関西大学人間健康学部合格!箕面自由学園高校「受験生活で感じた大きな一つのこと」

PASSED

プロフィール

名前:佐藤大悟
校舎:豊中校舎
出身高校:箕面自由学園高校
部活:帰宅部
合格大学:関西大学 人間健康学部、京都産業大学 文化学部

合格者の声

マナビズムで受験生活を送った上での感想について佐藤 大悟さんに聞きました。

周りが受験勉強を始めて

僕がマナビズムに入塾したのは2年生の2月です。
入塾するまでは遊び呆けており大学の事も何一つ考えていない状態でした。

しかし、三学期になると周りの友達がそろそろ勉強していかないとダメだという雰囲気が出てきて
遊びに誘っても勉強があるからと断られるようになりました。
そこで、僕も焦りだし勉強を始めなければ!という気持ちになりました。

しかし、勉強を始める気にはなったものの今までほとんど勉強してこなかったので何から始めればいいか分からない状態でした。そのとき出会ったのがマナビズムでした。

コンサルでやるべき事が明確化されており、その悩みは一気になくなり、勉強に集中することができました。
シス単のやりすぎで指から血が出たのはいい思い出です。(笑)

立ちふさがった過去問の壁

マナビズムに入ってからはぐんぐんと成績は伸びていき勉強が楽しくなりました。

しかし、過去問を初めて解いた時、手も足も出ませんでした。
惨敗でした。
ここまで一生懸命やってきたのに…とすごく落ち込みました。

しかし、コンサルでその話をすると、「点数を取れなかったのはしょうがない、やけど、ここで諦めるのは勿体ない。
まず、どうして点数がとれなかったのか分析をして、その分析した所をまた詰め直すしか合格する方法はないぞ!
落ち込んでる暇なんかない!」と励ましてもらいました。

その後、コンサルの言う通りに分析してまた積め直すというのを繰り返し繰り返しやりました。

すると、惨敗した過去問が合格点にのるようになってきました。
そこからまたどんどんと成績があがりました。

いよいよ本番

そして、受験当日自信にみちあふれた状態で試験に臨みました。
しかし、いざ、始まると緊張で全く解けなくなり、大スランプに陥りました。
ここまでやってきたのに…とまた落ち込みました。

その時もコンサルは「過去問を解きはじめた時期を思い出せよ!あの時、惨敗やったのに、合格点のるようになったやん!その時のやり方でもう一度分析してみろ!絶対に改善出来るところがある。
そしたら、また詰め直すだけや!だから、自信もって試験受けてこい!」と言ってくれました。

そこでまた改善する事が出来て無事合格する事ができました。
マナビズムに入って勉強面はもちろん人としてすごく成長できたと思います。

最後に

僕が受験生活で学んだことは、秤はあくまでも、自分の中にあるということです。
勉強してたらあんまり伸びない時もあります。
そんな時はついつい他の人と比べて落ち込んだりして諦めたくなるときもあります。

でも、その時に他人と比べるのではなく
自分の今できることを見つめなおす。
そして、修正する。

そしたら、いつのまにか比べ物にならないくらい成長していました。

この事がとても大事なんだと思いました。
マナビズムで本当によかったです。
マナビズムでしかこの経験はできなかったと思います。

RELATED関連する記事

難関私大専門塾マナビズム豊中校舎TOYONAKA SCHOOL

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
123
123
123
itof@mates-edu.co.jp

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中