2018マナビズム合格対談~同志社大学グローバル地域文化学部合格者その2~

PASSED

今回の合格対談では、同志社のAO入試に落ちてしまったものの、そこから努力と粘りを見せて一般入試では受けた同志社は全学部合格を果たした大阪女学院高校の華山友希さんです!
友希さんは関西最高峰文系学部として知られる同志社大学グローバル地域文化学部に合格した他、同志社では法学部・政策学部・経済学部に合格。他大学でも同志社女子大学2学部、関西大学2学部に合格を果たしました。そんなスーパーJKに、成功する受験生の秘訣を聞きました!

(インタビュアー:マナビズム代表 八澤龍之介)

成功する受験生と失敗する受験生の違い

八澤:じゃあまず友希に聞いていきたいのは「受かる受験生」「落ちる受験生」。友希はもう同志社無双を果たした訳やんか。同志社受けた学部全部合格でしょ?それはなかなか珍しいと思うねんけど、成功する受験生と失敗する受験生の違いとか、どうやったら成功するみたいなことを教えて下さい。

友希さん:私は、受かるまで「自分が受かる」っていう自信が全然なくて、ここまでやってきたっていう自信はあったけど、どれだけ良い点数を過去問とかで取ったり、周りの人とかに「受かるよ!」って言われても、もっと頑張らな受からへんと思って、自分をどんどん追い込んで、自分に厳しく最後まで勉強したから受かることができたかなって。

八澤:なるほど。それってネガティブな感情っていうより、自分であえて、「いや、そんなことないそんなことない」ってわざと追い込んでたってこと?

友希さん:はい。

八澤:俺らからしたら「そんなビビらんでええよ」って感じやったけど、それは自分を追い込んでたんやなぁ。

メンタルの保ち方を教えて

八澤:友希さあ、AOってあかんかったやんか。まあ最初二年生の夏から入って、一年半うちで勉強してくれて、一般で合格を掴み取ってくれたけど、ワンチャンAOあるんちゃうかって思って受けてたわけやんか。それであかんかったときのメンタルの保ち方というか、「まあしゃーなかったな」であの時はいけた?

友希さん:「しゃーないな」って思ったけど、はじめ不合格ってわかったときは、もうその時点で12月中旬とかやったから。それまで他の受験生は必死こいて勉強してたけど、自分にはちょっと余裕があってあんまり勉強とか死ぬ気でやってなくて、「待ってこれやばい…落ちるわ」みたいな。で家でもうずっと落ちる落ちると思ってめっちゃ泣いて。でもその次の日から、ほんなら同志社行ったるわみたいな。「グロ地いったる絶対」と思って、そこで切り替えることができました。

八澤:一日はちょっと凹んだけど(笑)次の日からはもうプラスの効果があったというわけやな!

AO入試不合格をバネに一般入試で見事難関学部合格を果たした友希さんの合格対談を是非ご覧ください!

RELATED

関連する記事

CONTACT US

お問い合わせ

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
学年
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
希望校舎
必須
お問合せ内容
必須
ご住所
必須
郵便番号
都道府県
市区町村
それ以降

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888