物理の参考書

難関私大入試 漆原晃の物理(物理基礎・物理)解放研究の効果的な使い方

難関大入試 漆原晃の物理(物理基礎・物理)解法研究の効果的な使い方

 

漆原晃の物理

 

ハイレベルへの入門書!
難関大入試 漆原晃の物理解法研究

 

概要と使用法

 

代ゼミの本格派物理講師「漆原晃」先生の名著とも呼べる参考書、それが本書だ。

 

本書の前身に「究める物理」という参考書があり、それは最高の評価を誇っていた。

 

そして、その究める物理の改訂に当たるものがこのたび出版された漆原晃の物理解法研究だ。

 

 

素晴らしく充実した内容

 

内容としては、「パターン解法」と銘を打った漆原先生独自のフローチャート的解法をベースに、難問を解答していく流れとなっている。

 

別解や物理的なイメージ、コーヒーブレイクなどの豆知識的要素も随所に散りばめられ、飽きることなく読了することができる。

 

ただし、パターン解法についての解説は薄いので、同じく漆原先生が書かれた「面白いほどわかる」シリーズの同著者の本を読了してから読む事を強く勧めよう。

 

 

物理解法研究の長所は?

 

さて、「究める物理(この本の前身)」の長所とも同じことだが、この本の大きな長所は「詳しい解説」に尽きる。

まえがきでも触れられているが、この本は難関大学の入試問題とそうでない問題の間に存在する壁を乗り越える為に書かれている。

まさに壁を超えるための参考書となっている。

そしてこの本の中では(暗にも明にも)それが「微積分」「有名な式の証明」「対策や経験の有無で点差が大きく付く問題」であると述べられている。

それら難関大での頻出問題を最小限の努力で、しかも誰にでもできるように案内してくれるのがこの問題集だと感じられる。

 

具体的には、私見だが難関大の頻出問題でもっとも難関大学の入試問題らしさを出している問題の一つ、複雑な合力による単振動がある。

 

この問題集では単振動に関する問題が何問も含まれている。

しかし、それぞれが全く異なる状況下のものとなっている。

これらを全てこなすことで、それぞれの状況も勿論のこと、単振動がいかに難関大学の入試問題で解かなければならない問題であるかを強く認識させられることだ。

また単振動だと見做す操作にも慣れるだろう。

実際、この単振動というジャンルの問題は必ず解かなければ合格は難しい。

そのような難問を過不足なく、最速で「解ける問題」へと昇華させてくれる意味で、本当に「ハイレベル入門」として最適とも言える一冊だ。

きっと、ある程度の問題は解けてきたが難関大入試問題となると…と言った受験生の力を、難関大合格レベルに十分到達できるレベルまで引き上げてくれることだ。

漆原先生のパターン解法を使う機会があまりない…

 

漆原先生は、他の参考書でも独自のパターン解法というものを全面に押していることが特徴的だ。

 

ただ、パターン解法が万能であるあまり、全ての入試問題でも統合的に解ける代物だと思った方には、少しだけこの本の魅力も落ちて見えるだろう。

しかし、この本に載ってる内容は難関大の入試に必要な物と、かのパターン解法の最大公約数的なものであると認識するのが良いと思われる。

そもそも統一的な解法で全ての問題が解けるのであれば、東大や京大と言った最難関大学はそれに反旗を翻すかのごとく、本質的な理解を問うような問いを作るだろう。

 

その点、この本は先述の通り、微積分と絡めた難問と対峙するのに必要なスキルを、最小限の努力で手に入れているものだ。

 

確かにパターン解法を最大限に活かせる、「面白いほどわかる本」よりかはパターン解法は息を潜めてしまう。

しかし、パターン解法とはあくまでも物理の「息」を感じるためのものだと思えば、この本は読者にとって非常に有用なものとなる。

三周すれば、本当に物理に対しての世界が違って見える。

この本は、諦めていた最難関大学のレベルへ、誰でも到達できるようにしてくれる本となる。

LINEで送る