同志社大学文学部合格!高津高校「マナビズムに転塾して掴んだ第一志望合格」

更新日: (公開日: PASSED

プロフィール

名前:岡彩寧ちゃん
出身高校:高津高校
部活:ダンス部

【合格大学】
同志社大学(文学部、商学部、社会学部)
関西大学(文学部特待合格

進学先:同志社大学 文学部

合格者の声

マナビズムで受験生活を送った上での感想について彩寧ちゃんに聞きました。

マナビズムに転塾したキッカケ

私はもともとマナビズムとは別の塾・予備校に通っていました。

今までの塾は嫌々通ってたけど、マナビズムに入って初めて塾行くのが楽しみって思えるぐらい毎日充実してました。
マナビズムは先生と生徒との距離も近かったので成績が伸び悩んだ際にも気軽に相談が出来た点が良かったです。

中でも、勉強計画を立てて頂く自習コンサルは毎週楽しくて親身に相談にのってもらって、すごい話しやすかったし感謝しかないです。

マナビズムでの受験生活

自分が最後まで頑張れたのは、一緒に勉強してる友達の存在が1番大きかったです。
自習室で勉強してる時に、横で友達が頑張ってるのを見て自分も頑張ろうって思えたし、眠たい時は起こしあったり、息抜きで一緒にご飯食べたり、メリハリがあったから最後までやりきれました。

受験勉強で一番悩んだのが国語の記述でした。
最初は点数が安定しなかったけど、何度も先生に個別で添削をしてもらいアドバイスを貰いました。
マナビズムは直接の質問はもちろんSlackというコミュニケーションアプリで家にいてもいつでも質問できたのが良かったです。

記述の解き方を学んだ上で取り組めば点数も取れるようになって、本番でも焦らず解けて、そんなに点数も落としてなかったのが凄く嬉しかったです。

自分がいちばん頑張ったのは日本史で、教科書に一元化していくうちに書き込みだらけになってびっくりするぐらい分厚くなっていくのが、見せる分には恥ずかしかったけど、達成感が凄くて宝物です!

マナビズムに入るまでこんなに勉強したことなかったし、勉強自体が好きじゃなかったけど大変やった分どんどん成績も伸びました。

成績が伸びるにつれて、勉強が楽しいって思えるようにもなったし、入試本番の自信にも繋がり本番も落ち着いて問題が解けました。

高3の春のタイミングでマナビズム塾を変えてからいっぱい成長できました。感謝でいっぱいです!本当にありがとうございました!

関関同立専門塾マナビズム 上本町校舎 無料受験相談

    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    お問合せ内容必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    12345678910
    12345678910
    12345678910
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認の上、
    同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中