【知らなきゃ損】初学者が効率良く偏差値を上げる英文法参考書はどれか徹底比較〈受験トーーク〉

更新日: (公開日: BLOG

 

 

こんにちは!
JR草津駅から徒歩1分!マナビズム草津校舎です!

 

 

 

今回は、〈初学者向け〉効率よく偏差値を上げる英文法参考書はどれか徹底比較について紹介します!

「英文法の参考書をどれを選んだらいいのか分からない!」そんな方々に参考にしていただきたいです!

 

現在マナビズムでは無料体験授業無料受験相談を行っています!

 

無料体験授業、無料受験相談では日々の勉強プランや受験に対するお悩みなどを相談してみませんか?
プロの講師たちがお悩み解決はもちろん、あなたに合った効率の良い勉強プランを提案します!

ぜひお気軽にご相談ください!

 

 

それでは本編です!

 

はじめに

比較する参考書は、
『関正生の英文法ポラリス』
『大岩のいちばんはじめの英文法』
『肘井学のゼロから英文法が面白いほどわかる本』
の3つです。

 

 

 

3つの参考書の目的

今回紹介する3つの参考書は使い方が少し異なり、主に2種類に分けられます。

大岩のいちばんはじめの英文法』
『肘井学のゼロから英文法が面白いほどわかる本』
は理解暗記がベースで作られたインプット系の参考書です。

対して、『関正生の英文法ポラリス』はアウトプット要素が強い参考書になります。

 

 

3つの参考書の使い方

3つの参考書の使い方として、『大岩のいちばんはじめの英文法』『肘井学のゼロから英文法が面白いほどわかる本』を取り組んでから、『関正生の英文法ポラリス』に取り組んだらいいのではないかと考えられた方いるのではないのでしょうか?


しかし、これらの参考書は順番に使うのはあまりおすすめできません。

 

『大岩のいちばんはじめの英文法』『肘井学のゼロから英文法が面白いほどわかる本』は中学英語の基礎をメインに、『関正生の英文法ポラリス』は高校英語の基礎をメインにしているため、レベル感が違いすぎるからです。


そのため、『関正生の英文法ポラリス』に取り組んでみて、苦戦したらレベルを落として、『大岩のいちばんはじめの英文法』『肘井学のゼロから英文法が面白いほどわかる本』に取り組む、もしくは、補填として取り組んでみてください。

『大岩のいちばんはじめの英文法』『肘井学のゼロから英文法が面白いほどわかる本』のインプット系をメインに取り組む場合、アウトプット教材としては、『はじめの英文法ドリル』がおすすめです。中学基礎レベルの演習なので、インプット教材と併せて使ってみてください!

 

 

『レベル別英文法問題solution1』

『関正生の英文法ポラリス』レベルのインプット系としておすすめの教材は、『レベル別英文法問題solution1』です。抽象的な解説の程度がポラリスより詳しく、問題量はポラリスよりは少ないのですが、各章の後ろに口頭チェックがあります。


1,講義で理解

2,口頭チェックで暗記

3,チェック問題でテスト

 

という流れで学習することができ、より理解が深まるという点で非常におすすめの参考書です。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

参考書の使い方は人それぞれで使い方に間違いなどはありません。

しかし、個人に合った使い方をしなければ、いくら良い参考書を使おうと身につきません。

そのため、自分に今必要な参考書はどういった特徴があるものなのかということを常に考えて、参考書を選びましょう。

 

とはいえ、「自分に今、必要な参考書を選ぶのは難しい…」「どんな勉強法が最適か分からない」

と悩む方に朗報です!

現在マナビズムでは無料受験相談を行っています!

あなたに合った参考書だけでなく、勉強法や合格までの最適なプランを提案します!

ぜひこの機会にお気軽にご相談ください!

 

 

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談・資料請求

    お問合せ内容必須
    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    12345678910
    12345678910
    12345678910
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認の上、
    同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中