同志社大学神学部合格!上宮高校「小テストを制するものは受験本番も制する!」

PASSED

プロフィール

名前 : 木村昌憲くん

校舎名 : マナビズム 上本町校

出身高校 : 上宮高校

部活 : サッカー部

合格大学・学部 : 同志社大学・神学部

関西大学・総合情報学部[特待]/ 社会安全学部

龍谷大学・文学部

進学先 : 同志社大学・神学部

合格者の声

僕が受験に成功した理由は2つあります。

1日たりとも欠けなかった「集中力」

1つ目は自分の中の基準を本番まで高く保ち続けることができたことです。

というのも、僕は高3の6月までサッカー部として本気で部活動に取り組んでいました。

しかし引退した頃、周りの人たちを見ると受験勉強真っ只中で、そこで初めて「焦り」というものを感じることになりました。

「とにかく塾に入ろう」と思いマナビズムに入塾しましたが、その頃には周りの受験生からかなりの差をつけられていることが分かりました。

しかし、コンサルの方に「遅れたなら取り返せばいい」と言われ、そこからは「他の受験生と同じレベルでやっていては勝てない」という意識をもって、トップギアで勉強に打ち込むことが出来ました。

その頃から、受験が終わる日まで1日たりとも集中力が欠けたことはなかったです。それは自分が今までサッカー部で鍛えた精神力と集中力、そしてなによりコンサルの方や親身になって面倒を見てくれた先生達のおかげだと思っています。

この経験は、この先もずっと僕の財産になると思います。そして、今度は僕も誰かにそう思わせるような人間になりたいです。

マナビズムだからこそ身についた「勝負強さ」

2つ目は、ここぞという時に力を発揮できたことです。ここでの「ここぞ」というのは「受験本番」のことです。この勝負強さはマナビズムでなければ身についていなかったと自信を持って言うことができます。なぜかと言うと、マナビズムでは毎回テストの結果を名前・校舎・志望校と共に順位付けされて発表されます。

これがプライドの高い僕のやる気を後押ししました。

「半端な点数を取って他のマナビズム生に舐められたくない。」「誰よりもいい点を取りたい。」「頑張ってくれている先生にいい結果を見せたい。」そんな気持ちで勉強に打ち込むことが出来ました。

普段からこのような周りの人と競う環境にいたことで、「本番で勝ちに行く」という姿勢が僕の中で当たり前になっていきました。

その結果、僕は受験した全ての大学の入試で自己最高を取ることができました。

受験生へ

もしかしたら、今受験勉強中の皆さんの中には「たかが小テスト、たかが模試、何回でも挑戦できる。」という風に思っている人がいるかもしれません。ですが、本番で力を発揮することが出来る人は普段から本気で挑んでいる人だと僕は思っています。

どうか自分の為にも、自分を応援してくれる家族や先生、そしてコンサルの方の為にも、1つ1つのテストや模試に本気で取り組んでください。それがきっと本番で皆さんの自信に繋がると思います。

僕はこの2つをマナビズムで学び、受験に勝つことができました。

マナビズムのみなさんもコンサルの方や先生、そして自分のことを信じて受験本番まで突き進んでください。

RELATED関連する記事

難関私大専門塾マナビズム上本町校舎UEHONMACHI SCHOOL

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中