合格体験記【上本町校・塾生の声】馬鹿にされ、否定されても、絶対に諦めない!

PASSED

プロフィール

名前 : 平尾 龍一さん

校舎名 : マナビズム 上本町校

高校名 : 上宮高校

部活 : ソフトボール部

合格大学・学部 : 同志社大学・社会学部

合格者の声

諦めずに自分を信じればいい結果は待っている!

僕が受験勉強をして、最初と最後で変化したことは出会う人が180度変わったことです。

6月に引退して全然勉強をしていない状態で6月末にマナビズムに入塾しました。

そこで出会った方に衝撃を受け、「俺もこんなおもろく仕事したい!こんな人になりたい!」と思いながら、

7.8月の夏休みは勉強しかしませんでした。

その後、9月になって学校が始まると同時に、同志社大学に志望校を変えた瞬間、一緒に時間を共有する人が変わり、

気がついたら周りには同志社志望の子がほとんどでした。

僕は周りから否定され続けられましたが、同志社志望の子と「一緒に入学式行こな!」と約束をし、本当に4月から一緒のキャンパスで授業を受けることになりました。

このことから後輩達に学んでほしいことは、『自分の価値観に合って、高いコミュニティに入り、マナビズムのあたり前の勉強量に早く慣れること』です。

そして、僕と境遇が一緒の子が仮にいたらですが、「否定され続けてきたし、模試でもE判定しかでたことがないけれど、

ほんまにそんなん全然関係ない!諦めんと自分信じてたら最後は良いこと絶対待ってるから!」という事を知っていて欲しいです。

支えてくれている人達に感謝を。

後、もう1つ受験が終わってから気づいたのは、親・親戚・今まで出会ってきた人・受験の時に出会った人、

本当に周りに恵まれていたし、何より僕が受験で合格したのに僕以上に喜んでくれる人がこんなに周りにいた事を改めて認識できました。

僕が受験期に思っていたのは、受験は1人ではできないことです。

実際僕は1人ではできませんでした。

親は僕のために仕事をしてくれて毎日お弁当も作ってくれ、夜遅くまで起きて夜食を作ってくれたりだとか、

本当に1人で合格を掴み取ることは不可能でした。

受験を通して今まで当たり前にしてもらっていた家事、仕事等は当たり前ではないことを痛感しました。

最後に

後輩の皆さんに知って欲しいのは『塾に通えることは当たり前じゃなくて、感謝の気持ちを忘れず、マナビズムで人として成長してほしい』ということです。

僕自身が受験で人生が変わったみたいに、後輩の皆さんにもこの達成感、感動を味わってもらいたいなと思います。

『この1年間、ほんまにマナビズムでよかった!』という1年間を一緒に作り上げていきましょう!

CONTACT US

お問い合わせ

受験勉強何から始めたらいいのか分からない?
そんな悩みは無料体験コンサルで解決しよう!

その他、どんな相談でもいいので、一度気軽に連絡してください!

お名前
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
お問い合わせ内容
必須
希望校舎
必須

プライバシーポリシー

宛に
メールを送信しました!

お問い合わせいただきありがとうございます。
3営業日以内にメールが届かない場合は、再度お問い合わせください。

トップへ戻る

総合受付

受付時間 :【月〜金】15:00〜21:00【土】13:00〜21:00

FAX 06-6767-0888