亜細亜大学で一番受かりやすい穴場学部は!?【学部別入試難易度ランキング】

更新日: (公開日: FACULTY

行きたい大学の中でどの学部や学科が一番受かりやすい!?穴場学部はどこか!?
同じ大学の中でも難易度には差があり、また同じ学部の中でも学科によって合格難易度に差がついたりします。

このシリーズでは大学ごとの過去3年間の合格最低点、倍率を基に合格難易度ランキングを紹介します。具体的には過去3年間の合格最低点の得点率の平均値を基にランキングを算出します。

志望校を決める際や、出願の際に是非参考にしてみてください!このページでは、「亜細亜大学」の学部難易度ランキングを紹介していきます!さっそくいきましょう。

【亜細亜大学】穴場学部

順位 学部・学科 合格最低点 倍率
20 19 18 得点率平均 20 19 18
1位 国際関係学部 多文化コミュニケーション学科 161 145 76.5 3.9 5.5 4.5
2位 経済学部 経済学科 154 146 75 5.6 7.1 5.6
3位 国際関係学部 国際関係学科 157 141 74.5 4.0 5.4 4.4
4位 経営学部 経営学科 150 139 72.3 5.9 5.4 5.1
5位 法学部 法律学科 150 133 70.8 3.1 4.9 3.5
6位 経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科 221 199 70 4.8 4.7 5.4
7位 都市創造学部 都市創造学科 144 116 65 2.6 7.1 2.2

※合格最低点は全学部日程、倍率は前期全学部・個別合計
※経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科は300点満点、それ以外は200点満点です。
※経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科は一般入試(学科別)1教科型がありますが、上記の表には含めていません。

亜細亜大学で難易度が一番高いのは「国際関係学部 多文化コミュニケ―ション学科」でした。逆に一番合格難易度が低い穴場学部は「都市創造学部」でした。

国際関係学部では、1年次後期に留学が原則必須です。アジア地域を中心に世界各地域の言語が学べるので、興味がある人は詳しく調べてみてください。

2020年度は「都市創造学部 都市創造学科」が一番低い倍率となりました。

理由としては、2018年度でどの学部よりも倍率が低くなり穴場学部となったことで、2019年度でぐんと倍率が上がりました。そのため2020年度では倍率が一気に下がり、穴場学部となりました。この結果から今年度は倍率が高くなり穴場学部ではなくなると予想できます。

2019年度から2020年度にかけて倍率が上がったのは経営学部だけです。なので今年度は倍率が低くなることが予想できます。ただ経営学部には経営学科とホスピタリティ・マネジメント学科という二つの学科があります。

上の表にある通り経営学科の方が倍率も高く、人気も高いです。なので学科に対してあまりこだわりがない場合はホスピタリティ・マネジメント学科の方が入試難易度は低いので今年度は穴場学部となりえるでしょう。ただ、21年入試で変わらない保証はないので出願の際には十分に精査しましょう!

まとめ

この様に、亜細亜大学の穴場学部は「都市創造学部 都市創造学科」となっています。過去の得点率平均も65%~70%台と他の学部に比べて低いのが特徴です。亜細亜大学を志望する受験生は是非参考にして下さい。

2019年度で一気に倍率があがったことで2020年度の倍率は落ち着きました。今年度は倍率が高くなり、どの学部も入試難易度が高くなると予想できるので亜細亜大学を志願している受験生はしっかりと対策していきましょう。以上、亜細亜大学の学部難易度ランキングでした!

難関私大専門塾マナビズム 無料受験相談

    お名前必須
    学年必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    希望校舎必須
    お問合せ内容必須
    ご住所必須
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・建物名

    1234567891011
    1234567891011
    1234567891011
    school@shojihiromu.comsunada@nse-r.com

    プライバシーポリシーをご確認の上、
    同意してお問い合わせください

    無料受験相談申込受付中