関西学院大学社会学部合格!金光八尾高校「指定校推薦からの切り替えで掴めた第一志望」

PASSED

プロフィール

名前:松本仁
校舎:上本町校舎
出身高校:金光八尾高校
合格大学:関西学院大学 社会学部、人間福祉学部社会福祉学科
龍谷大学 政策学部 文学部
桃山学院大学 法学部

進学先:関西学院大学 社会学部

指定校推薦の現実

僕は高2の3月に入塾しました。大学には指定校推薦を利用して入ろうと思っていました。でも、志望する大学の指定校が取れなかった時のことを考え塾に入ることにしました。関関同立にいくことに決めていたので難関私大専門塾があると聞いてマナビズムを選びました。大学受験勉強を自力でするのは難しく、プロに頼った方が合格する可能性が高いと思ったからです。
1学期が終わると指定校推薦に使われる成績が確定したので夏休みはもう受かった気になって勉強に対する意識が下がりサボるようになってしまいました。単語テストでも毎回不合格、コンサルで出された課題も十分にこなせなくなってしまっていました。心の中では「このままでいいのかな?」と心のどこかで不安を感じながら遊び続けてしまっていました。
そのまま夏休みが終わり2学期になり指定校推薦の応募をしました。しかし関関同立の指定校はもらえず近畿大学をもらえることになりました。

気持ちを切り替えれた理由

最初は近畿大学でもいいと思っていましたが、だんだんと「自分ならやれる、まだ時間ある。」と思い始め、塾のスタッフの方たちとも話し合い「君が一般入試まで頑張るなら全力でサポートするよ」と励ましてくださったこともあり指定校を蹴って一般入試まで頑張ることにしました。
そう決心してから今までの勉強に対する意識が変わりました。いままでは言われたことをただこなしていただけでしたが、そんなやり方ではダメだと思い、まず合格するのに自分に必要なこと、必要じゃないことは何か、どうすれば効率がいいかなどを真剣に考えこれなら合格できると納得できる道を大まかに作っていきました。そのあとは足らないところを補強したり余分なところを省いたり、修正しながら実行していくだけでした。

受験を通して得たもの

僕がこの大学受験で1番大事だと思ったのは自分を信じることだと思いました。周りが「お前には無理」とか「あきらめろよ」などと言ってくることもありましたが、そんな言葉に悩まされるのは時間の無駄であり、無理かどうかは自分で決めると思っていました。実際に僕が無理だと思っていたらどこにも受かってなかったと思います。
僕はこの受験を通して大きく成長できたと思います。うまくいくことよりもうまくいかないことの方が多くあり、とても苦しい受験でしたがその苦しかった分だけ合格したときの喜びや達成感が大きいのだと気づきました。僕はいままで何かに全力を出したり、何かをやり遂げたことは一度もありませんでした。でもこの大学受験で変わることができた気がします。そしてこの受験生活をマナビズムですごせて本当に良かったです。他の塾では絶対に第一志望に合格できていなかったと思います。本当に感謝してしています。ありがとうございました。

松本仁くんの合格対談はコチラ!

RELATED関連する記事

関連キーワード

難関私大専門塾マナビズム上本町校舎UEHONMACHI SCHOOL

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
1234
1234
1234
itof@mates-edu.co.jp,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comitof@mates-system.com,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.com

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中