化学の勉強法

難関私大を攻略する化学の勉強法

【インプット】

化学という科目はどんな科目でしょうか。

おそらく多くの人が持っているイメージは、化学反応式をたくさん覚えないといけないし、計算問題まで出てくるし、非常にしんどい科目だというものでしょう。

確かに、当然理科系の科目ですから暗記は必要ですし、計算も必要となってきます。

しかし、勘違いしてはいけないことが2つあります。

1つは、化学反応式などをすべて暗記しなければいけないということです。

どうしても覚えないといけないことがあるのはどの教科・科目にも共通のことなので仕方ないのですが、化学はすべてを暗記するような科目ではなく、理解すれば覚える必要のないことがたくさんある科目なのです。

特に、出てきた化学反応式をすべて覚えるなんていうことは愚の骨頂です。

なぜなら、化学反応式はある程度必要なパターンを覚えてしまえば、すべての化学反応式がそのパターンのいずれかに当てはまるため、自分で導くことができるようになるからです。

なので、すべてを覚えるという勉強法は今すぐやめて、すべての化学反応を理解しながら覚えてください。

もう1つは、化学の計算は難しくないということです。

基本的に化学に出てくる計算というのは、せいぜい中学で出てくる方程式や比例の考え方が理解できてれば誰でもできるようになります。

化学を受験科目として使おうとしている人はぜひ、難しい科目だと思わずに、誰でもできるようになる科目だと思っておいてください。

 

 

【アウトプット】

当然、勉強の流れとしてはインプットからアウトプットへ向かうことになりますが、化学はインプットとアウトプットどちらが大事な科目なのでしょうか。

答えは、どちらも必要です。

そんな答えありかよと思うかもしれませんが、暗記することが必要な分野と化学反応式を作ることや計算問題を解くことが必要な分野に別れているという化学の性質がそうしているのです。

では、どの分野がインプット重視で、どの分野がアウトプット重視なのでしょうか。

まず、インプットが重要な分野は、無機化学です。各物質の性質などといった分野はどうしても覚えないといけないことが多い分野です。

この分野に関しては、1回アウトプットをして、間違えた分野を再びインプットの参考書を使って知識を入れ直してください。

アウトプットが重要となるのは主に理論化学と有機化学の分野です。

理論化学は計算を使う問題が多く、有機化学はパターンに当てはめて考えるような問題が多いです。

この2つの分野では、アウトプットをして間違えたからといって、インプットをやり続けても無駄に終わります。

覚えたことを自分の手を動かしながらどのように使うのかを理解することが必要なので、なぜ間違ったのかを答えやインプットの本で確認して、もう1回同じ問題を解いてみるというように、何度もアウトプットを繰り返すことが必要になります。

LINEで送る