合格体験記【豊中校・塾生の声】自分より当たり前のレベルが高い群れに入ることで成長できる!

PASSED

プロフィール

名前 : 鎌谷佳輝くん

校舎名 : マナビズム 豊中校

出身高校 : 刀根山高校

部活 : サッカー部

合格大学・学部 : 関西大学・社会安全学部

大阪工業大学・知的財産学部

進学先 : 関西大学・社会安全学部

合格者の声

マナビズムでの受験生活はつらいこともたくさんありましたが、約1年間頑張ってきて本当に良かったですし、勉強以外に学ぶことがたくさんありました。

周りの環境に影響を受け、当たり前レベルが向上!

僕は高校2年生の冬に入塾しました。学校での成績が学年最下位に近かった僕はまともに勉強したことがなかったのでコンサルの人に勉強方法など教えてもらい部活と両立しながら必死に勉強をしました。

それでも塾内テストや英語王での順位は下の方で、周りの友達がどんどん成績をあげていく姿を見てとても焦り、部活の移動時間や学校の休憩時間も勉強をするようになりました。

今思えば志望校に受かるために死に物狂いで勉強している人たちと同じ空間で一緒に勉強していなかったら今の自分はなかったでしょう。

そんな仲間たちとともにマナビズムで勉強していくうちに、暇さえあれば勉強をするというのが当たり前になっていました。

受験期直前の最後の決断

しかし勉強量とは裏腹に12月の過去問演習で今までなにをしていたのかわからない程の低い点数しかでなくて、2月までに関関同立の合格最低点に達するかどうか分からない状態でした。それでも自分は関関同立に行きたいという思いを捨てきれませんでした。

どうすればいいのか分からずに思い悩んでいた時、豊中校舎長である今井先生から英数の二教科受験でいこうと迷うことなく決めてもらいました。

努力は報われる

背中を押してもらえた僕は、不安なく二教科受験で絶対に受かってやろうという気持ちになり、それから残り一ヶ月英語と数学だけをひたすら勉強しました。

すると残り1週間でギリギリ合格最低点に届く点数が出ました。その時は本当に嬉しかったことを覚えています。

そして本番、関学は残念ながら合格することはできませんでしたが、関大の英語で今まで過去問で取ったことのない8割をとって合格することができました。

この1年ずっと積み重ねてきたことが最後に最高の結果として現れたことに、人生で一番胸が熱くなったのを今でも鮮明に記憶しています。

 

僕はマナビズムという大学合格を掴むために死に物狂いで勉強している人たちの群れに入り当たり前のレベルを上げて成長することができました。これからの人生、マナビズムで学んだ「自分より当たり前のレベルが高い群れに入ることで成長できる」ということを常に意識してどんどん自分を成長させたいです。

 

 

RELATED関連する記事

関連キーワード

無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
12
12
12

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中