古文単語フォーミュラ600の効果的な使い方

CLASSICAL

古文単語フォーミュラ600

 
ダウンロード (2)
 

[古文単語フォーミュラ600の概要と使用目的]

関関同立やその他上位大学の試験本番では、どうしてもマドンナ古文単語では覚えきれていない単語も出題されます。
しかも、ほとんどのライバルたちは500~600語のレベルに単語レベルを持ってきている事を考えると、どうしても600レベルまで到達していなければ、周りの受験生に差を付けられてしまいます。
そこで、600語レベルの一番シンプルで覚えやすい参考書が、このフォーミュラ600です。
この一冊が試験本番までに完璧になるように調節して、勉強予定を立てましょう。
 
 

[古文単語フォーミュラ600の具体的な内容]

単語量が非常に豊富で、シンプルに単語を覚えやすい構成になっています。
また、別売りのCDがあります。
このCDは1時間で全ての単語の復習をすることが出来るだけでなく、ポジティブな単語はポジティブなトーンで、ネガティブな単語はネガティブなトーンで発生するなど覚えやすい工夫がなされているので非常におススメです。
 
 

[古文単語フォーミュラ600の使い方]

1.古文単語を見て、現代語訳が即答出来る様になるようにして下さい。
その際、別売りのCDを聞きながら学習すると効率的に覚える事が出来ます。
一度で完璧にしようとするよりもどんどん先に進んで行って、何度も何度も目に触れる様にする方が、知識を定着する上で非常に大切になりますので心がけて下さい。

[古文単語Formula600の注意点]

 この単語帳は受験中期から受験本番までの使用に向いているものとなります。
何故、中期からかというとある程度古文の勉強に真面目に取り組んだ事のある受験生でないといきなり600語を覚えるのが非常に大変です。
ですので、無理にこの単語帳から入るのではなく、マドンナ古文単語230など200~300レベルの単語帳を受験初期に完璧にしてからこの単語帳に進むのがいいでしょう。
また、その際初期に使う単語帳で覚えた単語であるにも関わらず、フォーミュラ600で紹介されている意味が異なるものに関してはその単語帳とフォーミュラ600の両方の意味を覚え、同じものに関してはその単語帳に書いてある意味を覚えれば良いです。
何度も復習するのはFORMULA600一冊で良いため、初期に使った単語帳の情報をフォーミュラに一元化することも忘れないでください。
 

一元化とは?受験当日まで回し続ける暗記のベースとなる参考書を一冊固定し、そこに書かれていない情報に関しては固定した参考書に書き込んでいく事で情報元を固定し、暗記効率を飛躍的に高めるマナビズム秘伝の勉強法となります。

 

RELATED関連する記事

無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中