合格体験記【上本町校・塾生の声】受験は団体戦

PASSED

プロフィール

名前: 宮本世奈

校舎名: マナビズム 上本町校

出身高校 : 大阪女学院高校

部活 : 吹奏楽部

合格大学: 同志社大学 法学部 / 経済学部 

      同志社女子大学 表象文化学部 / 学芸学部 

      関西大学 経済学部 / 政策創造学部

進学先 : 同志社大学 法学部

合格者の声

私の受験生活はとても充実していて、勉強はもちろんですが、それ以外のことも学ぶことが出来て、私の人生において重要な意味を果たしてくれるような、そんな受験生活でした。

は高2の夏にマナビズムに入塾しましたが、本格的に受験勉強を始めたのは高2の2月くらいからでした。

その時の私は、「受験勉強というものはとても辛くて過酷なもの」というイメージしかありませんでした。

ですが、私は受験勉強をした1年間、辛いことがなかったといえば嘘になりますが、その辛さもうまくバネにかえ、勉強をすることが楽しいと思え、目標に向かって努力し、それを達成することが快感に思えるようになりました。

このような受験生活を送ることが出来たのも、マナビズムだったからです。

わたしは勉強が好きではありませんでした。そして努力することを惜しんでしまうような、そんな人間でした。

受験勉強を始めるまでは、学校の定期テストの勉強もろくにせず、嫌いな科目は欠点すらとっていました。高2で塾に入ったのも、友達に誘われて、なんとなく入っておいた方がいいような気がしたからでした。

それでも、こんな私が勉強に貪欲になれたのは、いつも競い合えるような環境を与えてもらったからだと思います。

周囲の環境

マナビズムでは、塾内テストや英語王などのテストがあり、さらに順位も公開されます。

特に上本町校舎は、テストの順位で座席を奪い合うイベントがあり、常に自分がどの位置にいるのかを把握し、自分の学力を数字として受け入れることで自分を追い込み、次の目標に向かってさらに努力することができたのだと思います。

また生徒同士の距離が近く、皆で先生の誕生日を祝ったり、やる時はやる、楽しむときは楽しむ、というように切り替えもしっかりとしていて、私も皆が勉強に真剣に取り組む姿に鼓舞され、切磋琢磨しながら頑張ってくることが出来ました。

受験は団体戦

「受験は団体戦」とい言葉をよく聞きますが、この言葉の意味がよくわかるほど、私は周りの人に支えられながら受験生活を無事に終えることが出来ました。

いつもよりいい道を私に示し、悩んでいる時には的確なアドバイスを私に与え、落ち込んでいる時には私を励ましてくれたコンサルや先生たち、わたしが受験勉強に集中できるような環境を与えてくれた両親、そして一緒に目標に向かって頑張ってきた友達、ほんとうに沢山の人の支えのもとに、わたしは成り立っているんだということを実感させられました。

ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。これから先、困難なことにたくさん直面すると思います。

ですが、1つの目標に向かって1年間努力し続けることができたという事実は、きっとわたしの自信に繋がると信じています。

いつまでたっても成長すること、前進することを忘れないような、常に高みを目指していける人間になれるよう、これからも精進していこうと思います。ありがとうございました。

RELATED

関連する記事

CONTACT US

お問い合わせ

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
学年
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
希望校舎
必須
お問合せ内容
必須
ご住所
必須
郵便番号
都道府県
市区町村
それ以降

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888