【Stock3000・4500】特徴・使い方・対象レベル

ENGLISH

この記事では「英単語Stock3000・4500」の特徴と正しい使い方について解説していきます。

英単語Stockは

  • 「過去の入試データだけでなく英検・TOEIC・TEAPなどの資格試験などからも単語を厳選」
  • 「単語を覚えるための記憶ブースター」
  • 「発音がカタカナ表記」
  • 「一語一義」

といった英語長文を読むための英単語力を身につけることが出来る参考書となっています。

英単語Stock3000・4500の概要

英単語Stock3000 英単語Stock4500
分類 英単語集
収録語数 1528語 2155語
目標習熟期間 入試初期~入試本番
オススメ度 ★★★★☆
対象レベル 高校基礎 センター 私大標準 私大難関 私大最難関
a a

※私大標準レベルとは産近甲龍や日東駒専などを指します。
※私大難関レベルとは関関同立やMARCHなどを指します。
※私大最難関レベルとは早慶上智などを指します。

英単語Stock3000・4500の構成

英単語Stock3000・4500は一般的な英単語帳と違い、特殊な構成となっています。一般的な英単語帳の構成としては常に試験に出る基本単語や重要語、必須語や基本語など、順に単語が難しくなっていく構成であったり、頻出度順の構成であったりしますが英単語Stockは「文法」「読解」「4技能」の順で構成している英単語帳とっています。

Stock3000の構成 Stock4500の構成
【Part1文法×単語】
Section1 動詞と文型、時制
Section2 助動詞・不定詞など
Section3 前置詞・接続詞
Section4 品詞と語法

【Part2 読解×単語Section1 長文の語彙】
Section2 テーマ別①
Section3 テーマ別②
Section4 テーマ別③
Section5 テーマ別④
Section6 多義語

【Part3 4技能×単語Section1 発音・アクセント】
Section2 リスニング
Section3 スピーキング①
Section4 スピーキング②
Section5 ライティング
Section6 英検3級
Section7 英検準2級

【Part1文法×単語】
Section1 動詞と文型
Section2 動詞の時制・語法、感情動詞
Section3 さまざまな品詞
Section4 語法

【Part2 読解×単語】
Section1 内容一致問題で頻出の語彙
Section2 最新テーマ①
Section3 最新テーマ②
Section4 定番テーマ(理系)
Section5 定番テーマ(文系)
Section6 定番テーマ(その他)

【Part3 4技能×単語】
Section1 発音
Section2 会話・スピーキング
Section3 リスニング・英作文
Section4 多義語
Section5 英検準2級
Section6 英検2級

英単語Stock3000の特徴

英単語Stock3000の特徴として、レベルは高校基礎からセンター試験レベルとなっています。
また収録内容として、大学受験に必要な英単語以外にも、英検3級、英検準2級などの英単語も収録されています。一般的な英単語帳で置き換えると「システム英単語BASIC」「ターゲット1400」などのセンター試験レベルに対応できる英単語帳と同じレベルとなっています。

英単語Stock4500の特徴

英単語Stock4500の特徴として、レベルは私大標準から難関私大、国公立二次レベルとなっています。収録内容としては、英単語Stock3000と比較するとより受験に対応できる単語を収録している英単語帳となっています。

最新のテーマから文系、理系問わず定番のテーマ、英検準2級や大学受験において有利とされる英検2級などの英単語も収録されています。英単語Stock4500を一般的な英単語帳で置き換えると「システム英単語」「ターゲット1900」などのレベルに該当します。

英単語Stockの特徴

英単語Stockの特徴としては4点あげることができます。

  1. 最新の入試トレンドに合った英単語の収録
  2. 入試に問われるポイントに合わせた構成
  3. 効率良く覚えるための工夫
  4. シンプルなレイアウト
  5. 無料リスニングアプリ機能

①最新の入試トレンドに合った英単語の収録
過去の大学の入試データだけでなく、英検、TOEIC、TEAPなどの外部試験、また英字新聞、英語雑誌などの英語メディアからも英単語を厳選しています。様々な視点から英単語を選定することで、過去のデータからは選定されて来なかった最新のテーマに合った英単語を覚えることができ「ITや情報社会」「ジェンダー社会」「バイオテクノロジー」などの最新のテーマにも対応できる語彙力を身につけることができます。

②入試に問われるポイントに合わせた構成
一般的な英単語帳の特徴としては入試に問われる単語の頻出度順であったり
必須語、基本語、重要語などの構成となっている英単語帳が多いですが、この英単語帳は頻出度順ではなく
「どの単語が『どう』出題されるのか」に重点を置き『文法×単語』『読解×単語』『4技能×単語』という既存の英単語帳にはあまりなかった構成となっています。

③効率良く覚えるための工夫
英単語を覚えるのはどうしても難しく、声に出して覚えたり、ひたすら紙に英単語を書いて覚えたり、様々な覚え方があります。ですが、ひたすら丸暗記していくのは効率があまり良くありません。英単語Stockでは「記憶ブースター」という語源や単語の解説など単語を自然と覚えれる著者のコメントが記載されています。

例えばassureという英単語を覚えたい時、記憶ブースターではsureは「確実な」という同語源で、assureは「確実にする」となっています。また語法に関しても「assure人of〜」、「assure人thatSV」と語源や文法(語法)についてしっかりコメントがなされています。

④シンプルなレイアウト
英単語Stockは基本的に一語一義のレイアウトなため、初めから複数の意味などを覚える必要がなく、スムーズに英単語を覚えることができる仕組みとなっています。また発音記号もカタカナ読みの発音記号が表示されているので、発音記号がわからなくても発音できる構成となっています。

⑤無料リスニングアプリ機能
英単語StockのリスニングはSigmaPlayerというアプリで行うことができます。
リスニングを使用し、耳で聞き、自分で発音することで、より英単語力が付き、リスニング力も身につけることができます。

英単語Stockのメリット

  • 最新の様々なデータから厳選した英単語の収録
  • 効率的に覚えることができるレイアウト
  • 『文法×単語』『読解×単語』『4技能×単語』の構成

英単語Stockのデメリット

  • 一般的な英単語帳と違い頻出度順の構成ではない
  • 対義語や類義語などの関連語が少ない

英単語Stockの使い方・勉強法

受験生の皆さんはある程度英単語を覚えてきて、学校の休み時間や塾の休み時間などで友達と英単語の出し合いっこした時に「assureは何?」と聞かれて「なんやったかなー?」「なんやっけ?」「ちょっと待ってもう少しで出そう」と言って、2、3秒経った後に答えるという経験はありませんか?その時点で英単語を覚えたといは言えません。

英単語を勉強する上で重要なことは0.1秒で単語の意味が即答できるがどうかが基準です。
ここでは英単語の勉強を「英単語Stock3000・4500」を活用して紹介したいと思います!英単語の勉強法は以下の流れです!

  • 英単語の意味を記憶ブースターを使用して覚える
  • 1ページ分の意味を覚えたら復習
  • 間違えた単語にチェックを入れ、覚え直す
  • 1ページ分の単語を全て覚えたら、次のページに進む
  • 翌日、音声を使用して復習

まず英単語を覚える際は、週250語のペースで1日50語の覚えるようにしましょう!
【一週間の流れ】
月:1〜50
火:1〜100
水:1〜150
木:1〜200
金:1〜250
土:1〜250 (総復習)
日:1〜250 (総復習)
1から〇〇を基準にすることによって、見る回数を増やすことができ、また単語帳を一冊まわし終わった時、最初の方の単語を忘れることなくすことができます。

①英単語の意味を記憶ブースターを使用して覚える
無理に「assureは確実にする」と念じるように覚えるより、語源や単語の説明を読んで楽しく効率的に学んだ方が記憶に残りやすいです!記憶ブースターをフル活用して英単語を覚えてください!

②1ページ分の意味を覚えたら復習
1ページ分を覚えたら、本当に覚えたかどうかの確認テストを行うようにしましょう。ここで意味を思い出すのに時間がかかってしまったら、チェックするようにしましょう。

③間違えた単語にチェックを入れ、覚え直す
確認テストで復習した際に、意味が出るのが遅かった単語や間違えた単語などに印や付箋などを貼るようにしましょう。そして覚え直しを行いましょう。

④1ページ分の単語を全て覚えたら、次のページに進む
①→②→③の順で単語を覚えたら次のページに進んで下さい。そして1日分の単語を覚えたら、通しで全て復習し、そこからさらに間違えた単語だけの復習をして一日の単語の勉強は終了です!

⑤翌日、音声を使用して復習
昨日覚えた単語の復習から勉強をはじめてください。その際、リスニングなどを使用して復習をすることをオススメします!復習して間違えた単語はチェックを入れるようにしましょう。
そして①→②→③→④の順で勉強しましょう。これを繰り返し行い単語帳をまわしましょう!

次に使用すべき参考書

Stock3000・4500を完璧にインプットできたら、次に使用する参考書はありません。ここから英語長文演習や過去問に取り掛かりそこで分からなかった英単語をまとめていくようにしましょう。また、これから志望大学の過去問の過去問を解いていくうちに学部ごとの英文の傾向などもわかってくると思います。

そういう時にテーマごとに改めてしっかりと覚えた方がいい単語なども出てくると思うのでしっかりと単語帳はまわすようにしましょう。そして過去問に特化することによって、傾向や癖を見つけて、過去問を研究することによって点数向上に時間を費やしてください!

英単語Stock3000・4500のまとめ

英単語Stock3000・4500は、関正生先生が作成した英単語帳です。
一語一義、記憶ブースター、最新トレンドの単語など今までの単語帳とは少し違った英単語帳となっています!
英単語Stock3000・4500を完璧にマスターすればほとんどの試験に対応できるのでぜひ使用してみてください!

RELATED関連する記事

難関私大専門塾マナビズム無料受験相談CONTACT US

受験勉強何から始めたら
いいのか分からない?
そんな悩みは無料体験
コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でも
一度気軽に連絡してください!

お名前必須
学年必須
電話番号必須
メールアドレス必須
希望校舎必須
お問合せ内容必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地・建物名
12345
12345
12345
itof@mates-edu.co.jp,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comitof@mates-system.com,atsushi_fujine@mates-system.com,kenji_tsutsumi@mates-system.comk.bababata@gmail.com

プライバシーポリシー

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888
無料受験相談申込受付中 無料受験相談申込受付中