【受験生必見】効率的な暗記方法!

BLOG

今年は、コロナの影響で部活が活動できない学校が多いです。つまり、勉強する時間を今までの受験生よりおおい受験生が確保できていると思います。そして、春休みのこの時期には多くの受験生が選択科目に取り掛かる中、単語を覚えれない、覚えたはずなのに問題が解けないなど、苦難に遭遇する人が大半だと思います。そこで、一般的な単語の勉強方法に加えて私流の勉強法も紹介します。

まずは、一般的によく言われている単語の覚え方のコツは3つあります。

まず1つ目は、見ながら音読をすること、2つ目は、書きながら覚えること、この2つに関連することは、見ることに加えて、口耳手など五感を刺激することで、脳を活性化して覚えることを促す作用があることです。3つ目が復讐することがよくあげられます。前日にやった内容をもう一度見直すことで、脳に定着させるためです。しかし、私にはこの三つに加えて大切なことがさらに三つあります。

1つ目は、ただ単に単語を覚えるのではなく理解してから覚えるようにすること。特に日本史を一問一答で覚えている人は短いぶんだけで説明された単語を覚えているので覚えたつもり分かったつもりになってどんどん進んでしまいがちです。だから実際問題にとりかかったときに違う角度から聞かれると全く分からず日本史が向いていないと勘違いしてしまいます。この調べる作業を早い段階ですればするほど効率もあがります。

2つ目は、先ほど挙げた声に出す、書くことに並行してやってほしいことで、人物なら資料集などにのっている人はその写真としたことを、覚えづらい年号年号なら自分で考えたゴロを思い出しながらすることです。ポイントは、自分で考えることです。何故なら、自分で考えると1つの内容に集中するので時間がかかる分その過程と関連付けて覚えられ、資料問題や並び替えに対応できるようになります。

3つ目は、物事を覚えるにあたり短い期間で6~8回見るために、単語帳を短い期間でまわす必要もあるので書いて覚えることと音読だけで覚えることを交互にすることです。自分が一番覚えやすいそして覚えたことが抜けずらい勉強を意識して受験勉強を乗り切りましょう!

RELATED関連する記事

難関私大専門塾マナビズム北千里校舎KITASENRI SCHOOL

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
1234
1234
1234
itof@mates-edu.co.jp,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comitof@mates-system.com,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.com

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中