2018マナビズム合格対談~同志社大学グローバル地域文化学部合格者~

PASSED

今回はマナビズム在宅コースから第一志望に合格を果たした浪人生の吉田 基君です。
基君は今年受験した学部は全て合格の上、関西大学は3学部で特待生合格を収めました。
第一志望だった同志社大学グローバル地域文化学部に進学を決めた基君に、浪人生ならではのエピソードを聞きました。

(インタビュアー:マナビズム代表 八澤龍之介)

浪人する後輩に伝えたいこと

八澤:浪人するかもしれない後輩に熱い思いを伝えたいとのことなので、まずはその話を聞かせて下さい。

基君:浪人って結構「大概は第一志望に受からない」って言われてて。でも僕はしっかり自分がやらないといけないことを最初から最後までやり続けて合格できたので、これから浪人する子も、不安はめっちゃあると思うけど途中でやめたりせず、最後まで頑張ってほしいなって思います。

八澤:なるほど。一番大事なのは何?浪人生が成功するために一番大事だって基が思うのは「最後まであきらめないこと」。でも「特にこうすることが浪人生は一番大事」ってことまではっきり言ってあげてほしい。

基君:現役時代に落ちた時、絶望的になるんで、その絶望感を一年間持ち続けることが途中でやめないことに繋がると思うんで、大事だと思います。

八澤:「あの絶望のひと時を最後まで持ち続ける。そのブラックエンジンで前に進み続けろ」と。確かにそれを持っていたら途中で折れたりとかできないよな。確かに。浪人する子はこの話絶対忘れないで下さい。

在宅特有の辛いエピソード

八澤:マナビズムの通塾コースの子はたまに会ったりするけど、在宅コースの子はなかなか会えないから、僕らが見えてない辛いエピソードとか、それをどういう風に乗り越えたかを聞かせてほしいな。

基君:浪人してるときって、身分ないじゃないですか。

八澤:まあその感覚はわかる(笑)

基君:俺の地元が結構あんまり浪人してる子とかもほとんど聞かないような町なんで、「浪人しないで働けよ」って冗談交じりで言われたりしたんですけど、そういうのを気にしないようにして、最終的に「勉強して良かったぞ」って見せられるようにやってました。

八澤:なるほど。素晴らしいですね。自分の中で「あの時その選択を取ってよかった」と思える結果を、大学生になってからも社会人になってからも出し続ける、それを心掛けてこれからも生きていってほしいと思います。

浪人という絶望から立ち上がり、多くの合格を勝ち取った基君との対談風景は、動画をご視聴下さい!

CONTACT US

お問い合わせ

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
お問い合わせ内容
必須
希望校舎
必須

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888