関西学院大学合格!大阪女学院高校「大学に沿った選択科目の勉強法とは?!」

PASSED

プロフィール

名前:徳原鈴音
校舎:上本町校舎
出身高校:大阪女学院高校
合格大学:関西学院大学 人間福祉学部
関西大学 商学部
関西外国語大学 英語キャリア学部 外国語学部

進学先:関西学院大学 人間福祉学部

推薦不合格という挫折

私がマナビズムに入ったのは高2の3月で、今まで勉強をしたことがなく、課題がないと何をすれば良いかわからなかった為、コンサルの制度に惹かれて入塾しました。しかし、本格的に勉強を始めたのは6月後半からでした。学校の協定校推薦に出す予定で、なんだかんだ受かるだろうと考えていた為、それまではコンサルに怒られたくないの一心で課題をこなす浅い勉強をしていました。

その為次の週には全て忘れてしまい、何も身になっていませんでした。結局そんな安易な考えで推薦に受かるわけもなく、不合格となり、初めて焦りを感じ、浅い勉強を辞めました。他の教科が伸びていく中、世界史だけが1月になっても5割のままでした。

苦労した選択科目の勉強法

1日の殆どを世界史に費やし、休憩がてら他教科をするようになりましたが、思うようには伸びず、間に合わないと思い、覚える範囲を絞る為に過去問で出た問題を一問一答や参考書に書き込みました。特に関学は同じ問題が何度も出ていた為、書き込むたびに復習になり1月半ばにやっと伸びました。

それでも合格最低点が安定していたわけではありませんでしたが、そこで落ちると考えると絶対に落ちると思い、なんとかなる、きっと受かると考えるようにしました。

周りの人達のおかげで掴んだ合格

コンサルの方にも「行ける、絶対受かる」と励ましていただいたり、周りの皆にも励ましてもらい、また、自分で受かると言い聞かせたことによって自分に自信を持つことができました。「受験は団体戦」とよく聞きますが、マナビズムは本当にそのことが実感できました。

私は負けず嫌いで何かモチベーションが無ければ勉強に打ち込むことができなかった為、自習室に行き、皆が必死に勉強している姿を見て負けたくないと鼓舞され、勉強に励むことができるという環境が当たり前のようにあったことがとても恵まれていて幸せなことだったと改めて感じます。

1年間、推薦に落ちたことや学校のクラスメートの進学先が決まっていくこと、合格最低点に届かないことなど辛く焦ることも沢山ありましたが、コンサルの方を始めとする先生方や両親の励まし、応援によって乗り越えることができたと思います。

大嫌いな勉強を1年間続け、1つの目標を達成できたのは励ましてくれたみなさんのおかげであり、このマナビズムでなければできていなかったと思います。この感謝を忘れずに今後も精進したいと思います。マナビズムに入塾して本当に良かったです。ありがとうございました。

徳原鈴音さんの合格対談はコチラ!

RELATED関連する記事

関連キーワード

難関私大専門塾マナビズム上本町校舎UEHONMACHI SCHOOL

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
1234
1234
1234
itof@mates-edu.co.jp,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comitof@mates-system.com,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.com

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中