物理の勉強法

難関私大を攻略する物理の勉強法

【インプット】

物理とはどんな科目でしょうか。

多くの人が持っているイメージは、『公式を覚えてそれを使って問題を解く』というものです。

確かにそうですが、本当に公式を覚えるだけで問題が解けるようになるのでしょうか。

答えは「ノー」です。これは皆さん数学を履修したことがあるのでよくおわかりでしょう。

数学でも公式を覚えてそれを使えばいいのですが、その公式を表面的に覚えているだけで、いったい何に使うのかがわからなければ問題を解くことはできないでしょう。

これは物理にも全く同じことがあてはまります。

公式を文字として丸暗記しているだけではいつまでたっても問題を解くことができるようにはなりません。

では、丸暗記ではない公式の覚え方とはいったいどんなものなのでしょうか。

それは公式の成り立ちを理解することにあります。

物理というのは身近な出来事を題材にした内容が多く含まれているため、具体的なイメージを持ちやすい科目であると言えます。

公式の成り立ちを覚えておけば、問題を解いている途中に公式をド忘れしてしまったときでも、慌てずに対応することができるようになります。

また、公式を理解して覚えるときには、出てきた文字の単位に着目するとよいでしょう。

単位というのは、メートルとか秒といった数値の後ろにつくものです。

これを意識して公式を覚えておけば、わかりにくい問題が出てきたときにも、公式を間違って利用してしまうことが避けられます。

また、一問一答のような問題パターンの覚え方はできるだけ避けましょう。

なぜなら、物理の問題集に載っている問題がそのまま入試に出されるわけではないからです。

試験本番で初めて見た問題を解けるようになるには、いつでもどこでも使える汎用性のある解法を理解しておくことが必要になります。

問題集に出てくる問題パターンを知ることは大事ですが、その問題が出てこないと解けないということを避けるために、できるだけ万能な解法を身につけてしまうことがいいでしょう。

 

 

【アウトプット】

 

物理はとにかくアウトプットの方が大事です。

インプットで公式の成り立ちや意味を理解して覚えたら、どんどんアウトプットしていきましょう。

しかし、やたらたくさんの問題集に手を出せばいいというわけではありません。

むしろ、数は少なくてもいいので、説明の詳しい参考書を何度も何度も解き、公式の使い方や問題の解き方を覚えていくことが重要となります。

とにかく、必要なのは自分の手を動かして、問題を解きながらどの公式をどういうときに使えるかを体で覚えることです。

誰もが自転車に始めは乗れないように、始めから物理の問題をスラスラ解ける人などほとんどいません。

しかし、失敗しながら徐々に方法を修正して自転車に乗れるようになるように、物理でも問題を何度も何度も解くことで公式を理解し問題を解けるようになっていきます。

始めはなかなか問題が解けないかもしれませんが、根気よく続けていくことで解けるようになります。

わからないからといって投げ出すのではなく、答えを熟読してひとつひとつ理解していくという姿勢を持つことが大事です。

 

LINEで送る