本当の勝ちって?

BLOG

こんにちは!マナビズム茨木校受験コンサルタントの田村です!

 

先日、関関同立の合格発表が終わりましたね。

受験では合格する人と残念ながら落ちてしまう人で二極化します。

一般的には合格した人が勝ちで、落ちてしまった人は負けだという風潮があります。

確かに大学受験をやっている以上、合格した方が良いに決まってます。

 

しかし本当に合否だけで勝ち負けは決まるのでしょうか?

 

おそらく僕も含めてマナビズムのスタッフ全員が合否だけでは決まらないと思っています。

 

[su_heading]では本当の勝ちってなんでしょうか?[/su_heading]

 

甲子園常連校の明徳義塾高校の監督である馬淵史郎氏の言葉をお借りします。

 

監督としての勝利は甲子園に出る、甲子園で優勝するというものです。ただもっと大きい勝利は教え子が壁にぶつかった時に「あの夏あれだけの練習を耐えることができたのだから、この壁も乗り越えれるはずだ。」と思ってもらえることです。

 

大学受験が終わった後も人生は続いていきます。その中で辛いことやどうしようもなく高い壁にぶつかることもあると思います。いやあります(笑)

そんなときに思い出してください。必死に目標に向かって努力した日々を。何度も諦めそうになりながらも立ち上がった日々を。

 

そうして壁を乗り越えた時が本当の意味での勝利なんです。

RELATED関連する記事

難関私大専門塾マナビズム茨木校舎IBARAKI SCHOOL

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
1234
1234
1234
itof@mates-edu.co.jp,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comitof@mates-system.com,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.com

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中