合格対談【茨木校・塾生の声】「自分ならできる」と信じる気持ちで青学合格

PASSED

プロフィール

名前:松村ひかるさん

校舎:マナビズム 茨木校

出身高校:箕面高校

合格大学:青山学院大学 国際政治経済学部
青山学院大学 教育学部 心理学科
関西大学 政策創造学部 (特待)
関西大学 商学部
龍谷大学 経営学部

進学先:青山学院大学 国際政治経済学部

マナビズムを通うことになったきっかけ

井上:関関同立に行く子が多い中で通塾から青山学院大学に進む事になったんですけど一年間色々勉強してたと思うんで色々話を聞いて行こうかなって思うんですけども、まず最初に色んな塾がある中でマナビズムを選んだきっかけっていうのはなんかある?

松村:めっちゃ勉強やらされるっていう噂がすごかったし、最初は正直嫌だったんですけど、お姉ちゃんの友達が秋に入って立命館合格したって聞いて「もうそこ以外ないな」と思って入りました。

井上厳しくするのはすごくいわれることではあるけど夏明けぐらいにめちゃくちゃギアーかかって勉強してたイメージがあるねんけど、自分なりに切り替えというかどういうモチベーションで勉強やってた?

松村: 恥ずかしいんですけど、自分がずっと入塾した時から「自分は一位になる人間や」と思って勉強してきました。塾内テストも入った時はめちゃめちゃ低かったけど、自分の中のライバルは一位の人で夏休みに逆転させていただきました。

井上:褒めて伸びるというかずっと後ろから押していった方が伸びるタイプやなって思ってたから、ずっと途中からエースエース言ってたけどそれの方が良かった?

松村はい。

井上良かったか、流石エースやね。

自分なりの勉強の工夫

井上:エースだからこそ皆に手本になるくらいすごい集中して勉強してる時やってたかなって思うねんけど、自分なりに勉強の工夫みたいなのはある?

松村二つあるんですけど、一つは自分の一日の計画とかを可視化するっていうことなんですけど、私は一時間単位で計画立てれるスケジュール帳持っててそれに毎日例えば夏休みやったら九時から三時間日本史して単語見ながら昼ご飯食べてその残りの三十分古典単語やって、午後の一時間ぐらいで関大のパラ整やってとかをルーティンで固定してずっと計画立ててやってたんですけどそれやったらまだ自分の出来てないところとか出来たところが見れて、すごい中身のある自習が出来るかなって思ったんです。

井上なるほどね。詰めることによって後は効率性とか求めたりしてたんやね。

松村そうですね。なんか時間よりも効率の良さが受験を通してほんまに勝負やなって思いました。もう一つはこれはもう精神論なんですけど、自分なんかって思わないってことなんですね。

最初自分入った時、偏差値も35とかで学年順位も370位で、それでも最初から同志社とか目指してたんですけど、自分なんか目指したらあかんって思ったらほんまに無理だと思うんです。

井上:だから中には馬鹿にされる子もおるかもしーへんけども。

松村:ばかにされました。

井上されたけど、なにくそと思ってやってたということね。

成績が伸びたきっかけ

井上:ひかるは概ね他の科目よう出来てたと思うねんけど、英語途中で一気にドーンて伸びてたイメージやねんけど、きっかけとかあった?

松村最初塾入る前まではSVOCが大事って全然知らんくて、定期テストとかでも出ないから。でも、塾入ってからめっちゃやるようになってめっちゃ大事やなって気付いたんです。

夏ぐらいからは音読が大事っていうのを聞いて頭の中でSVOC振りながら一文一文読んでくっていうのをやったらほんまにスラッシュもふらずに読めるようになりました。

井上なるほどね。力ついてめっちゃ覚えてんのが、どの校舎も同じテキストやってる中で、早稲田の並び替え問題やって、唯一1人だけ正解があったんよ。それぐらい最後一気に突き詰めてたんで、途中からこれ狙えるなって思ってた。

東京遠征でのプレッシャー

井上山場はやっぱり青学での受験、これ見てる中でも地方から東京に行って入試受ける子とかおると思うんやけど、その時のプレッシャーというか、その当日の事色々教えて貰っていい?

松村最初の個別学部の日程の日、全学部の発表で結果を見ちゃったんですよ。全学部って厳しいじゃないですか。落ちてて、落ちてるもんやと思って見たんですけど、やっぱりショックでなんか動揺しちゃったんです。

それで自信があった国語で結構こけちゃって、古典とか時間が無くて何書いたか覚えてないぐらいで、ほんまにショックで休憩時間もトイレ行って泣いたりして、全部落ちたと思って、次の経営もほんまに解かれへんくてその日も泣いたんです。

最後の日程の国際経済学部も2連チャンでやらかしたからほんまに落ちたと思って逆に一番構えずに行ったんですよ。受験最後の日だから楽しもうと思って、記念受験みたいな気持ちで、そしたらその日が一番3教科全部いけました。

井上途中で気持ち関大になったんで帰ります。みたいなん言ったから、「あかんぞ最後までやりきれ」って言って、やばいやばい言ってたけど蓋開けてみたら、受かってたんかいっていう感覚やったから手ごたえっていうのが他の子もあてにならないっちゃあれやけどまぁ色々ハプニングがあっての合格やったかなって思うね。

挑戦したいこと

井上大学生活でやってみたいこととか将来これやりたいみたいなのはある?

松村:役に立つ資格取りたいです。

井上:合理性ばっか求めるやん!

松村サークルもバイトも勉強も全部両立したいなって思ってます。

井上なるほどね。

松村高校でそれが出来なかったんで部活もやってないし勉強もしてなかったしずっと遊んでたんで全部両立してめっちゃ充実させたいなって思ってます。

井上じゃあ大学素敵な生活を送って下さい。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

CONTACT US

お問い合わせ

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
お問い合わせ内容
必須
希望校舎
必須

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888