現代文と格闘するの効果的な使い方

JAPANESE

[現代文と格闘するの概要と使用目的]

4177XR8V4WL._SY344_BO1,204,203,200_
アウトプットのなかでは特に記述に特化した参考書です。
現代文が得意でないという受験生がいきなりやるべき参考書ではありません。
得意でないという人は現代文のインプットからしっかり勉強するようにして下さい。
現代文のインプットとは、「正しい読み方」の勉強と「頻出キーワード」の勉強になります。
この参考書に取り掛かる理想的な流れは「現代文の解法」で正しい読み方を勉強し、並行して「現代文キーワード読解」で頻出キーワードを勉強し、「入試現代文のアクセス(基本編)」「実践演習基礎現代文」で読み方を身に付けてから取り掛かる流れで勉強する事です。
この参考書は現代文で記述が必要な大学、特に関関同立を目指す受験生で同志社大学を受験する人はやりましょう。
小手先のテクニックに一切頼らない正攻法で、きっちりと解答作成していきます。
「格闘する」という名の通り、かなり労力はかかります。
しかし書かれた通りのことをこなせば間違いなく力はつきます。
関関同立を目指す受験生は秋以降にこの参考書に取り掛かる事が出来れば理想ですが、この参考書に取り掛からなくても、「入試現代文へのアクセス(発展編・完成編)」を演習していれば問題ありません。
この参考書に取り掛かる場合は焦らずじっくり確実に進めて行きましょう。
 
 

[現代文と格闘するの具体的な内容]

3部構成になっており、第1部が「『ことば』をイメージする」という現代文のキーワードの解説です。
これは『現代文キーワード読解』をやっておけば問題ないでしょう。
第2部では、「文章を読みつなぐ」という読み方について解説されています。
かなりシンプルな方法論で特に抵抗なく受け入れることができるでしょう。
そして第3部で実際に「文章と格闘する」ことになります。
本書の中でも1番時間がかかり、実力もつくところです。
この参考書は早稲田や東大を目指す受験生が他の科目にも余裕があって取り組む参考書ですので、
有名だからという理由だけで手を出してしまうと途中で挫折してしまいがちですので、関関同立・MARCH志望の受験生はやらなくても問題ありません。
 
 

[現代文と格闘するの使い方]

  • 1.第1部は『現代文キーワード読解』をやっていれば問題ない内容なのでさっと読み流す。
  • 2.2部の「文章を読みつなぐ」をしっかり読み自分でも使えるようにする。第3部へ移るまでに最低2回は読む。
  • 3.第3部の別冊に書かれているとおりにしていく。まず形式段落の冒頭に通し番号をつけ、重要な部分にチェックをつけながら読み進める。
  • 4.意味段落に分け、それぞれに小見出しをつけまとまる。
  • 5.文章全体の論旨を考え、要約する。
  • 6.設問を解く。
  • 7.意味段落のまとめ、全体の論旨、要約、設問の解答を解説と照合する

 
 

[現代文と格闘するの注意点]

使い方の3.からの作業がかなりの時間を要します。
しかし、だからといって適当にやってはいけません。
確実に力はつくので、できるようになることを信じてただひたすらやり続けてください。
「要約する」という作業はなれるまで本当に大変です。
しかしこの力がつくと記述解答作成に必要な「言いたいことを短くまとめる力」が身に付きます。
答案のどういった部分を削るべきなのかという判断ができるようになると、記述はもう怖くありません。
アウトプットの途中から過去問を平行して解いていきますが、この参考書は完璧に自分のものになるまで止めずに繰り返してください。
 

RELATED関連する記事

無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
学年
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
希望校舎
必須
お問合せ内容
必須
ご住所
必須
郵便番号
都道府県
市区町村
それ以降
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中