同志社大学法学部合格!北千里高校「合格者が語るマナビズムの良さ2選とは!?」

PASSED

プロフィール

名前:森澤昂平
出身高校:北千里高校
部活:軽音楽部
合格大学:同志社大学 経済、政策、法、社会
立命館大学 経営、産業社会
龍谷大学 経営、法、社会
進学先:同志社大学 法学部

合格者の声

マナビズムで受験生活を送った上での感想について森澤君に聞きました。

マナビズムの環境に感化されて

僕が大学受験で合格できたのはマナビズムに入塾したおかげだと思っています。というのも僕は3年生になるまではあまり勉強もせず部活と遊びとバイトばかりしていました。3年生の5月になって予備校に入りましたが、環境が自分に合わずそこでもあまり勉強に打ち込めませんでした。そんな時クラスのマナビズムの生徒がみんな必死に勉強してるのを見て、自分も負けたくないと思い入塾を決めました。マナビズムは勉強に集中するための環境がとても整っていて、入塾してからはそれまででは考えられないくらい勉強している時間が増えました。

マナビズムの生徒の意識の高さ

マナビズムに入ってよかったと思う点は2つあります。
まず1つ目に周りの生徒の受験に対する意識がとても高いという点です。一緒に勉強する生徒の意識が高いことは自分も負けないくらい勉強しないといけないという良い意味での焦りに繋がりました。そのような環境に身をおいて勉強できたことが僕が合格できた一つの大きな要因だと思います。

受験勉強をサポートしてくれてたコンサルタント

2つ目はコンサルのシステムです。受験勉強を始めてすぐの頃は何から手をつけていいかわからず、なかなか勉強に打ち込めないことがありましたが、マナビズムでは志望校合格のためにすべきことを計画し、買うべき参考書も指定してくれたため迷うことなく勉強に集中できました。また入試が近づくにつれてがむしゃらに勉強するだけでなく、自分の苦手を見つけてそれを克服することが必要になってきます。そんな時もコンサルタントが相談に乗ってくれ、その苦手を克服するためにすべきことを一緒に考えてくれました。このように質問したり相談できる人が常に近くにいたことが合格に繋がったもう一つの大きな要因だと思います。

このようにマナビズムに入塾してからは自分がすべきことが明確になり、わからないことはすぐに相談できたため毎日の勉強にあまり苦痛を感じず継続することができました。

受験勉強において最も大切なこと

最後に、僕が受験勉強において最も大切だと思ったことは勉強量を増やし勉強の質を高めるということです。どれだけ勉強しても最後には時間が足りなくなるし、あの時もっと勉強しておけば良かったと思うこともあるかもしれません。そうならないためにもまずは自分が勉強しやすい環境を見つけ、勉強する時間を増やすことが大切だと思います。しかし受験勉強をしていくと自分が得意な範囲と苦手な範囲が出てきます。これから受験勉強をしていくみなさんは過去問などでなかなか点が出なかったとしてもなぜ間違えたのかを考え、解決する方法を探しながら勉強していくことが大事だと思います。

森澤昂平くんの合格対談はコチラ!

RELATED関連する記事

関連キーワード

難関私大専門塾マナビズム北千里校舎KITASENRI SCHOOL

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
12345
12345
12345
itof@mates-edu.co.jp,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comitof@mates-system.com,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comk.bababata@gmail.com

プライバシーポリシー

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中