明治学院大学で一番受かりやすい穴場学部は!?【学部別入試難易度ランキング】

更新日: (公開日: FACULTY

行きたい大学の中でどの学部や学科が一番受かりやすい!?穴場学部はどこか!?
同じ大学の中でも難易度には差があり、また同じ学部の中でも学科によって合格難易度に差がついたりします。

このシリーズでは大学ごとの過去3年間の合格最低点、倍率を基に合格難易度ランキングを紹介します。具体的には過去3年間の倍率の推移を基にランキングを算出します。

志望校を決める際や、出願の際に是非参考にしてみてください!このページでは、成成明学編のひとつ「明治学院大学」の学部難易度ランキングを紹介していきます!さっそくいきましょう。

【明治学院大学】穴場学部

順位 学部・学科 倍率
20 19 18
1位 心理学部 心理学科 12.3 16.9 13.8
2位 文学部 フランス文学科 6.6 3.6 7.8
3位 法学部 消費情報環境法学科 5.0 3.6 4.9
4位 文学部 芸術学科 4.6 4.0 5.0
5位 経済学部 国際経営学科 4.4 5.4 5.6
6位 文学部 英文学科 4.3 5.2 5.4
6位 法学部 グローバル法学科 4.3 6.0 4.0
8位 法学部 法律学科 4.2 3.4 4.9
9位 国際学部 国際学科 4.1 8.1 6.9
10位 社会学部 社会学科 3.9 10.4 5.2
11位 心理学部 教育発達学科 3.8 5.1 4.3
12位 経済学部 経済学科 3.7 3.6 6.3
13位 国際学部  国際キャリア学科 3.4 6.0 6.6
14位 経済学部 経営学科 3.1 4.9 5.5
14位 法学部 政治学科 3.1 3.4 5.2
16位 社会学部 社会福祉学科 2.8 8.8 5.6

※倍率は全学部日程・A日程の平均。

明治学院大学で難易度が一番高いのは断トツで「心理学部 心理学科」でした。毎年他学部と圧倒的に差をつけ堂々の1位です。逆に一番合格難易度が低い穴場学部は「経済学部 経営学科」と「法学部 政治学科」でした。この2学部に関しては倍率の変動幅が小さく過去2年は倍率も3倍台を推移しているので狙い目の穴場学部となっています。

明治学院大学のキャンパスは「白金キャンパス」と「横浜キャンパス」の2つです。
明治学院大学では学年でキャンパスが変わり国際学部以外は全て1,2年次には「白金キャンパス」、3,4年次では「横浜キャンパス」となります。また、国際学部は1~4年次まですべて「白金キャンパス」になります。

2020年度入試だけを見れば「社会学部 社会福祉学科」が一番低い倍率となっています。しかし、表を見てもらえばわかる通り倍率の変動が激しいです。20年度の社会学部 社会福祉学科は最下位でしたが、19年度は3番目に難しい学部でした。なので、出願の際は吟味が必要です。21年度の入試では「文学部 フランス文学科」「法学部 消費情報環境法学科」が低くなると予想されます。

まとめ

この様に明治学院大学の穴場学部は「経済学部 経営学科」と「法学部 政治学科」となっています。過去2年は倍率も3倍台と落ち着いているので狙い目の穴場学部となっています。
また、明治学院大学の文系では「心理学部 心理学科」を除き倍率の変動がとても激しいので、受験の際は学部に強いこだわりがある人を除き、ある程度分散させて出願することをオススメします!

以上、明治学院大学の学部難易度ランキングでした!

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!
その他、どんな相談でも一度気軽に連絡してください!

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名

123
123
123
school@shojihiromu.com

プライバシーポリシーをご確認のうえ、同意してお問い合わせください

無料受験相談申込受付中