間違っていたから誤った解答を導いてしまったのか?を明確にしないといつまでたっても長文読解が出来るようにはなりません。
長文問題を解く際には、そういったことを意識しながら取組みましょう。
 
また、本番で全ての文章を一文一文ゆっくりと確実に訳していける時間はありません。
重要な部分とそうでない部分を見極めながら、大きく意味を取りながら、重要な箇所は時間をかけて正確に訳していくというメリハリを付けた読み方が必要になってきます。
そういった技術を身に付けていくためにも使い方で紹介した8つのプロセスは全て実践するようにして下さい。
 

RELATED関連する記事

無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
学年
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
希望校舎
必須
お問合せ内容
必須
ご住所
必須
郵便番号
都道府県
市区町村
それ以降
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中