センター試験 生物基礎の点数が面白いほどとれる本の効果的な使い方

BIOLOGY

センター試験 生物基礎の点数が面白いほどとれる本

 
センター試験 生物基礎の点数が面白いほどとれる本
 

センター試験 生物基礎の点数が面白いほどとれる本の概要と使用目的

 
生物初心者でも使用することが出来る本です。
ポイントが分かりにくい教科書の代用として基礎知識をインプットするために使います。
基礎の基礎から丁寧にわかりやすくかつ簡潔に説明されているので、途中で挫折することがなく読み進めやすいことが特徴です。
書名にセンター試験と入っていますが、もちろん関関同立入試対策にも十分使える参考書です。
関関同立受験で生物基礎・生物を使用する受験生は1冊目に読むべき本です。
「センター試験 生物基礎の点数が面白いほどとれる本」が終われば「定期テスト対策 生物の点数が面白いほどとれる本」に進むことをおすすめします。
 
 

センター試験 生物基礎の点数が面白いほどとれる本の具体的な内容

 
全6章構成で、第1章は生物の基本単位「細胞」、第2章は遺伝子、第3章は代謝(呼吸と光合成)、第4章は恒常性、第5章は植生、第6章は生態系とその保全がテーマになっています。
各章・各テーマで、受験生にとってどこまでを暗記すべきで、どこからが試験本番で考えて答えを出すべきなのかという“暗記の境界線”を上手く引いてくれています。
暗記すべき重要事項は、「ここを覚えよう!!」のコーナーでまとめられているので、どこを暗記すべきなのかが一目瞭然です。
 
 

センター試験 生物基礎の点数が面白いほどとれる本の使用法

 
1.各章ごとに一度ざっと内容を読みとおす
 
2.各章にあるすべての暗記事項、「ここを覚えよう!!」のコーナーの内容を暗記する
3.1,2を第6章まで終えたら、次は本1冊を全体的に読みとおし、全ての「ここを覚えよう!!」のコーナーで覚えていないことがないかをチェックする。
 
 

センター試験 生物基礎の点数が面白いほどとれる本の注意点

 
1の際に、1冊全てをざっと読みとおしてしまうのではなく、必ず各章ごとに内容を読みとおすことがポイントです。
なぜ各章ごとで一度区切るかというと、生物という科目の性質上、前の章の知識が前提となり、後の章の説明が書かれている場合が多いので、各章ごとに通読、暗記を繰り返さないと、前の章の内容が曖昧なまま次の章に進み、結局挫折してしまう可能性があるからです。
かならず各章ごとに通読、暗記を繰り返してください。

RELATED関連する記事

無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
学年
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
希望校舎
必須
お問合せ内容
必須
ご住所
必須
郵便番号
都道府県
市区町村
それ以降
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中