関西大学経済学部[特待]/ 同志社大学商学部合格!布施高校「体が覚えるまで何度も「赤本」!」

PASSED

プロフィール

名前 : 藤田 悠真くん

校舎名 : マナビズム 上本町校

高校名 : 布施高校

合格大学・学部 : 関西大学・経済学部[特待]

                               同志社大学・経済学部 / 法学部 / 商学部 / 社会学部

合格者の声

コンサルタントシステムがマナビズムの強み!

僕がマナビズムに入塾したのは7月からでした。それまではアルバイトをしながら自宅で勉強をしていました。

夏までの勉強量は比較的受験生にしては少なめでしたが、ただガムシャラに勉強していたわけではなく夏までに単語、文法といった基礎を固めておくという明確な目標がありました。

受験勉強において大事なのは「計画性」だと思います。

ベタによく言われることですが、合格から逆算して勉強をすることが一番効率のいい勉強法です。そういった「計画性」を一から全て教えてくれるのがマナビズムです。

マナビズムには授業はもちろん、「コンサルタントシステム」があります。

個人にあったペースで目標に沿った勉強計画を立てるというものです。3教科すべての計画を立てて一週間に一回面談し、その度に軌道修正をしながら勉強法を教えてくれます。このコンサルタントシステムがマナビズムの強みだと思います。

コンサルだけでなくライブ授業も充実!

さらに僕が感銘を受けたのはライブ授業( 通常授業 )です。

文系の教科にありがちな授業スタイルはただ淡々と現代語訳に訳していくというスタイルです。僕の学校ではそういった授業ばかりでした。文法、単語を手当たり次第に訳していくだけでした。

しかし、マナビズムの授業は全く違います。単語、文法を理解していることを前提に論理的に文章を読み解いてくれます。

先生の読み方を真似して読めば入試問題もスラスラ読むことができます。

基礎を固めてから、授業で読解力を養えば英語と国語はグングン伸びていきます。僕が受験に成功したのは、正しい順序で計画的に勉強をしたおかげだと思います。

体が覚えるまで何度も「赤本」を解き続ける!

そして最も僕が力を入れて取り組んだものは「赤本」です。

10月以降は赤本をメインに本番を意識した勉強をしました。大学には必ずそれぞれ傾向があるので何回もやって傾向を掴むことが重要です。

時間配分は大問ごとにあらかじめ決めておき、体が覚えるまで何度も何度も赤本をすること。

問題の難易度に関わらず一定の時間で解くことができれば本番になっても焦らずいつも通り解くことができます。

《赤本を解く→解説を見て苦手を潰す》これを何度も繰り返していけばどこの大学でも必ず点数は上がっていきます。

最後に

マナビズムに入って毎日のすることがはっきり分かり、不安なく勉強することが出来ました。

「どうしていいかわからない」、「なにから手をつければいいかわからない」そんな受験生にピッタリな塾です。

一年間辛いこともあったけど本気で取り組めば何事も結果はついてくると思います。

受験勉強はすごくいい思い出になりました。

RELATED関連する記事

難関私大専門塾マナビズム上本町校舎UEHONMACHI SCHOOL

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中